旅とは決して後悔しないこと!

愛、食べる、歩く、乗るです。

ドラちゃん 「映画ドラえもん南極カチコチ大冒険」

2017-04-17 21:21:17 | 日記

花見の後は、弟子と「ドラえもん」の映画観賞。

場所は綾川イオンシネマ。

観るのは私と弟子、奥方はイオンでショッピング。






看板はジブリ





映画ドラえもん 南極カチコチ大冒険






Yahoo!画像







少し狭い館内。土曜日だが映画も後半戦に入り、上映ルームは20人くらいの入場者。

勿論、観客層は小学生とその親。定番のジャンボなポップコーンと炭酸系飲料。

子供は喜ぶはねえ。






<あらすじ>


暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山。
ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪(リング)を見つける。
調べてみたところ、なんと腕輪(リング)が埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪(リング)の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。
その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10万年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。
そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪(リング)の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。
そして、腕輪(リング)を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!





今回の映画とは違うがフィギュアを買ってしまった。








上が弟子ので下が私のフィギュア。




いや〜、今回は2年ぶりのオリジナル作品。ストーリーがいい!


よかった〜〜。


泣き所は少ない。



来年のドラえもんも行くぞと弟子と予約し合ったのであった。



しかしながら、50歳のおっさんと21歳の娘とでドラえもんを観に来てる2人組は我々だけだろう。

決して少年の心は忘れてはいけない。





フィギュアもシリーズは沢山あるなあ。


UDF さよならドラえもん 「藤子・F・不二雄作品」シリーズ7 ノンスケール PVC製塗装済み完成品
クリエーター情報なし
メディコム・トイ





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫路夜会 | トップ | 花見とキコリ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供のココロ (モモの親方)
2017-04-18 20:20:23

私もときどき アンパンマン を見ます。

最近、楽しくない番組、報道が多くて、童心に帰って見てます。
Re:子供のココロ (おせつ)
2017-04-19 17:12:44
親方さんはアンパンマンですか。

子供の番組はストレートいいですね。

夢がある。夢も希望もなくなるとだめですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。