中央大学学員会東京世田谷区支部(世田谷区白門会)

世田谷区在住在勤の中央大学卒業生が、親睦を目的として集っている会です。その日々の活動を報告します。

都区内支部連絡会の幹事会が開催されました。

2017年07月20日 | Weblog
中央大学学員会の都区内支部連絡会。その幹事会が駿河台記念館で各区支部の代表が集い開催されました。今年は、大田区支部が担当幹事支部です。

東京23区で支部として活動しているのは16区。その代表が集まって1年間の総括とスタートをする打ち合わせです。世田谷区からは馬場支部長、朝倉副支部長、水津副支部長(学員会副会長)、増田幹事長の4名でお伺いしました。

28年度の事業と会計報告があり承認され、29年度の事業計画と予算報告もいくつかの質問もありましたが承認されました。続いて久野学員会会長があいさつに立ち「文科省の都内定員規制による法学部移転の難しさ」の話がありました。

大木田副会長からはホーミングカミングデーについて、10月23日に八王子キャンパスで、音楽の祭典として実施される様子が紹介され、付け加えて水津副会長から広告依頼の件の話がありました。最後に、次年度の幹事支部は練馬区支部で決定。

幹事会終了後、1階のレストラン「プリオール」に移動しての懇親会。恒例で各支部が紹介され、交代で各支部の全員が登壇し挨拶。世田谷区支部も4人が交代で挨拶し、最後に幹事長から世田谷区支部の新卒業生会員4人の様子を紹介され興味を持たれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第18回定時総会及び公開講演会。

2017年07月08日 | Weblog
中央大学学員会東京世田谷区支部の第18回定時総会を、キャロットタワー26階のレストラン「スカイキャロット」で開催しました。

石川副幹事長の司会で始まり、先ず馬場實支部長が挨拶に立ち「これまで世田谷区支部は、チャリティーコンサートなど地域貢献などに資する取り組みをしてきた。世田谷区から、感謝状も頂いた。これから20周年を目指して、さらに取り組んでいく」など力強い決意も述べられました。

続いて、支部長の指名により小高愛二郎副支部長が議長として登壇。第1号議案「平成28年度事業報告及び決算報告並びに監査報告」が上程。増田幹事長から事業報告、伊藤会計より決算報告、鈴木監事から監査報告があり承認された。続いて第2号議案「平成29年度事業報告及び予算書報告」が上程され、増田幹事長が報告し承認されました。

総会終了後、外で待つ一般聴講者を入場していただき約80名の方々が参加しての「公開講演会」を開催しました。講師は中央大学法学部教授の広岡守穂先生で、テーマは「男だって子育て、孫育て」です。孫に対する親と祖父母の考え方の差、父親と息子の接し方の難しさなど、どこの家庭でも起こりうるユニークな内容でした。

最後には、ご自分のお孫さんが「白門さぎそうチャリティーコンサート」に出演した体験を通し、「世田谷区支部が素晴らしい取り組みをしている」と涙ぐみながら大絶賛のお言葉もいただきました。途中で広岡先生の作詞による歌のCDが流されるなど、あっという間の1時間半でした。

「公開講演会」終了後、集合写真を撮り懇親会。恒例の「白門グリー」による中央大学校歌斉唱。馬場支部長の開会挨拶に続いて、学員会の榎秀郎副会長が挨拶。乾杯の発声は渡瀬前支部長で宴会が始まりました。

途中で平成28年、29年卒業の若い4人が登壇して一言発言。また、世田谷区役所白門会(区管理職幹部と区議たち)の5名が登壇しての挨拶もありました。また、アトラクションとして「白門グリー」の合唱、西澤副支部長による「草笛演奏」などがあり盛り上がりました。

恒例の懇親会参加者による投票で決まるフォトコンテストの成績発表と商品の授与式もありました。優勝は浮田克彦氏の「足利フラワーパーク」、第2位は坂井幸次氏の「山陰の小京都-津和野」、そして第3位は猪田光代氏の「安芸の宮島」でした。今回は、第10回のフォトコンテストなので特別に「支部長賞」があり、支部長賞は猪田光代氏の「天空の城跡」でした。

懇親会の最後に、「白門グリー」の皆さんと共に中央大学応援歌を合唱し、全員が肩を組んでの「惜別の歌」を歌いました。そして閉会の挨拶は水津正臣副支部長(学員会副会長)で締めくくりました。遠くに東京スカイツリーと東京タワーが光る夜景を楽しみながら散会しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「総会」会場の事前打ち合わせをしました。

2017年06月20日 | Weblog
7月8日に開催する「中央大学学員会東京世田谷区支部総会」会場の事前打ち合わせを、三軒茶屋キャロットタワー26階の 「レストラン・スカイキャロット」で、馬場支部長、浮田副支部長と増田幹事長私の3人が出席して行いました。

