おもしろきこともなき世を おもしろく すみなすものは・・・

セロを習い始めて10年目~趣味とともに楽しく過ごしたい今日この頃

博物館浴(東京国立博物館)

2016-12-24 16:38:44 | 博物館・美術館
 先日、東京国立博物館で「臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」」と「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」を鑑賞してきた。


   


   


 「禅―心をかたちに―」では、臨済宗・黄檗宗の本山・末寺から国宝や重要文化財といった名宝を一堂に集め、 禅の歴史、禅の美術、禅の文化を堪能することができる。

 「平安の秘仏」は、賀県甲賀市の天台宗の古刹、櫟野寺(らくやじ)には重要文化財に指定される平安時代の仏像・20体すべてを寺外で展示している。本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3mもある作品で、普段は大きく重い扉に閉ざされる秘仏。その十一面観音とともに2.2mある薬師如来坐像が並ぶ。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バスの時間まで一杯 すし屋... | トップ | 博物館浴(東京都美術館 ゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

博物館・美術館」カテゴリの最新記事