世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

代表質問の動画アップ 第5弾 「世田谷区に住む外国人の方々への政策」

2010年03月04日 | 議会報告
代表質問 「よりよい国際化社会のために~外国人の方々への政策~」

以下に議会質問と答弁のポイントを簡単にまとめましたが、ぜひ、動画もご覧下さい。



世田谷区に住んでいる(外国人登録をしている)外国人の状況をご存知でしょうか。

(平成22年1月1日現在)128か国、16,026人で、

韓国または朝鮮が4,344人、中国が3,882人、米国が1,529人、
この上位3か国で60%を超えます。

公用語又は準公用語が、英語、中国語、ハングルとなっている国は32か国、登録者数は
12,694人で全体の79%を占めています。

ずいぶん多くの国々の方がいらっしゃるんですね。

では、以下、今回の代表質問の「外国人政策」の要旨です。


【質問】FM世田谷で外国語の番組枠を持ち、多言語で、区のイベントや災害情報をお知らせ
するべきである。
          ↓             ↓
【答弁】まずは英語放送から始める。その後、他の言語でもできるかどうか研究を進める。


【質問】区の情報誌『せいかつ便利帳』の外国語対応はどうなっているか?
          ↓             ↓
【答弁】4ヶ国語を使って(英語、中国語、韓国・朝鮮語+日本語)作成し、配布している。


【質問】阪神淡路大震災の時は、外国の方々が避難所に来て、あわてて対応策を考えた
というが、世田谷区では前もって準備しておく必要があると思うが、どうなっているか?
          ↓             ↓
【答弁】避難場所に「多言語表示シート」を用意して、外国の方々が来ても対応できる
ようにしている。

政治家ブログランキングのクリック、お願いします  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ  
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代表質問の動画アップ 第4弾... | トップ | 子ども “食空間” シンポジウ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む