夕焼け金魚 

不思議な話
小説もどきや日々の出来事
ネタ控えです

自分史

2017-06-14 | 日記
不動産の掃除という仕事は、楽なようで意外としんどいようで、人の出入りが多いのです。
昨年の忘年会で知り合った人達で、今年の歓送迎会に出てくる人は半分でしょうか。
大きな会社じゃありませんから、掃除する人も5人ほどなのですが、半分は変わってしまいます。
お歳ですから病気になる人もいますが、体調狂わせてと言う人が多いです。
それと、仕事がつまらないと言ってお辞めになる方も。
金魚的には、いまさら仕事に面白みを求めるのが、と思いますけど。
それでも一瞬のお付き合いの人でも印象深い人はいます。
今年の歓送迎会で一緒に飲んだ方で、普段は寡黙な人が、なぜか饒舌になって楽しんでいた人がいました。
「金魚さん、人生って面白いね」ってなぜかそんなことばかり言うのです。
そんなに面白いもんじゃないと思うのですけど。
そんな彼が会が終わることに「これで金魚さんともお別れです。変なやつがいたとチラッと覚えていただければ嬉しいです」と涙ぐむのです。
その人は元会社の役員で綺麗な奥さんがいるのです。この手の話は私の耳に良く入ってきます。
立志伝中の人物だと聞いてますけど、会社内での内紛というか、権力争いに敗れて追い出されたようです。
会社も彼のような優秀な人を追い出して、そのままというわけにはいかず、じり貧になって結局銀行に乗っ取られたという話です。
あのまま彼を採用していたらと思わざるを得ないので、そのことを聞いてみたのです。
「仕方ないのです。決まっていたことですから」と彼は答えたのですが、何が決まっていたのか分かりません。
その彼が、本当に突然ですが亡くなってお葬式に行ってきました。
あんな元気な人だったのに、突然、倒れられてそのままだったそうです。
普通、こんな風に倒れて亡くなると家族の方は、あたふたとして大変なものなのですが、彼の奥様はまるで知っていたかのように、テキバキと段取りを取られてお葬式を出されたのです。
彼の奥様、噂どおりのお綺麗さで、喪服を着ておられたので一段とお綺麗でした。
会社からいくらかの弔慰金や私物があったので持って行けと言われて、奥様のところに行ってきました。

喪服も良いですが、普段着も素敵な奥様でした。
挨拶して、お焼香して、私物や弔慰金を渡して一応受け取りもいただきました。
会社から出ているので、受け取りいただかないと後の処理ができないのです。
そんなに親しくしていたわけじゃないのですけど、歓送迎会のことが思い出されてそのことを話したついでに、お葬式の段取りの良さを話しました。
すると「分かっていましたから」と答えられたのです。
「突然、倒れられたのにですか」と聞くと「はい、倒れるのも知ってましたから。この病で亡くなるという事も」と言われるのです。
奥様曰く、彼の自分史に葬式の段取りまで書いてあったので、その通りにしただけと言われるのです。
言われることが、よく分からなかったのですが、どうやら自分史という物が書いてあって、そこに葬式の段取りまで詳しく書いてあったというのです。
「もう何年前か、会社から出ることになった時にその自分史を見せられて、今後の事も全部この通りになるから、覚悟しておけと言われました」
「そんな、奥様、それ信用したのですか」
「だって、それ以後は本当に自分史に書いてあるとおりの事が起こったのですから。あの日も倒れることをあの人が言って出かけましたから」
「倒れること知っておられたのなら、その先に病院に行くとかなさったら」
「しました、でも何もありません、健康ですとお医者様に言われましたから」と奥様が言われるのです。
「よく分かりませんが、あの人の人生はこの自分史のとおりだったそうです」
物心ついた頃から、この自分史のとおりの人生を送ってきたそうです。
「そんなことがあるのですか」としか言えませんでした。
「それで、彼の自分史の最後に貴方のことが書かれているのです」と言ってその部分を見せていただきました。
ほんの数行のことですが、それは奥様と私のことでした。
彼の自分史に私の名前があったという事が、もう不思議です。
本当に、あの歓送迎会ぐらいしか、彼とは接点がなかったのに。
その後に、実は奥様も自分史と言うノートを持っておられて、見せていただきました。
何が書かれていたかは、秘密です。
女の人って、時々思いもかけない大胆なことをなさるときがあります。
きっと何かきっかけがあって、背中を押して貰ってなさるのでしょうね。
日記とか、自分史とかに書いてあったとか理由を付けて。
奥様と金魚の間に何があったかなんて、ここで書けませんから。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロNOサービス | トップ | 老夫婦の会話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。