中央大学学員会東京世田谷区支部(世田谷区白門会)

世田谷区在住在勤の中央大学卒業生が、親睦を目的として集っている会です。その日々の活動を報告します。

第17回白門さぎそうチャリティーコンサートを開催。

2017年03月19日 | Weblog
中央大学学員会東京世田谷区支部のメイン行事の一つ、第17回「白門さぎそうチャリティーコンサート」を烏山区民会館ホールで開催しました。

このコンサートは3部構成になっていて、第1部「福祉コンサート」は区内の福祉施設利用者。第2部「白門コンサート」は、中央大学音楽研究会から。そして第3部「地域コンサート」は、世田谷区内の小中学生の出演となっています。

今回の中央大学音楽研究会は「マンドリン倶楽部」が出演。福祉施設からは、上町工房と烏山福祉作業所の皆さん、そして中学校からは、世田谷区立烏山中学校吹奏楽部でした。舞台監督は、馬場支部長が全て取り仕切りました。また、音響を担当した萩田幹事は音響のプロです。

開場1時間前から多くの方が来ており、開演の時には満席となり立ち見の方も出るほどです。総合司会を担当するのは、声優の武田佳子さんです。初めに主催者を代表して、烏山中学校の卒業生でもある水津正臣副支部長(学員会副会長)が挨拶をしました。

冒頭の出演は福祉施設の上馬工房で、美しい衣装をそろえてくださったフラダンスです。何曲も踊ったのですが、その都度大きな拍手が起こりました。

続いて烏山福祉作業所の皆さんが、舞台狭しと50人も登壇して楽器の演奏と歌を披露してくれました。今回が3回目の出演です。初めて出演した時は踊りだけでしたが、中央大学の演奏を聴いて「私たちも楽器の演奏をしたい」と話していました。その夢が実現したのです。

そして中央大学音楽研究会「マンドリン倶楽部」の出演です。見事な演奏に「マンドリンて、良いですね」と会場を魅了していました。最後の演奏「プレリュード2」に拍手が鳴りやまず、アンコール曲も演奏していただきました。

最後の登壇は、烏山中学校吹奏楽部の皆さんです。前日に卒業式があり、今回は1年生と2年生だけの出演でしたが、一生懸命練習した成果が出ていました。中央大学の林常任理事から、吹奏楽部全員に「チュー王子」(中央大学のマスコット)がプレゼントされました。

全てが終わったのですが、再度「マンドリン倶楽部」に登壇して演奏していただき、会場全員で「ふるさと」を大合唱しました。

会場の外では、上町工房と烏山福祉作業所の自主製産品販売コーナーを設け、全て売りつくされたほどです。また、チャリティー募金箱にもご協力いただきました。この募金は、世田谷区に毎年寄付をしているのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷区白門会第5回役員会。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。