鶴猫荘日記第2版

リタイア人間の日々の暮らしぶりを綴ります。
      リハビリを楽しもう!

外出散歩

2017年04月19日 | 日記
○6時30分起床、起床時室温20℃。朝方、右脚が強く痙った。久しぶりのこと。如何に左脚が後退しているかの証拠だぞ。
*賑やかに男子若者集団とどこかに出かけた。解散の集合時に、ぼくは、写真配布係を命じられた。みんな口々に研究室に取りに行く、と告げる。おお、そうか、と答えながら、心の底で、オレはもう研究室はないのだ、どう写真を渡そうか、と考えている。若者男子集団は、和歌山大学と埼玉大学の連中。学習院は一人も混じっていなかったなあ。何でこんな夢を見たのか?昨日のエッセイ執筆と絡んでいるのだろうな。日本と日本人を戯評したもの。
○ビニールごみ出し。復路でNさんと鉢合わせ。久しぶり。この人はちゃんと会話挨拶をくださる。「散歩してる?まあ、焦らないでゆっくりやりなよ。」ありがたいお言葉だ。
○エッセイ
*左脚先の麻痺がまた強く表れ始めたことで、歩行姿勢に異常が出てきた。右脚がそれをカバーしようとするのだろう、起き抜けに右脚の攣りがひどく現れた。脚の付け根も痛む。
 こういう時には、一日をどう過ごすか、悩む。
 疲れてんだろうからという根拠のない理屈を付けて、自室でゴロゴロ・・・。とても魅力的な心のささやきと行動だ。
 いや、歩行訓練を基本からやり直す。通所施設で教わったように、左脚踵から着地、そして足裏全体を地面に着け体重を乗せる、の繰り返し。これがもっともふさわしいと良心がささやく。でも、これは10分もすればとても退屈感を覚える。後の時間の過ごし方は・・・?
 やはり、「お散歩」かな?踵着地訓練をイメージしながら、ギッタンバッタン。2時間ほどそうして時間を過ごす。魅力的だ。昼と夜の食材購入のことも考えよう。
 ということで、朝のお散歩。いつもよりのろのろ、時には後ろに下がって踏み出し確認。通学の大学生の不揃い元気な姿を目の端に止めながら、ギッタンバッタン。・・・あの年齢の頃は、オレは、ドイツ語に夢中だったなあ、いつしかドイツ語圏に学びにいくんだっ!なんて粋がっていたなあ。・・・
 意識を現実に戻して、踵から着地、足裏全体体重乗せ!頑張れじじい!昨日よりは痛みが少ない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久方ぶりにエッセイ執筆 | トップ | 在宅うろちょろ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きっちゃん)
2017-04-19 15:47:41
和大学生が先生の夢にまで出てきて、光栄です?!。
Unknown (きっちゃん)
2017-04-19 15:50:53
大阪に軍歌を歌わせる学校園があるなんて、びっくりです。ニュースをみての衝撃は久しぶりです。
軍歌ねぇ (鶴猫荘主人)
2017-04-19 17:52:03
キッチャン、お久しぶりです。
 このところ、男子学生群の夢を見ます。女は出てこなくなった。男子学生と言えば、それは和大でしょう。懐かしいです。キッチャンはキッチャンのまま。
 大阪、いろいろやってくれますね。幼児の軍歌、勅語暗唱・・・。発達論が抜かれると、こういうことになるんですね。セガンが警告を発していることに、考えが及びました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。