対応してくれたのは、同会場の支配人。参加人数や食事の内容、総会、講演会、集合写真、懇親会などの流れも決定しました。さいごに、フォトコンテストの準備も打ち合わせました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度第2回役員会

2017年06月17日 | Weblog
世田谷区白門会の第2回役員会が、経堂地区会館にて14名出席して行われました。7月8日の総会前最後の役員会です。

総会の準備状況、当日のタイムスケジュール、公開講演会の集客対策、公営掲示板の担当、その他、馬場支部長を中心に決めました。

続いて他支部総会への出席状況、都区内支部連絡会への出席者、各部会活動の状況、全ての検討事項を終えて懇親会へ。

懇親会は恒例の居酒屋「天ん洋」です。有志9名が参加して、いつものおいしい酒と肴で…。後は、当日の成功を祈るばかりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年上期の世田谷区支部ゴルフコンペ。

2017年05月24日 | Weblog
第34回世田谷区白門会ゴルフコンペが、5月23日㈫神奈川カントリークラブで開催されました。今回の参加は12名と、やや寂しい中でのコンペでしたが、2名の女性が華やかさを添えてくれました。

当日は終日、中央高速の集中工事と重なり、参加者は色々苦労しながらも一人の遅刻者もなく意気揚々とスタートをしました。この日は、5月にも拘らず真夏日の予報が出ており熱中症も心配されたのです。しかし、随所で拭く爽やかな風に癒されプレーを楽しみました。

神奈川カントリークラブは、自然を巧みに取り入れたホールの連続で、打ち上げ、打ち下ろし、谷越えなど非常に戦略性のあるコースで、特に飛ばし屋自慢の方は大いに悩まされる結果となりました。

成績はダブルペリアなので悲喜交々ですが、このコースのメンバーである馬場實さんがBG、DC、NPと神がかった力を発揮し完全優勝。今や誰もが認める実力者の伊藤浩子さんが準優勝でした。そして、ゴルフを始めて苦節30年で、初めて100を切り感激に浸る宿谷勝巳さんが第3位でした。

プレー終了後の懇親会では、恒例の「一言ずつ・感想と反省」で全員が発言。最後に次回開催の場所と月日を決め、更なるリベンジを誓い、新たなチャレンジが始まりました。

ゴルフ部会幹事 熊野 紘征
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区白門会「総会」のお知らせ準備。

2017年05月21日 | Weblog
1か月半後に開催される、
中央大学学員会東京世田谷区支部の「第18回定時総会」。
その案内状の準備をしました。

場所は、キャロットタワー3階の生活工房。
馬場支部長と夫人の馬場幹事、そして増田幹事長の3人で作業。
数種類の印刷で2時間を要しました。

印刷終了後宅配業者へ届け、
後は「会報」の印刷待ちだけですが、今月末には発送します。
総会の大成功を祈るばかりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区から感謝状を頂きました。

2017年05月20日 | Weblog
世田谷区から、中央大学学員会東京世田谷区支部に「感謝状」を頂きました。贈呈式は、世田谷区役所第2庁舎の委員会室で行われ、馬場支部長と増田幹事長が出席しました。

世田谷区からは、この4月に就任した板谷保健福祉部長と職員の方々が多数出席してくださいました。贈呈式前に懇談し、支部活動の状況報告もしました。

内容は、「白門さぎそうチャリティーコンサート」の評価。募金などから毎年10万円を世田谷区に寄付していることと、障がい者団体が出演して喜ばれていることが高く評価されたものです。

世田谷区のパンフレットにも、「中央大学学員会東京世田谷区支部」と明記されていました。また世田谷区から、素晴らしい企画をいつまでも続けて欲しいとの言葉を頂きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度中央大学学員会協議員会&総会。

2017年05月14日 | Weblog
中央大学学員会協議員会と総会が、お茶の水の中央大学駿河台記念館で開催されました。東京世田谷区支部からは、支部長以下、朝倉副支部長、増田幹事長、鈴木副幹事長が出席。

総会前の講演会は、テレビでおなじみの中央大学経済学部教授の佐々木信夫で、テーマは「小池都知事と新しい東京の展開」です。最後に、小池知事を批判する質問も出ていましたが、無難な答弁をしていました。

休憩時間を挟んで総会が始まりました。最初の挨拶は学員会久野会長の挨拶。
続いて、理事長代行と酒井学長・総長があいさつに立ち始まりました。各種表彰と新支部へ支部旗(ソウル白門会支部他4件)の授与もありました。(写真)

