瀬渡の蔵

管理人・「瀬渡」のゾイドとたまに日常を綴った記録の保管庫

ゾイドオフ会行ってきました+2016年の振り返り

2016年12月31日 20時21分43秒 | 日記
今日で今年最後の更新になります。



その前に昨日の事。
昨日は某氏主催のオフ会に参加しました。
参加者は8名でしたが、かなり濃密な会になりました。
写真と共に。


かなり話題となっていたMPグレートセイバー。
グレートセイバーはジェノザウラー初登場時の模擬戦にやられ役で出てきたアサルトユニット装備のセイバータイガーです。
コロコロではこの名前ですが、後に発売した公式ファンブック2ではセイバータイガーATとなっています。


ガシガシ動かしていました。
コア部の赤が目立ちますが、目も光っています。
電飾はいずれはやってみたいのですが、めんどくさがり屋なので今のところミライトで満足しています。
が、これも限界があるのでいずれは導入しよう。


MPグレートセイバーの後ろには、別の方のHMMセイバータイガーベース。
セイバータイガーの特徴であるキラーサーベルを短くして剣歯虎からより虎らしい姿になっています。


同じ人の作品でこちらはHMMライガーゼロベース。
今回はブラックライトがないのですが、あれば赤く機体色が変わります。


他にもジェノザウラーや電動化したエレファンタスや1/72スケールのネプチューン。
ジェノザウラーはかなり前にサフすら吹いていない時に見せた以来の作品とのことで幹事の方がようやく完成後を見れると楽しみにしていたそうです。
ネプチューンは以前にガレキ販売していたそうで、かなり小さいですが再現度の高かったです。


幹事の方のアノマロカリス型。
デススティンガー2機なのでかなり大型でした。


ヒレと連動してガトリングが回ります。
コミケ会場の看板ゾイドでしたが急遽出していただけました。
しかし、会場で「どうやってガトリングを回しているのですか」と聞かれたらしく、その回答として「ダークホーンと同じです」と言っても伝わらなかったというのはこちらも驚きでした。


海洋ゾイド同士ということで向かい合わせてみましたが、勝てる気がしねぇー。

といった感じで2次会まで参加しました。
2次会ではこれからのゾイドの展開のトークがメインでした。
話していく内になぜか暗い話になっていったのは何故だ?

といった感じでオフ会の話はここまで。


そして今日の話。
大掃除してました。
それとツイッターのアイコンのための撮影していました。
モデルはこれ。


ゴジュラスギガ(ハヤマ仕様)を完成させました。
ようやくHMMゴジュラスキャノンを完成させました。
というわけで、ここで「ゴジュギガ強化(後半)」をやります。


こちらは前半でのガトリング。
しかし、キャノンの前では霞むな・・・


今回のメイン。
キャノン本体は左右を変更し、上にセンサーとマガジンの仕様にしました。


立ち姿。


横から。
やはりキャノンでかい。


ツイッターのアイコンの位置違い。
こちらの方がいいような気が・・・

というわけでこれで後半も終了。





・・・ふう。
さて、今年の振り返り。
今年はタカラトミーや壽屋の商品展開が多かった気がします。
タカラトミーはMP2機。
壽屋はZAが本格的展開でハヤテライガーからジェノブレイカーまでとこれだけでもかなりの数を出しています。
HMMは今年後半はアイアンコングPKやゴジュラス ジ オーガと大型アイテムを連続で出していた気がします。
あと、公式イベントでは第一回スタンドリバー会戦が大きいトピックスでしょうか。

そして、自分の今年の目標。
今年の目標は「小説を進める、新展開を考える」でした。
今年は4作。
新展開としては「Howling」を始めました。
が、後半は全く手が付かなかった感じでした。
そのため、今回は達成した感じがしていません。
こういったのには目標を付けるとダメになる気がしてしまうので今後はマイペースにやっていきたいと思います。

それでは、あと数時間で年が明けます。
その時までの間ですが、良いお年を!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一回スタンドリバー会戦、... | トップ | 謹賀新年2017 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。