おもしろきこともなき世を おもしろく すみなすものは・・・

セロを習い始めて10年目~趣味とともに楽しく過ごしたい今日この頃

呑兵衛たちの月9 その304

2016-10-17 19:18:29 | 
 土日は、ほどよい秋晴れ。小名浜港アクアマリンパークで開催されていた「いわきサンシャインフェスタ2016」へ。人が引き上げそうな午後3時近くに会場へ。職場の同僚、何人かは、イベントスタッフとして参加している。取り急ぎ会場内をぐるりと回り、延岡市のコーナーへ。これまた、職場の同僚が店番をしていた。テーブルには「ひでじビール」が5本、本日はこれまでとのこと、同僚に促されるままに、5本とも購入。現在、我が家の冷蔵庫で眠っている。類氏の御尊顔を拝したあとで、味わってみるのも良いかもしれない。


 ということで、ありったけの小銭かき集め、今日もこんなに呑んじゃった。呑兵衛たちの月9、類氏は今日も旨そうに呑んでいる。

 今日は、近鉄・大和八木、橿原市にある近鉄大阪線と橿原線が交わる交通の要衝。神武天皇が即位した土地でもある。
 飛鳥川を渡り、歴史の街へ。江戸時代の街並みが残る今井町には、歴史的な建物500棟が軒を連ねる。その中の1軒、河合酒造へ。建物は築80年、早速、「出世男 本醸造」2,620円をいただく。原酒で辛口、ギンギンに冷えている。肴には、出世男の酒粕で1年間漬け込んだ「奈良漬(うり)」800円、女性杜氏にもてなされた。

 暗がりになり、近鉄大阪線ガード下、創業40年「楽しい酒と味の店 如意」へ。内陸にありながら、魚介類が豊富である。カウンターに座して、御常連に酒のお勧めを聞くと、「どぶろく」とのこと。まずは、「金鼓 濁酒 生酒」630円、良い具合に醪が浮いている。「お通し」280円を肴にいただく。本日のお勧めメニューは細かい字で書かれている。それを眺めながら、「大和肉鶏 モモタタキ」800円を注文、酒は奈良の地酒「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水」730円、スゥーッと入る酒、爽やかであるとは、類氏談。モモタタキは岩塩でもいただいてみる。肉の甘味が引き立つようだ。「刺身 特選三種盛」1,860円は、極上シメサバ、本マグロトロ、活クエ。流し込むための日本酒は、「篠峯 純米 超辛口」730円。御常連からは、高級魚「キンキの煮付け」3,500円が差し入れ、御礼の乾杯をする。「天然アユの塩焼き」700円は、徳島産。頭からガブリといただく。
 〆には「クエの濃厚雑炊」1,250円、十分満足の様子。

 明日は、職場の先輩から日本酒の利き酒のお誘い、特段予定もないことから、快諾。どの様な酒が出されるか楽しみではあるが、明日は火曜日、「ほどほど」と言う言葉を頭の片隅に留めておこう。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呑兵衛たちの月9 その303 | トップ | バスの時間まで一杯 すし屋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL