sessanta始まりの朝

独り言、
子育て終わった二人暮らしの夫婦
人生、残り半分?如何に生きましょうか

2017-06-18 12:35:57 | 日記


私には
実家に母がいる。

父は四年に亡くなった。

実家へは車で15分で行ける。

母は87歳で認知もなく元気だ。
とてもありがたいことだと思う。

週一にデイサービスに行って
週末に弟が泊まっている。

私は
病院の付き添いや
買い物

折にふれ
遊びに行って話をする

基本は独り暮らし


独り暮らしさせていいのか
ここ2、3年
悩んだ。


父が亡くなってすぐは気丈だったが
身体の機能も落ち
寂しさや心細さで
鬱じゃないのかと心配して
一人でいるのは駄目ではないかと、、


一人で住まわせている
罪悪感を持っていた私。
声をかけ
外出に誘い
独り暮らしにメリハリをつけて
元気でいて欲しい。
自分本位な思い込みを押し付けて

母が望むことに
耳を傾けるのが嫌だった。
身体がしんどいとか
歩くのが遅くてつらいとか
テレビを見ていても
涙目で見にくいのとか

母の弱音を聞きたくなかった。



高齢なのに
何故
母に対しての思いやりが持てないのか?


赤の他人のおばあちゃんには
思いやりを持って
話を聞いてあげられるのに



「責任」


が違うから


責任がないから
何とでも聞いてあげられる。
責任があるから
言葉が重く堪える。

母はただ
弱音を
娘の私に吐きたいだけ、、
それなのに
私には
責められているように
聞こえていたのだと思う。


最近、
スッキリした

いつでも
引き取る
その時が来たら
そのようになってくる

夫も了解済み

今は今で今あるままに
これで良い。


母の弱音を
少しは
優しい気持ちで聞けるようになった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫・主人・旦那さま | トップ | 雨待ちあじさい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。