ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

雑事。

2017年02月28日 | 日記
○7時起床、起床時室温10℃。二度寝。
*理性が勝るか感覚が勝るか。医学博士は感覚が勝ると言い、かつ、「教育学者は安っぽい理性主義者が多い。」と、今野晴菜という女性の口を通して語らせる。なかなかシビアで現実そのものの夢。夢に登場した女性は実在しないはずだが、妙に存在感があった。
○11年前の今日、2006年2月28日、みぞれ交じりの朝、パリ、凱旋門にほど近くのところで、体に大きな異変を感じ、死ぬかもしれないという意識の中で,濡れたベンチでしばらく時を過ごした。大量と思える吐下血の結果だった。S先生から受ける得も言われぬ脅迫的な研究協力命令とセガン研究の難題を超えられぬ苦しみとのはざかいにあった時の頃のこと。この直前に、ふたりの女子学生のパリ滞在案内に神経を使ったこともある。この年の秋にも、やはりパリで倒れ救急車で運ばれているから、ぼくの人生の中では、本当に苦難の年だったのだなあ、と今更ながら、思う。それにしてもよくぞ生き延びたものだ。映画「パリの朝、雨に死す」さながらなのだなぁ。
○エッセイ「・・・それはある日突然やってきた。」
○今日のお昼もカレー。オムカレー。添え物に、ブリ照り焼き(のつもり)

○午後の一時、タビチョが肩の上をねだった。うつらうつらしているし~♫

○女優ジェニファー・ジョーンズ。しっとりした美しさ。
*ジョニィの肖像、聖処女、終着駅、そして・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通所リハビリ、その他

2017年02月27日 | 日記
○6時30分起床、起床時室温12℃。夜の目覚1回。
*理学に開かれた音楽、3コマ担当。初回いずれの会も教室側kらずうろちょろ。3コマ目は教務職員に尋ね案内されるが、教務職員を見失ってしまった。あり得た夢だから笑える。
○燃えるごみ出し。脚が重い。やっこらやー.
○粋生クラブ増尾通所リハビリ。
*コーヒー淹れ、レッグマジック、ハードル歩行、マットで左脚着地訓練、踏み台、左脚踏み出し着地訓練、ゴム紐膝先強化訓練、芋虫ゴロゴロ、自転車、大きなボールに座り腰回しなど訓練、マッサージ、暖か姫。
*「左脚が思っていた以上に硬いですね。」とマッサージの後。今日のように冷える日には自覚する。運動頑張ります。
*「車の迎えの前に、運動しているの?」とWさん。「階段の上り下りとか空気のかなり抜けたサッカーボール蹴りとか、ちょこちょこやってます。15分ぐらいかな?」とお答えした。
*Tさんがこれで3週顔を見せていない。こけて腰を痛めたというつらそうなお声を拝聴してから姿が見えない。どうしておられるのかな。
○今日のお昼は、讃岐半生うどん。カレーうどんにしていただいた。トッピングは半ゆで卵。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セガン翻訳、諸々

2017年02月26日 | 日記
○7時30分起床、起床時室温11℃。夜の目覚め2回。
*文教大のお嬢さん2人、宿までお出迎え、文教大での講演のため。昔懐かしいことの夢見。
○朝食の後、軽い運動。左足裏踵から着地。左膝先ゴム運動。ボール蹴り。ボールが地面から浮いて飛んでいくのを見るのは気持ちいい。
○セガン関係翻訳で午前中。
○昼食は、卵掛けご飯、タマネギ、にんじん、椎茸焼き。軽く塩胡椒、ちょっと高級なオリーブオイルで焼きました。おいしいですねー。
○午後も、ちょくちょく、翻訳と運動。翻訳はフランス語入力を併せて行っている。理解をより深めたいため。
*ピガール通りの白痴学校の参観検証を行ったフェリュスの内務大臣への報告書で新たに気づいたこと。彼はアドレアンに関わるセガンの実践は実際に見ておらず、セガンの記録文書だけを判断材料にしている。それによると、彼自身がアドレアンの発達の判断をしているのではないことが理解できる。さらに、新しく知ったことは、教育に取りかかる前の確かなデータが存在しない、白痴病のどのようなルイなのか不明、と疑問を呈していることだ。重大な疑念と出会った。かといってフェリュスは数少ないセガン理解者となるのだなあ。
*水頭病の登場。医学の教養の無いぼくにとって、難題となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通所リハビリ 午後雑事

2017年02月25日 | 日記
○7時起床、起床時室温11度。
*大空がまるで巨大水槽の如し。水族館写真をあれこれ見たためか?楽しくもあり怖くもある夢。
○粋生倶楽部増尾通所リハビリ。
*コーヒー淹れ、レッグマジック、ハードル、マットを使った歩行訓練、大股で踏み出し訓練、踏み台、ゴム紐を使った左脚鍛錬、ゴロゴロ尺取り虫、自転車、マッサージ、あったか姫、平行棒体操。
*コーヒーはブラジル、コロンビア、エチオピアブレンド。評判がいつもよりよかった。
*Sさんが挽いて下さった。麻痺で不自由な左手でミルをしっかり握って。
*手作り梅ジュースをいただいた。
○お昼はマグロ血合いのステーキ。ニンジン、タマネギ、椎茸を添えて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むずからず我慢を・・・

2017年02月24日 | 日記
○7時30分起床、起床時室温12℃。二度寝。
*広い空間で20世紀初頭の西洋風ドレスに包まれた女性に囲まれて時を過ごしているオレ、オレがどんな恰好をしているのかは夢では見えなかった。一転、和歌山大学を去る時に松浦先生の仕掛けで催されたゼミ送別会。女子学生がいなかったぼくのゼミだったが、他のゼミから二人だったか(その二人だけは鮮明に覚えている、他にもいただろう)、女子学生が参加してくれた、その夢。これまた松浦先生のリードの下で、女子学生とチークダンス。後にも先にも経験のないこと故、チークダンスなんだろうなあ、と思っただけのことだし今もそう思っているのだけれど、なかなかリアリティのある夢でした。お相手下さったNさん、地元の郵便局にお務めになったというお便りを後年いただいたが、どうしておられるだろうか。夢と思い出とがごっちゃになった昨夜でした。
○朝のうち2時間ほど翻訳作業。フェリュスが幾たびかセガンに会いに行ったことを知る。
○新柏東武ストアーへ買い出し。ティッシュ、朝食用食料。マグロ柵、調理用ワイン、ダシ。お菓子。
○マグロ赤身の柵が中トロ部を多く含んでいたので、お昼は、マグロステーキにした。焼きタマネギ、焼き椎茸を添えて。マグロはニンニクスライス、醤油、みりんでしばし漬けおいてから焼いた。なかなかいい味わいでした。外見は美しくありませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加