世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

信号機に群がったミツバチはどうなった?→なぜミツバチを殺してはいけないのか?

2017年05月15日 | 政治&社会情勢

5月13日に配信されたニュース

「信号機に群がっているのは…ミツバチ 東京・世田谷」

  ↓        ↓        ↓


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170512/k10010979611000.html


12日正午前、東京・世田谷区の交差点にある信号機に多数の

ミツバチが群がっているのが見つかり、警視庁から依頼を受けた

業者がハチの群れを処分しました。  

…というニュースが流れ、衝撃が走りました。


なぜなら、今回ミツバチが大量に集まっていたのは

「ミツバチの分蜂(ぶんぽう)」と言って「駆除してはならないもの」

だからです。


川崎市のホームページは「ミツバチの蜂」についてわかりやすく

説明しています。

   ↓        ↓        ↓

春から夏にかけての時期に、庭木や軒先などに、何十匹ものミツバチ

がかたまっていることがあります。これは、分蜂(ぶんぽう)といって、

ミツバチの巣別れ(引越し)です。

ミツバチの巣は、一匹の女王バチと複数の働きバチから成り立っています。

一つの巣に新しい女王バチが生まれたとき、古い女王バチが巣にいる

働きバチを連れて集団で引越しをします。これを分蜂といいます。

ミツバチなどの社会性昆虫にとっては、群れを増やす方法として、

分蜂は重要な役割を果たします。

一度にたくさんのハチがかたまっているので「巨大な巣ができてしまった!」

とあわてることがありますが、ミツバチが巣をつくる場所は樹の穴、屋根裏、

床下などの閉鎖空間(天井があり壁などでおおわれている場所)です。

この写真のようなむき出しになっている場所にいるのは、引越しの最中に

一時的にとどまっているだけで、しばらくすると巣をつくるのに適した場所

へ移動し、きれいさっぱりいなくなってしまいます。

庭木などで分蜂をみかけたら、周囲に巣をつくりそうな箱などがあれば片付け、

数日様子をみてください。(引用ここまで)


ということで、生態系にとって、我々人間にとって、なくてはならない存在

であるミツバチ。絶対に駆除したりしてはならない!!のです。


なぜミツバチが必要か?は、以下のサイトをご覧ください。

     ↓        ↓

ミツバチは人類にとってとても大切な役目を果たしていた。ミツバチが絶滅したら起こりうる10のこと


今回の件は、たしかに信号機が見えなくなってしまうほど集まってしまって

いたら支障があるかもしれませんので「袋に入れて捕獲する」ところまでは

仕方ないことかもしれません。


しかし、です。

その後、捕獲されたミツバチはどうなったのか?!

それが問題です。

処分って、まさか、殺してしまったのでしょうか?!貴重なミツバチを?!


だとしたら、あまりにも無知すぎます。


このことを嘆いた区民の方から連絡をいただきましたが、あらためて

世田谷区のホームページはどうなっているかチェックしてみたところ、

一応、世田谷区のホームページにも「ハチについて」という項目があり、

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/115/283/d00021190.html

「自分で巣を駆除するのが困難な場合」4つの要件を満たせば区が無料

で駆除します、ということで、

「その他の種類(ミツバチ、オオスズメバチ、ジバチ等)のハチの巣は

対象外となります。民間の専門業者に直接ご相談ください。

区でも専門業者の組合をご紹介しています。」としています。


ミツバチは駆除の対象外ですよ、ということにはなっていますが、でも

これだけだと、「ミツバチの蜂」についてはわからないですね。


区民に対する啓発が必要だと思いました。


ミツバチがいなくなってしまったら、、、

「世界中で飢饉が起こり、世界経済が破綻してしまう」ことにも

なりうるのです。

ミツバチは人類にとってとても大切な役目を果たしていた。ミツバチが絶滅したら起こりうる10のこと

    ↓

ハチミツがなくなる

多くの野菜やフルーツが育たなくなる

人の手で授粉しなくてはならなくなる

乳製品が消える

コットンが育たなくなる

人間の主要タンパク源は豚肉・鶏肉に

食べ物の値段が高騰する

栄養不良が大きな問題になる

世界経済が破綻する

世界中で飢饉が起こる


ただでさえ、ミツバチの減少が世界的な問題となっているのに、

(2015年9月14日のブログをご参照ください)

「知られざる斑点米とミツバチ大量死」、ネオニコチノイド系農薬の恐ろしさがわかりました!

 

日本では無知のために駆除してしまう、などということが横行

したりしたら、とんでもないことだと思います。

「ミツバチの蜂」について、区民への啓発がもっと必要だと

思いました。

 

 

 最後にこちらをクリック⇒ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ お願いいたします!

 ただいま、政治家(市区町村)人気ブログランキング491人中、

全国 第1位 です! いつも応援ありがとうございます!


『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今回で34回目、オウム真理教... | トップ | 都議選の候補予定者の顔ぶれ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む