ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

綺麗なお肌を手に入れたい人必見

2017-06-15 21:35:23 | 日記
冷たいジェルを使用しない代わりに、照射面が-4度でフラッシュを当てる一瞬の間「気持ちいい」と思える冷たさです。


光脱毛はレーザー脱毛に比べて痛くないのですが、脱毛場所によっては光脱毛でも少しチクッと感じるそうです。

でも脱毛マシーンの先端部分が冷たいお陰で脱毛施術の痛さを全く感じずに済みました。医療脱毛は安全だとされていますが、それだからといって全然リスクがない訳ではありません。
医療用脱毛でも、火傷、ニキビや毛濃炎などの危険が伴います。


医療脱毛以外にも、こういった危険はエステ脱毛でも起こりうるものです。
脱毛をする場合は、ちょっとでも評判がいいところで施術をしてもらってください。脱毛の照射が終ると、スリム効果のある「スリミングジェル」を塗ってもらえるのですが、これがただ単に塗るだけではなくしっかり染み込ませる様に塗りこんでもらえるので、気持ち良すぎるぐらい気持ちよくてマッサージに来ているような感じでした。脱毛翌日もお肌がプルプルしてて、保湿効果を感じてまたすぐにでもキレイモに行きたくなりました。
一昔前の脱毛は、「ニードル法」といわれる針で毛穴を刺激するものなど、痛みを伴うものが多かったです。
ですが、近頃の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれる方法です。



人によって違いがありますが、フラッシュ脱毛なら少々ちくっとする感じで、あまり痛いとは感じません。
ただ、Vラインのような毛が密な部分は少しその痛みが強くなります。
初めの無料カウンセリングの際、私がすごく迷ってしまったためにどの脱毛コースにするか決めるのにとても時間がかかったのですが、それでも嫌な顔一つせず親身になっていろんなプランを考えてくださいました。脱毛施術中も会話が楽しくてあっという間に2時間が終わりました。


キレイモは担当制ではありませんが気に入った人について貰った場合、次回もその方を担当にしてもらうことは可能とのこと。特にデリケートゾーンをいろんな人に見られたくない場合にもいいですね。



キレイモで脱毛する前はカミソリの処理により皮膚が傷ついて乾燥肌になってしまっていたようですが、全身脱毛を始めてから実際に自分でもよく分かるほど肌全体の潤いが戻ってきました。


キレイモにはお試し体験コースがないのですが、現在、初回0円のキャンペーン中なので最初の9500円無料です。月額コースで申込み2回ほど通うことで上半身・下半身1回ずつ脱毛できるので、一度通ってみるのも良いと思います。

シースリー 札幌

脱毛エステをやってもらったとき、場合によると火傷してしまうこともあるという噂があります。
脱毛エステでよく使われている光脱毛は、黒い色素に反応が働くため、日に焼けている場所、シミが濃い場合などは火傷することも考えられます。

日焼けやシミの濃い部分は控えて行いますが、なるべく日焼けしないよう気を付ける必要があります。少し前に、知り合いと一緒に脱毛サロンに気になる毛を抜きに行ってきました。体験してみたくて行ったんですが、どれを試したらいいかメニューを聞くと、全身脱毛コースを勧められました。

サロン自体も綺麗な内装で待ち時間もいい気分で過ごせました。
施術も素晴らしく、店員の愛想も良く、大変魅力的な内容でした。これから永久脱毛を始めたいと計画している方の中には永久脱毛するにはどれほどの時間がかかるか見当がつかない方も多いのではないでしょうか。

永久脱毛を終えるまでの期間は、その人の発毛周期が関係してきますので、絶対にこれくらいの期間で完了するという事は言えません。

併せて、脱毛に行く頻度にもよりますし、ムダ毛の量も関わり、異なってきます。昨今、脱毛サロンで脱毛を試みる男の人も増える傾向があります。


みっともなく思われてしまうことの多い胸毛やお腹に渦巻くムダ毛、スネを真っ黒に覆い隠すほどのスネ毛、顔のヒゲを処理してしまって、周りの人に清潔感あふれるイメージを印象付けられるようになることは確実です。


ですが、カミソリなどを使って自分で処理してしまおうとするのは肌のトラブルを呼ぶことになりかねませんので、脱毛サロンに通ってプロの手を借りた方が間違いがありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 剃り跡が気になる>< | トップ | 脱毛に行ってきたよ~(*´▽`*) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。