錦之助ざんまい

時代劇のスーパースター中村錦之助(萬屋錦之介)の出演した映画について、感想や監督・共演者のことなどを書いていきます。

『浪花の恋の物語』(その14)

2017-05-19 00:42:55 | 錦之助ノート
 この日、錦之助と有馬が出会ったことは、のちに二人が大恋愛の末、結婚したことを考え合わせれば、まさに男と女の運命的な邂逅であった。しかし、それはあとになってから言えることで、この時は二人とも、まさかそんなことになろうとは、思ってもみなかったはずである。
 ただ、錦之助も有馬も、会う前よりはるかに相手のことについて関心を抱き、雑誌の対談のためではなく、二人だけでもっと気兼ねなく話し合いたいと感じていた。
 錦之助は明日の夜京都へ帰って、あさってからは『あばれ振袖』の撮影に取り掛かからなければならず、東京の実家で過ごした10日間の休暇も今日が最後の夜だった。一方、有馬は、現在クランク中の主演作品『胸より胸に』のロケ撮影が台風のため中止になって今日はオフであったが、明日からまた撮影を続けなければならない。
 対談が終わって、これでお別れとなれば、多忙な二人は、もうずっと会えないかもしれない。
「きょうはほんとに楽しかったなあ。このまま家に帰るのはもったいない気分なんで、ぼく、どこかで一杯ひっかけて帰るけど、どう、付き合わない?」
「ちょっとだけなら、いいけど……」
「じゃあ、行こう行こう!近くにいいとこ、あるんだよ」
「でも、酔っ払って、あたしにからまないでよ」
 築地の料亭を出ると、二人は、銀座のクラブへ行き、夜遅くまでグラスを傾け合いながら、語り明かしたのだった。

 錦之助と有馬が二度目に会ったのは、その二年後。昭和32年の夏、場所は神宮外苑であった。「平凡」のグラビアページの写真を錦之助が有馬と二人で撮った時である。
 有馬は、初めての時代劇、松竹京都作品『大忠臣蔵』で内匠頭夫人あぐり役を演じることになり、7月上旬、1週間ほど京都に滞在した。錦之助は有馬に、京都へ来たらあちこち案内すると約束していたのだが、あいにく錦之助はその期間、伊豆で『ゆうれい船』のロケ撮影中だったため、有馬に会えなかった。
 それで、二人は東京で会う約束をして、そのついでに写真撮影の仕事をいっしょにしたのだった。



 この日の午後、撮影が終わって、錦之助は神宮外苑から歩いて10分のところにある青山の実家へ有馬を招いた。お茶を飲みながら話をしていると、有馬が手料理を御馳走するから、自分の家に来ないかと誘った。そこで、錦之助の車で有馬の住む田園調布の新居へ行き、二人は夕食をともにした。
 錦之助と有馬はこの秋に『大成吉思汗』で共演するはずだったが、撮影が延期になって有馬が出演できなくなり、またこの映画自体、製作中止になってしまった。

 それから一年半ほど錦之助と有馬は会う機会がなく、映画俳優としてそれぞれ別の道を歩んできたのだが、機が熟したと言うか、ようやく映画で共演するチャンスがめぐって来たのである。(つづく)


『俳優』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『浪花の恋の物語』(その13) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL