おもしろきこともなき世を おもしろく すみなすものは・・・

セロを習い始めて10年目~趣味とともに楽しく過ごしたい今日この頃

博物館浴(東京国立博物館 「茶の湯」)

2017-05-13 09:15:48 | 博物館・美術館
 東京国立博物館平成館では、特別展「茶の湯」が6月4日まで開催されている。







 5つの展示ブロックで構成されている。足利義政、織田信長、千利休、松平不昧など、歴史的な人物が使用した茶器が展示されている。

 第1章は「足利将軍家の茶湯-唐物荘厳と唐物数寄」

 第2章は「侘茶の誕生-心にかなうもの」

 第3章は「侘茶の大成-千利休とその時代」

 第4章は「古典復興-小堀遠州と松平不昧の茶」

 第5章は「新たな創造-近代数寄者の目」

 展覧会では、室町時代から近代まで、茶器や絵画など「茶の湯」の美術の変遷を知ることができる。

 某鑑定団で、某中島氏が「良い景色ですねぇー」と言われるが、碗の縁から中をのぞき込むと、釉薬の具合や文様など、その空間が美しいと感じる逸品ぞろいであった。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の「ミー散歩」  新川... | トップ | 博物館浴(国立科学博物館 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL