通所リハビリ

2016年10月10日 | 日記
○6時30分起床、起床時室温22℃。
○当然のことながら、「セガン」執筆分、これで満足しているわけではない。読み返す度に、自分に苛立ちを覚える。ただ、いまは、間違い探し、不足探しの段階。朝から、朱入れ少し。
○粋生倶楽部通所リハビリ
*コーヒー淹れ、レッグマジック110回。M番長さんから、遊び心で、腰を下ろしての脚の開閉があることを教わった。おっかなびっくりでやってみた。左脚の運びが難しい。しかし、面白い。毎回、数回試すことにしよう、こっそり。踏み台前後往復30回、やはり昨日の今日、疲れているようで脚の運びが難しい。バランスボール、ひねったり左右、前後、回しなどをいろいろ試みた。5分。マットとハードルを使って歩行訓練10分。自転車30分、レヴェル4、7.7キロ。滑車利用で左脚「蹴り」訓練。ゴルフボール左脚下転がし5分。Mさんが1キロボールの左手キャッチボールの相手をしてくださった。けっこう息が切れます。あったか姫。マッサージ。
*今日も「川口さん、努力家だから。」と声を掛けられました。親から一度でもそういう声掛けされていれば、ひねくれ根性の人生など無かったろうになあと、ふと思った。
*所長さんがお見えになったので、「セガン」をお渡しした。「注の付け方が学生時代のと違う」とのこと。いろいろなやり方がありますが、博士論文などは統一されているかもしれませんね。あと、科学分野の違いもあります。
○今日のお昼は、またまたうどん。初めて、味噌うどん系にチャレンジ。辛子味噌(四川味噌)しか我が家にはないようなので、それを活用。色付け、香り付け程度かな。ダシにタマネギ一個を奮発。昆布、鰹、有頭海老。タマネギが形状を無くすまでとろとろと火にかけた。思っていた以上に美味しくできあがりました。他に野菜類をいろいろ具にいれました。
*このところ、ハナが寄こせ催促を頻繁にする。その他は、タビチョ、ミミ、マヌ、アホ。まだ、ぼくの手を爪で引っかけて催促するには行かないので、安心だが…。限度があることをきちんと教えていかないと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「セガン」足跡旅の集まり | トップ | 休息の一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。