世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

保坂区長、世田谷区の防災拠点の脆弱性認める!(うちの代表質問で)

2011年06月14日 | 議会報告
昨日から始まった「世田谷区議会第2回定例会」、まずは保坂区長
より召集挨拶があり、その後、代表質問(自民党⇒公明党⇒共産党
⇒みんなの党・世田谷行革110番)が行なわれました。



さすが、保坂区長は有名人?だけあって、傍聴者が議場の傍聴席に
入りきれず、委員会室を二つ開放して、モニターを用意し、皆さんに
見ていただいたそうです。

そこまで傍聴者があふれるなんて、これまでにはなかった光景です。

(小泉たま子議員の質問の日は傍聴席が埋まりますが、委員会室
を二つ用意して…というのは初めてだと思います)

そして、区長答弁が、たびたび「保坂のぶと講演会」のようになって、
私の質問予定時刻、17時10分~だったのが、40分も遅れて、17時
50分~でした。

17時から待機して下さっていた(傍聴に来てくださった)方には、
大変お待たせして申し訳ありませんでした。

さて、うちの会派「みんなの党・世田谷行革110番」の質問(私が担当)
では、徹底的に財政問題(情報公開と区民参加に絡めて)と、災害
対策について、質問しました。

世田谷区役所は、災害時の非常用発電の燃料がケタ違いに少なく、
23区で最低のレベル。

3月11日の大震災では、第一庁舎の窓ガラスが64枚も割れ、いまなお、
ベニヤ板で応急処置をしたままの状態。

第一庁舎にいざというときの災害対策本部を置く、という今の計画
では88万人の区民の安全は守れない、ということ指摘し、庁舎建設
は財政的に厳しく無理なので、せめて、災害時に機能する防災・災害
対策センターを作るべき!と提案しました。

(これ、今に始まったことではなく、何年も前に指摘していることで、
防災センターを独立してつくれ、ということも繰り返しの提案です)

どれだけひどい状況か、質問の中で数値を以って明らかにした結果、
保坂区長も、世田谷区の防災拠点の脆弱性を認め、災害対策本部
の移転を検討するようです。

また、財政問題のところで、世田谷区の外郭団体である「株式会社
世田谷サービス公社」について、

区との契約の仕事で21億円のキャッシュをためこんでいるこの会社
から、世田谷区は返還してもらうべきであると主張しました。

(これも、今に始まったことではなく、繰り返し指摘・主張していること
ですが)

こちらの質問は、区の答弁、のらりくらり、相変わらずで、傍聴に
来ていた区民の方々が、「答弁にがっかりした」と、何人もの方が
おっしゃっていました。

質問原稿、前のブログにアップしましたので、興味のある方はぜひ
お読みください。

世田谷区の非常電源の燃料のお粗末さ、災害対策本部を設置する
ことになっている第一庁舎の脆弱さ(電気はほとんどもたないかも…
だし、電線が切れてしまう可能性もあるし、そうしたらパソコンが
使えず、災害時要支援者を助けることができなかったり…するかも)
等々がおわかりになると思います。

このままでは大変です!!

早急に、世田谷区の防災・災害対策の拠点(本部)を別途、設置
するよう、今後しっかりみていきます。


ブログランキング、応援のクリックを!お願いしま~す!    
         ↓                  
      にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ -->
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代表質問の原稿 (興味とお時... | トップ | ストリングラフィ 「糸 の 森... »
最近の画像もっと見る

議会報告」カテゴリの最新記事