Seta家のナナな~な日々

Seta家のニューフェース「ナナちゃん」
天真爛漫 青い森のナナちゃん
笑いと癒しの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Seta家

2017-01-03 | セタママ

明けましておめでとうございます

 

久々の更新です

昨年は 喜怒哀楽 いろいろな出来事がありました

出会い  

そして 別れ 

 

セタは 年が明ければ8歳になります

シニアエイジになり運動能力・身体機能も徐々に低下していくことでしょう

年老いたセタが少しでも快適に暮らせるようにと思い

ここ2~3年 家を探していました

今時の新築の家は高気密・高断熱こ住宅 なにかと快適ですよね

でも新築って 床や壁などに傷がつくのは嫌ですよね

なので セタが暴れても 柱を噛んでも(今では噛むことはありませんが…)

ドアをノックして 爪で傷がついても 気にならない

お庭のある中古物件

去年の3月頃 見つけました

決して安い買い物ではありません 

リフォームも かなり必要です

お家の外観写真を見て とても気になる物件でした

なんども 現地に足を運びました

まだ人が住んでいるので 中を覗くことは出来ませんでしたが…

手を加えれば 素敵になる

よく夢に出てきたお家に似ています

 

初夏になり 仲介業者を通し 何度も協議

このお家には猫が何匹も住んでいて

飼い主さんは 爪とぎも好き放題にさせていたようです(笑)

想像以上でした 

お家が古くなると こんなものかな  

 

リフォーム費用が… 大丈夫かしらこの家 不安不安

でも セタがお家の中で遊ぶだけのスペースは十分あります

リフォーム    壁紙くらい自分で貼ればいいさ

友たちに手伝ってもらって 自分で出来るところは直せば 材料費で済みます

いま流行りのDIY 得意分野だもんね

購入を決めました

 

( ⇑ 外壁屋根の塗装を終え 綺麗になりました )

 

 以前、ブログに書いたことがありますが

セタはモンキードッグとして活躍中

私的な事情があり、セタを預かってもらっていました

お家に帰って来るのは 年に3回ほど

各一週間ほど帰省し、お仕事に戻っていきます

 

家の購入を機に モンキードッグを引退し自宅に連れ帰ることを打診

二年間 セタをお世話して下さった〇〇家にとっては

セタは大切な家族になっていました

「 最期まで面倒をみます 」

今までは セタに掛かる費用は すべて私が負担していましたが

 今後は 〇〇家が負担をしてくださるとのこと

訓練士さんとも何度か相談しました

 

セタを手放したくない

でも 今までお世話になった〇〇家には セタを必要とする人たちがいます

セタはどちらを選ぶ?

君の答えが訊きたいよ

 

苦渋の選択  セタを連れ戻すことは諦めました

 

セタと一緒に住むはずのお家 

広いお家に一人で住む?

 

いつまでも 空家を放置しておけません

 本来なら リフォームを終えて 最後の仕上げとして塗装なのですが

初雪が降る前に 外装の塗装をしてもらい

 庭師さんには 植木の手入れをしてもらいました

 

 

( ⇑ 敷地に柿の木があります。春先に見た時には何の木か分かりませんでした

夏になり実をつけているのを見て とても嬉しかった

柿の木があるなんで素敵 

後ろのお家はお隣さん家です )

 

リフォーム内容などは ゆっくりと時間を掛けて検討し

12月に入り 少しずつ家の中のリフォーム開始

水回りは すべて交換

床の借り換え 壁紙交換(素人が張り替えるのは難しい場所は業者依頼)

その他 電気工事など 

お風呂やキッチンなどの水回りが取り除かれ

古い床が取り除かれ 建材に隠されていた骨組みが観察できるようになり

なかなか 興味深いものでした

お風呂場などに シロアリさんの痕跡も見られず 一安心

このまま追加工事が発生しなければいいのですが…

作業は2月いっぱい掛かるようです

お引越しは4月かな

 

私自身どうしても 手掛けてみたい事業(活動)があり

相棒として犬を飼うことにし セタと出逢いました

セタは私に多くの物を与えてくれました

素晴らしい相棒です

 

諦められない想い 諦めてはいけない夢

 

この家を拠点として もう一度挑みます

 私自身のために 今まで支えてくえたセタのために 

 

多くの方が集い、心地よく過ごして頂ける家になりますように

 

 

新たにブログを開設しようかとも考えましたが

いつでもセタとの想い出を辿れるよう このブログを続けることにしました

タイトルは いずれ変更する予定

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安比高原の想い出 お食事 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