鶴猫荘日記第2版

リタイア人間の日々の暮らしぶりを綴ります。
      リハビリを楽しもう!

終日「セガン」、少し運動

2016年10月18日 | 日記
○7時起床、起床時室温20℃。
*左腰の疼痛に少し苦しんだ夜。寝具の問題かなぁ。
*痛い痺れるでブツブツ言いながら、あれこれする一日。暖めの湿布薬買いに行きたいけど、からだがいやがった一日。
○「セガン」、ヴィクトール・ユゴー関係調査で午前中。ああ、手間がかかるワイ。
*序章を終えた。続いて、「はじめに」を大幅に加筆し、第1章に転じるつもり。
*「はじめに」改め「第1章」テーマがなかなか定まらない。仮に、「白痴の教師・セガン」誕生の背景」としたが、どうも落ち着かない。センス、無いぜ、オレ。
○昼は、豚汁を作りました。具材のストックがニンジンしかないので一苦労。
*米糠をスプーン2杯、くわえた。
*添えたおかずは、わさび漬け、くさやの干物(瓶詰め)、ちりめんじゃこ。
*豚汁の味覚は、柔らかさを覚えました。からだがほぐれるような感じの暖かさ。痛み痺れは今のところ遠のいています。


○とにかく身体を少しでも動かそうと、外出。14時から16時。
*郵便局へ。窓口のマダムを筆頭として局員たちのやさしい笑みに瞬時、苦痛を忘れる。しかし、今日の外出は、実に久しぶりの、「歩きたくない」症状。
*新柏東武ストアーへ、食料品の買い出し。ジャガイモ、ネギ、玉葱、椎茸…、だんだん、鍋物料理が脳内に浮かんできたようだなあ。魚のアラを入れてあら煮か…いろいろあるので迷うが、最終的には、サーモンのアラ。石狩鍋か?…などと自己内対話しながら買い物終了。たぶん、明日のお昼は、味噌煮込みうどんになるでしょう。
*帰り道はやけ歩きにはなりませんでした。ひたすら前に進むべく、脚と杖を運びました。
○セガンの名前表記を改める。フランス語発音に近い表記へ。オネジム=エデュワール・セガン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 粋生倶楽部通所リハビリ | トップ | あれこれ雑事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。