sessanta始まりの朝

独り言、
子育て終わった二人暮らしの夫婦
人生、残り半分?如何に生きましょうか

期待

2017-11-24 22:24:18 | 日記


思いつくまま、、、



期待すると

かなわなかった時

かなわなかった原因が

自分にある

のが

必要だと思う。



最近私の
周り
での


エピソード


60歳過ぎると
退職の
タイミング

想定している。



会社の
規約で
決められた
65歳退職


でも
早期退職もあるし
延長もある


それは
会社との

話し合い

会社の業績
只今の会社の状態


私の
勤める
零細な企業では

話し合い

色々ある。



だが、
自分の権利を
主張
するのって
難しい。


分かって
くれているだろう。

だって
今の状況なら、、、

などと
都合よく考えがちだ。



それは
自分の都合目線



双方の
考えを
それぞれの立場で
意思を
伝えないといけない

と思う。



このエピソードは

従業員が
まだ
勤められるだろう



期待して

かなわなかった、、、



従業員は
会社に
裏切られた

これまでの
自分の成果を

認めてもらえなかった






悩んだ。


というエピソード。




よくよく考えて
みたら、


当然
そうなるだろうと
あぐらなど
かかず

自己主張
するべきだった

思わずにいられない。


日本人は
おくゆかしい?
と言うか
権利の主張は
恥ずかしい?


そんな
気分が
私にはある。


戦わずして
諦める。



諦めただけなら
良いが、


会社が
自分を認めてなかっただとか

裏切られただとか

自分に非がない
とばかり
会社批判する。



だから、

自分の事は
自分で守らなきゃ

期待するのは
誰かが
してくれるのを
待つ

状態

待ってるだけじゃ
駄目だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほめられて育つおばあさん | トップ | 老後の資金は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事