夕焼け金魚 

不思議な話
小説もどきや日々の出来事
ネタ控えです

新築そっくりさん3

2017-07-13 | 日記
前回のリフォームから3年ほど経って、実は玄関やトイレなどを再度リフォームして貰いました。
実は前回も玄関もして欲しいと言っていたのですけど、設計の人が玄関はまだまだ使えるので経費を抑えるためにも次回にしましょうと言われていたところです。
実は3年目に近所で新築そっくりんでリフォームしたところの内覧会があったのです。
そこの玄関が引き戸で私も玄関をどうしてもリフォームしたかったところなので、見に行って3年前にして貰った事を話してきたのです。
「今度は玄関を考えてますが、玄関だけだと新築そっくりさんは安いのでしないでしょう」と言ったところ「前にリフォームしたところでしたら優先的にさせていただきます」と言っていただきました。
前に新築そっくりさんでしたのに、今度は別の業者となると、まるで前回のリフォームが悪かったような印象を与えるのを心配したかなと、勘ぐってしまいましたけど、していただけるのでしたら問題ありません。
前回設計していただいた方が再度来ていただいて、玄関やトイレ回りのリフォームをしていただくことになりました。
「3年経ちますが他に問題は」と言われて「実は」と切り出しました。
前回、断熱材を入れて張り替えた床が冷たいのです。
断熱材をたっぷり入れてあるというのに、床で横になると冷たくて、しかも3年経って変色しているところがあったのです。
「断熱材たっぷりと言われたのに、冷たいよ」と言うと「そうですね、なぜかひんやりしますね」と言う返事がありました。
床材はパナホームの物で廊下、寝室、応接間に同じ床材を張って、リビングだけ床暖房の関係で別の床材が張ってあったのです。
「変色するのもおかしいし」と言うと「床材が水分を含んでいるのでは」と言う答えがありました。
正直こんな事を言う工務店の人はいないと思います。
「実は、この床材で何件かクレームが来ているのです」と言うのです。
北陸地区ではないのですけど、他の地区でパナホームと問題になっているというのです。
通常、床材のクレームに対しては工務店が責任を負うことは無いと思います。
法律的に言っても瑕疵担保は床材メーカーにあって、それを張った業者はメーカーに言ってくださいと逃げるのが普通です。
ところが新築そっくりさんはパナの建材メーカーの担当者を呼んで、一緒になって床材のクレームを言ってくださったのです。
しかも、床の張り替えをしますと言って前回貼った床材を全部剥がして、張り直してくれたのです。
正直、床の張り替え代は請求されると思っていましたが、これはクレーム処理として無料にしますと言われました。
正直、このときは大手の工務店にに頼んで良かったと思いました。
単に工事費が安い高いで選んでたら、絶対に張り替えなんて事はしないと思います。
実は、不動産屋に勤めてから、他の工務店さんにこの話をしたら、凄いと言われました。
うちでも張り替えはしますが、その時は代金は頂いて、それをメーカーさんに請求してくださいと言うことになるのです。
もちろん、請求してすぐに払うわけはありませんのでも裁判をしなければならないと思います。
面倒だし、請求金額そのまま認められることはまず無いので、良いところで七割ほど補償されて、裁判費用を考えると半分くらいとなるのが相場だそうです。
この床材のクレームは他にもあったそうで、新築そっくりさんでない工務店さんはメーカーに相談くださいと言ったそうです。
新築そっくりさんに床の張り替えを頼まれて「うちだったら無料で張り替えたのに、実際張り替えたお宅ありますから」と言ったそうです。
やっぱり、新築そっくりさんにして良かったと、自分の工務店選びがよかったと実感した事例でした。
ちなみに、張り替え費用はと聞くと「お安くは無いですから」と言われてしまいました。

今度、7年経ったのですが綺麗に使って頂いてあるというので、再度内覧会することになりました。
実は、近所でリフォーム流行なのです。
お隣さんがバリアフリーのためにリフォームをしています。
少し離れて家で、一階部分のリフォームが始まっています。
二件隣の空き家が取り壊して、新築するようです。
3年間、空き地になってた二件隣の空き地で地鎮祭をして、新築工事をするようです。
もう少し離れた町内でも、三件ほど新築やリフォームの工事に入っています。
新築、リフォームの工事ばかりで少し景気良いのかなと思っています。
時間のある人は、7年目の完成内覧会を行いますので見に来てください。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AIロボペット | トップ | 管理人は大変なのです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。