ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

剃り跡が気になる><

2017-06-14 12:28:56 | 日記
実際に人生で初めての施術に行ってきました。背中やOライン以外の自分で処理できるところは事前に剃って行きます。
仕切りは壁ですが、出入口はカーテンで仕切られた個室に脱毛用のベッドがありました施術を受ける時は小学校のプールで使ったような巻きタオル1枚に着替えます。

私が申込んだのは回数制のプランなので、1回で2時間かけて全体を仕上げます。脱毛器の購入時の注意点は、危険性はないか、使いやすいか、購入後のサポートは充実しているかの3つです。



どれほど脱毛効果自体には満足できても肌荒れや火傷を起こしてしまうような脱毛器は使用することができないので、購入に際しては安全性に注意してください。脱毛器の取扱の方法も購入する前に吟味しましょう。購入後のサポートがしっかりしていると想定外の事態に陥った時に安心です。脱毛器を買う場合、注意するのが価格ですよね。
あまりにも高額なのであれば、エステやクリニックに行った方が安く済むかもしれないので、確認したくならない人はいないはずです。
脱毛器の価格は5万円~10万円ほどとなっているでしょう。



廉価なものだと1万円台で買うこともできます。
ただ、度を超して安いと脱毛効果が薄い傾向があります。デリケートゾーンの脱毛を脱毛サロンですると、キレイに仕上がる上に、肌トラブルが起きる可能性も低いです。
しかし、脱毛サロンの全てがデリケートゾーンの脱毛が出来るわけではないのでHPなどで確認してから行きましょう。デリケートゾーンの脱毛を恥ずかしがる方もたくさんいますが、同性同士ですし、プロにしてもらったほうが安全です。アンダーヘアの脱毛については、2回くらい全部あてて毛を細くして、3回目から形を整えていくことをおススメされましたので、正直、今はちょっと人に見せるには恥ずかしい状態です。(チクチクしますが。。。ガマンガマン。





笑)でもキレイモで脱毛している人は、こんな状態を経験しているんですね。
多くの脱毛サロンに並行して行くことはむしろアリです。


どこの脱毛サロンも掛け持ちしてはいけないという決まりはないので、全く気にする必要ありません。


実際は、掛け持ちをした方がコストを抑えて脱毛できます。各脱毛サロンで料金を変えているため、価格差を上手に利用してみてください。

シースリー 札幌

でも、色々な脱毛サロンに掛け持ちして行く必要があるので、労力が必要になります。

キレイモでプレミアム美白脱毛するためには、WEBでカウンセリング予約をした後、実際に店舗に行き、初めに無料カウンセリングで説明を受けてから脱毛、お手入れすることになります。
キレイモはどの店舗も駅から徒歩数分の場所にお店がありますので非常に通いやすく人気があります。


脱毛処理を複数個所に行いたいと希望している人の中には、いくつものエステで脱毛している方が少ないとは言えません。
脱毛を行うエステを部位によって変えることで、少ない金額で済ませられることが多いためです。一方で、エステを掛け持ちすると面倒も増えますし、必ず費用が抑えられるわけでもありません。


値段を比較し、脱毛の効果をよく調べて、掛け持ちの上級者になりましょう。脱毛サロンでの脱毛が、期待していた程ではなかったという声を聞くこともあるのですが、有り体に言って1~2回施術を受けたところで驚くような効果が出る、ということはないのです。3~4回の施術を終えてからやっとはっきりした効果が見られたというケースが大多数で、つまり時間がかかるのです。


それに、脱毛サロンのそれぞれで使用する脱毛用の機器も違うでしょうから、効果にも当然差が出るものと思われます。

出産がきっかけになり、就園就学前の小さいお子さんを連れてサロンに通いたいと考える女性も一定数存在するわけですが、小さい子供連れで利用可能という脱毛サロンはごく少数です。カウンセリングすら子供連れの場合は不可という脱毛サロンもあるでしょう。



しかしながら大手を避けて中小規模のお店を探してみると、子供を連れてきても大丈夫というところはありますし、例えばショッピングモールなどの大型商業施設内にあるお店でしたら、施設付属の託児スペースを利用することができるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女の子に必要なメンテ | トップ | 綺麗なお肌を手に入れたい人必見 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。