夕焼け金魚 

不思議な話
小説もどきや日々の出来事
ネタ控えです

不幸な家

2017-06-02 | 創作
私どもの物件ではないのですけど、入居者がなぜか不幸になる家というものはあるようです。
入居者が倒産して夜逃げしたとか、入居してすぐ夫が病死したとかあるとそのような噂が立つものです。
倒産も病死も時々ありますけど、入居してすぐにそのようなことがあると噂になります。
「金魚さん、事故じゃないのだけど運の悪い家ってありますか」と不動産屋に聞かれました。
「それは、あるかもしれません。風水とか色々あるじゃありませんか、そんな人に頼んだら」
「色々やったのだけど、なぜか入居者が不幸になっちゃうのですよ」
「何があったのですか」
「私の知った不動産屋の物件で、なぜか倒産したり、旦那が病死したりするのですよ」
「たまたまじゃないのですか」
「それが、最初はレストランを経営していたのが、その家を買って三ヶ月後に食中毒を起こして、倒産したのです。次が、会社重役の方でしたが、入居後2ヶ月に会社から転落して亡くなったのです」
「それくらいなら、たまにあるのでは」
「ええ、二件ならたまたまと思いますが、次に入った人は新婚さんだったのにその方も旦那様が事交通事故で亡くなったのですよ」
「最初が食中毒で次が事故死ですか」
「ええ、大家さんも気になって、色々やったというのですけど、一度調べていただけませんか」と言うのです。
私は占い師でも祈祷師でもないので、運の悪い家を直せと言われてもねぇ、どうしたら良いのでしょうか。
この不動産屋、本当に時々無茶振りしてくるのです。
きっとその知り合いの不動産屋からいくらか貰っているに決まっているのだから。

問題の物件は郊外の高台にある家でした。
最近の家みたいでカラフルで家相的に見て悪いことはないと思います。
家相の悪い家はやっぱり、病気気味になったりすることがありますからご注意ください。
別にどこも悪いところはないように見えたのですが、裏に回ってびっくりした。
山で寡婦ラッパと呼ばれていた危険な木が植えられていたのです。
この樹が生えている家は夫が早死にすると言われている樹なのです。
詳しくは分かりませんが、この樹の花粉を嗅ぐと最初に味覚がおかしくなり、次に精神を病んで幻覚や幻聴を起こすと言われています。
この樹の花がラッパの形状をしていることから付けられた名前のようですが、ハーブの一種ではないかと思います。
でも、どうしてこんな樹が此処に植えられているのだろうと思って、お隣の人に聞いてみたのです。
「あの樹はいつ頃からあるのですか」と聞くとレストランの奥さんが植えたというのです。
「変わった花が咲くから、気に入ってたようで、次に来た人もあの樹を見て此処に決めたそうですよ」
「次に家を買った人は、あの樹があるから買ったというのですか」
「そうですよ、その次の人もあの樹を奥さんが気に入って此処に決めたと言いましたから、私も気に入っているのですが、夫はあの花見ると気分が悪くなるって言うのです」
「そうでしたか、おばぁさんはなんともないけど旦那さんは気分が悪くなると言うのですか」
「ええ、できれば気分が悪くなるだけでなく、そのまま行っていただけると嬉しいのですけど」と言ってヒッヒッヒッと歯のない口で笑ったのです。
「本当にそう思うのでしたら、旦那さんに死んじゃえばって言ってみれば良いですよ」
「そう言ったら、本当に死んじゃうのですか」
「もしかしたらね」と言ってその場から離れました。
どうしてか、男だけに作用する毒の花粉をまき散らす樹なのです。
その毒に犯されているときに、死んでしまえとかいわれると、その指示に従わなければならないような気になると言われています。
帰って不動産屋に確認すると、家を買った人の奥様の名前はなんとなく、山の出身者のような気がしました。
山の出身者だったら、あの樹のいわれを知っている筈です。
レストランのご主人も食中毒を起こした後、事故死しているそうです。
いずれの方々も高額な保険に入られていたのですが、いずれも事故死に間違いがないので、問題になることなく保険金は支払われたようです。
不動産屋には、その樹が家相を悪くしていると言って切り倒して貰いました。
もちろん、私は行きませんよ、そんな毒に犯されたら大変ですから。
切り倒したのは不動産屋、不動産屋の奥様にあの樹の謂われ言ってみたい誘惑に駆られましたが、自分の職を奪いかねないので止めました。
ちなみに、あの家のお隣の旦那様が交通事故で亡くなったと聞いたのは、樹を切り倒した翌日でした。
旦那様にとっては不幸な家かもしれませんが、奥様にとって幸福な家だったかもしれません。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若い人は色々あるようです。 | トップ | 昼休みで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。