世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

「決算特別委員会」が終了しました。うちの会派は平成27年度一般会計歳入歳出決算認定に反対を表明。

2016年10月16日 | 議員活動

10月13日、「決算特別委員会」補充質疑の後に、採決が行なわれました。

うちの会派「無所属・世田谷行革110番」は、以下の決算認定のうち、

一般会計歳入歳出決算認定」には反対、その他の4つの決算認定には

賛成しました。

  平成27年度世田谷区一般会計歳入歳出決算認定      
  平成27年度世田谷区国民健康保険事業会計歳入歳出決算認定      
  平成27年度世田谷区後期高齢者医療会計歳入歳出決算認定      
  平成27年度世田谷区介護保険事業会計歳入歳出決算認定      
  平成27年度世田谷区中学校給食費会計歳入歳出決算認定


以下は、決算認定の採決の様子です。

「一般会計決算」に反対したのはうちの会派だけでした。

 

 

次の写真は、「国民健康保険事業会計」「後期高齢者医療会計」

「介護保険事業会計」の採決。共産党だけ反対しています。

中学校給食費会計」の決算認定は、全員賛成でした。


それぞれ、賛成反対の理由は、10月18日に行われる本会議において

意見開陳することとなっています。


うちの会派は、「保坂区長になってから、世田谷区は23区において、

様々な重要事項が「周回遅れ」となっている」という問題を指摘。


(周回遅れ = 同じ所を回る競走やレースなどで、先頭から一周以上

遅れること。同じ所を回っているため、先頭を走っている気になって

いるかもしれないが、実はビリ。保坂区長の取り組みの例えです)


庁舎問題など、その典型的な事例です。


以下は、大庭正明議員が決算委員会最終日「補充質疑」において

保坂区長に指摘したことです。

    ↓        ↓        ↓

保坂区長は、「熊本地震で庁舎の大切さに気づいた」と言っている

が、3.11が起こったことをきっかけに区長選に出て、区長に就任し

ているのに、何を言っているのだろう?!

就任後、ただちに庁舎問題にとりかかるべきだったのに、2年半も

遅らせた。5年経った今もまだ決まっていない。

また、保坂区長は「財政健全化をした」と著書の中で言っているが、

玉川総合支所の改修工事で6億6428万円もムダに使っている。

20年近くもつはずの改修工事をしておきながら、たった3、4年程度

で壊して改築することになるとは、税金のムダ使いも甚だしい。

必要なことをやらずに(財政を)よくみせよう、黒字化したことに

しようとしているだけではないか。

(引用ここまで。ただし、発言記録ではないので、概要です)


詳しくは18日の本会議で、幹事長の大庭議員が述べますが、私たち

の会派では、とても納得できる区政運営にはなっていない、という

ことをお伝えしておきます。

 

決算認定の採決の映像はこちらです。


 最後にこちらをクリック⇒ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ お願いいたします!

 ただいま、政治家(市区町村)人気ブログランキング495人中、

全国 第1位 です! いつも応援ありがとうございます!

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国王が逝去されたバンコクの... | トップ | 音楽劇「赤毛のアン」、”子役... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む