夕焼け金魚 

不思議な話
小説もどきや日々の出来事
ネタ控えです

生き霊になった女の子の話

2017-07-17 | 創作
「金魚さんって見えないものが見えるって本当ですか」と聞かれました。
この手の話方をする人には近寄らない方がいいのです。
「見えないものは見えませんよ」と答えたのです。
「私、先日の花火大会の時、見てはいけないものを見て、それがとても怖くて」と言うのです。
「そんなこと言われても」と言ったのですけど、私の言うことなど全く聞こえないような感じで、話し出しのです。
彼女の話はこうでした。
一週間ほど前に、女の友達と一緒に浴衣を着て、花火大会に行ったそうです。
みんなでキャーキャー騒いで、大会後に帰ろうとしたとき、急に周りが暗くなって静かになってしまったというのです。
どうしたのかなと周りを見てみると、目の前に彼氏が見えたので近づいていったというのです。
彼氏は田舎に帰っている筈だと思っていたのですけど、急に目の前に現れたのでうれしくなって近づいたというのです。
ところが近づいてみると、彼氏の横に綺麗な女の子がしかも彼の手を掴んでいたというのです。
思わず「何してるの」と声を上げて彼氏の頬を思いっきり叩いてしまったというのです。
叩いた手が痛いと思ったら急に周りが明るくなって「どうしたのよ、急に黙り込んで」と言う友達の声がしたというのです。
でも、そのときも叩いた手が痛くて、それよりも彼氏が女の子と一緒にいたという方が心に残ったというのです。
でも、彼氏は田舎に帰っているのだし、会えるわけもないので夢でも見たのだろうと思っていたというのです。
3日後に急に彼氏から電話があって、会いたいというので会いに行くと彼氏は大きなマスクをしていたというのです。
「もうしないから、お願いだからこの手形消してくれ」と頼まれたそうです。
何のことか分からなかったのだそうですけど、彼氏がマスクを外すと頬に手の平の痕が赤黒く付いていて、彼女が手を合わせると全く一致したというのです。
「金魚さん、私どうしたらいいのでしょうか」と聞いてくるのです。
「その彼氏とは、どうなったのですか」と聞くと「もう、なんとも思ってません。あんな浮気な奴、もうどうでもいいです」と言うのです。
「なら、放っておけばいいですよ」
「彼の頬、直るでしょうか」
「どうでもいいでしよう、あなたと関係ないのだから」と言うと急に明るい顔になって「そうですね、どうでもいいですよね」と言うのでした。
「お話しできてありがとうございました」と言って元気よく階段を下りて学校に行かれてようです。
彼女が階段を下りて、姿が見えなくなっても私は緊張でその場に立ちすくんでいました。
久しぶりです。冷や汗かくほどのすごい子にあったのは。
彼女、全く気づいていませんけど、私の知っている神社の巫女さんほど強い力を持っていたのです。
彼女に後ろに真っ黒な影のような女の子が立っていて、赤い目をして私を睨んでいたのです。
あの怒りの影は誰彼かまわずに襲いかかってくるような雰囲気がありました。
彼氏への怒りは彼氏だけに向けて欲しいと思います。
彼氏の頬の傷ですか? 
もう消えてますよ。
手形は彼女のマーキングだから、彼氏への思いが消えれば消えますから。
女の感とか言ってますけど、本当に浮気現場に彼女が現れることがありますから、十分注意してと言うか浮気はしない方がいいですよ。
命がけになることが本当にありますから。
すてきな彼女を持ったと喜んでいるあなた、お風呂に入ったに体をよく見てくださいね。
こっそり彼女の手形が付いていたりして。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竪町の鼠憑き | トップ | 夢見る金魚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。