議長選出の後、議題では、28年度の事業報告と決算報告。次々と質問に手を上げる方がいますが、議事進行が優先。続いての29年度の事業計画には、質問で多く議論が紛糾したのですが、時間いっぱいで、全て承認されて懇親会へ。

懇親会場では、久しぶりの再会で賑わいました。若松参院議員が初参加していて、様々な方と名刺交換し話が弾んでいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度会計監査と第1回役員会を開催。

2017年05月10日 | Weblog
緑が豊かになった季節。経堂地区会館第3会議室に於いて、世田谷区白門会の会計監査と平成29年度第1回役員会を開催しました。

午後6時から平成28年度の会計監査が行われ、会計幹事と監査の4名が出席し、支部長と幹事長が立ち会いました。詳細にチェックした後、全ての内容が承認されました。

午後6時30分からは、同じ第3会議室にて平成29年度第1回役員会が行われ、12名が出席しました。役員会の議題は豊富で、冒頭に馬場支部長が挨拶し、7月の総会に向けての検討事項から始まりました。

まず、平成28年度の事業計画を増田幹事長が報告し、同会計報告を堀之内会計幹事が報告。続いて鈴木監査が監査報告。また平成29年度の事業計画と同予算報告を幹事長が行いすべて承認されました。

続いて、中央大学学員会の協議委員推薦の件も検討しました。増田幹事長を初め、現在の4名は留任で、他に第3号協議員の4名が新しく候補として決定しました。

終了後は、有志による懇親会を久しぶりの居酒屋「天ん洋」に移動して行いました。おいしい肴と酒に大満足です。6月に、総会準備の第2回役員会を計画しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサートの出演団体へ挨拶に回りました。

2017年04月08日 | Weblog
3月に開催した、第17回「白門さぎそうチャリティーコンサート」。満席で感動のコンサートに出演していただいた各団体へ、御礼と記念品を持参して挨拶に回りました。

今回のあいさつ回りに参加したのは、馬場支部長、浮田副支部長と増田幹事長の3人で実施しました。移動は浮田さんの車です。

初めに「烏山福祉作業所」にお伺いし施設長と懇談。今回の出演で利用者の皆さんと一体になれたと喜んでいました。さらに、今回のことで他のイベントへの出演も決まったとのこと。また、今回のコンサートにお招きした近隣の方々との関係も良くなったとのことでした。

続いて「烏山中学校」に移動。午前中に入学式があったお忙しい中、校長室でモーニング姿の校長先生と懇談。出演した生徒たちが喜んでいた様子をお伺いしました。事前に卒業生でもある水津副支部長(学員会副会長)からも校長先生に御礼の電話が入っていました。

最後に、福祉施設「上町工房」にお伺いしました。この施設では、丁度、皆さんが作業中で、出演してくださった方々が集まって、記念品の写真額に大騒ぎです。そして、皆さんと記念写真も撮りました。

今回、世田谷区白門会から渡した記念品は、出演していただいた時の舞台の額入り写真と、中央大学の林常任理事からいただいた「チュー王子」を1個です。どこの団体からも喜びと感謝の言葉をいただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区白門会の第6回役員会。

2017年03月29日 | Weblog
平成28年度第6回役員会を開催しました。「白門さぎそうチャリティーコンサート」後、初めてです。コンサートの総括も含めての役員会です。

16名の役員が出席しました。増田幹事長の司会進行で、馬場支部長中心に議事を進行しました。まずはコンサートについてです。

収支報告、礼状、世田谷区への寄付などの報告。学員時報への投稿、世田谷区と教育委員会への名義使用など。最後に、全員から意見を述べていただきました。

コンサートの議題に続いて、学術講演会、大学評議委員推薦、7月の総会、会報などを検討。終了後、有志で懇親会を行いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回白門さぎそうチャリティーコンサートを開催。

2017年03月19日 | Weblog
中央大学学員会東京世田谷区支部のメイン行事の一つ、第17回「白門さぎそうチャリティーコンサート」を烏山区民会館ホールで開催しました。

このコンサートは3部構成になっていて、第1部「福祉コンサート」は区内の福祉施設利用者。第2部「白門コンサート」は、中央大学音楽研究会から。そして第3部「地域コンサート」は、世田谷区内の小中学生の出演となっています。

今回の中央大学音楽研究会は「マンドリン倶楽部」が出演。福祉施設からは、上町工房と烏山福祉作業所の皆さん、そして中学校からは、世田谷区立烏山中学校吹奏楽部でした。舞台監督は、馬場支部長が全て取り仕切りました。また、音響を担当した萩田幹事は音響のプロです。

開場1時間前から多くの方が来ており、開演の時には満席となり立ち見の方も出るほどです。総合司会を担当するのは、声優の武田佳子さんです。初めに主催者を代表して、烏山中学校の卒業生でもある水津正臣副支部長(学員会副会長)が挨拶をしました。

冒頭の出演は福祉施設の上馬工房で、美しい衣装をそろえてくださったフラダンスです。何曲も踊ったのですが、その都度大きな拍手が起こりました。

続いて烏山福祉作業所の皆さんが、舞台狭しと50人も登壇して楽器の演奏と歌を披露してくれました。今回が3回目の出演です。初めて出演した時は踊りだけでしたが、中央大学の演奏を聴いて「私たちも楽器の演奏をしたい」と話していました。その夢が実現したのです。

そして中央大学音楽研究会「マンドリン倶楽部」の出演です。見事な演奏に「マンドリンて、良いですね」と会場を魅了していました。最後の演奏「プレリュード2」に拍手が鳴りやまず、アンコール曲も演奏していただきました。

最後の登壇は、烏山中学校吹奏楽部の皆さんです。前日に卒業式があり、今回は1年生と2年生だけの出演でしたが、一生懸命練習した成果が出ていました。中央大学の林常任理事から、吹奏楽部全員に「チュー王子」(中央大学のマスコット)がプレゼントされました。

全てが終わったのですが、再度「マンドリン倶楽部」に登壇して演奏していただき、会場全員で「ふるさと」を大合唱しました。

会場の外では、上町工房と烏山福祉作業所の自主製産品販売コーナーを設け、全て売りつくされたほどです。また、チャリティー募金箱にもご協力いただきました。この募金は、世田谷区に毎年寄付をしているのです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区白門会第5回役員会。

2017年02月21日 | Weblog
コンサート開演を1か月を前にして、世田谷区白門会の第5回役員会を経堂地区会館で行いました。 出席者は支部長以下16名でした。

馬場支部長の挨拶に続いて、「白門さぎそうチャリティーコンサート」の現状が報告され、 続いて細部にわたって検討を進めました。

各出演団体の控室や時間帯、楽器の搬入や舞台での必要備品、リハーサルの時間帯など。今回は、駐車場が少ないので大変です。

世田谷区の広報は3月1日付。また、手分けしての公営掲示板への張り出しは全員で実施へ。更に当日の役割分担も検討しました。

小高副支部長からはマシュマロの土産について。今回は大学からも「チュー王子」のキャラクターの寄贈があり、幹事長の私から報告しました。

全ての打ち合わせを終えて、高齢の懇親会をするために、居酒屋「天ん洋」に移動しました。参加は7名でしたが美味しい酒と肴に酔いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学員会「白門ミーティング 東京ブロック」。

2017年02月19日 | Weblog
全国7か所のブロックで行われた中央大学学員会の「白門ミーティング」。東京ブロックは、京王プラザホテル3階で開催されました。

23区と三多摩地域の各支部代表が集い、大学からは酒井総長・学長、林勘市氏ほか3常任理事が出席。学員会からは会長と副会長が多数。

会長と総長・学長の挨拶に続いて、各支部からの意見や要望、苦言や提案などが様々でました。3時間にわたる大ミーティングでした。

中でも「箱根駅伝」の話題が多くありました。また、新学部や二大キャンパス移行への考え方についての質問、学員会会長選挙や大学経営についても話題が広がりました。

世田谷区支部を代表して出席した増田幹事長からは、世田谷区支部が支部創立以来続けている「白門さぎそうチャリティーコンサート」の目的や、いかに中央大学に役に立っているかの話でした。

集合写真を撮ってから43階へ移動。懇親会での交流は、23区と三多摩合同は初めてなのです。写真は、林常任理事と水津副会長と増田幹事長の3ショットです。

林常任幹事から、「白門さぎそうチャリティーコンサート」に出演する中学校吹奏楽部の皆さんへのプレゼントも約束してくれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャリティーコンサート会場の下見。

2017年02月14日 | Weblog
世田谷区白門会で烏山区民ホールに行きました。「白門さぎそうチャリティーコンサート」会場の下見です。参加は出演団体と実行委員の皆さん。

初めに会場の係りの方と馬場支部長を中心にして打ち合わせ。出演4団体の必要機材や設営に関する事項を決めました。セッティングの関係で出演順も変更。

また楽器運搬や控室の割り振りも決めました。そして、リハーサルも含め本番を想定しての流れも話し合いました。音響や照明の係りとも細部に打ち合わせです。

打ち合わせ終了後に控室も確認。ホールの控室は小さいので、区民会館の会議室も使用します。ただ、飲食や音出しが出来ない不便さがあります。

舞台に登ってのセッティングも確認。受付や福祉団体の自製産品販売の場所も確認しました。約2時間の下見を終え、後は20日の役員会で決めます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加