芹澤あい(A)iland

演劇に関することや関しないこと、日々の何だかんだをのんびり書いていきます。

2.5

2017年06月15日 21時25分01秒 | Weblog
さて、本日は逆2.5次元ミュージカル(?)錆色のアーマを見てきました。


声優さんとEXILE的な人のダブル主演。ぇとお二人とも知らなくてすみません(・・;)

2.5次元ミュージカルや舞台はここ数年で爆発的人気を博しているジャンルで、テニミュことミュージカル・テニスの王子様から火がついて、今ではアニメ(漫画)、ゲーム原作の舞台化の多いことよ。。

二次元と三次元の間だから2.5次元と言うのだが、ハッキリ言ってこの言葉使い始めたの、あたしだかんね!!(笑)と、今でも思っています。

まあ、そんなわけで、「逆」ということで、これは原作無しで、今回の舞台がオリジナル。ここからアニメやゲームなど色々展開していこうと言う新しい試みだそう。

久し振りに所謂イケメン舞台を見たなあ。

これは他のミュージカルよりももっとミュージカルミュージカルしていて、台詞もかなり歌で表現されてます。上手いかどうかは置いておいて、ミュージカルらしくてよいと思いますよ。好き嫌いはあると思うけど。
最近テニミュも見てないからアレだけど、ミュキャスが何人か出演されてましたね。

この手の舞台は歌唱力はそんなに期待できないんだけど(黒執事は別格だね)、ナントカ様とお付きのハゲヅラの二人は上手かったな~。そしてあのハゲヅラがアンサンブルの一人だったことにびっくりしたね!!
まじか!

パーカッションだけ生演奏で上手の演奏スペースでやっていて、最初はそこに目を奪われました。
お芝居はそんなに上手いわけではないので演奏に目が行ってしまって、ストーリーよりそっちを追ってしまった(^_^;)


途中からちゃんと見ましたよ、勿論。

中盤睡魔に襲われもしたのだけど(・・;)(・・;)


映像も結構使っていて、よく言えばゲーム感を感じられる、悪く言えば演劇の可能性を信じていない作り。
私みたいな演劇人からすると、残念でならないと言うか。そんな説明など無くても成立するのが舞台なので、作り手は舞台人じゃないんだろうなって思っちゃいました。(ちょっと調べたらそんなことなかった。けど、鴻上さんのとこにいたとは信じがたいが…)

ただ、アニメ的でゲーム的である、という点に関してはこれからそういったメディア展開を考えての事なので良いのかな、とも。

まあ、個人的な感想ですけどね。

何だか久々にこういう舞台を見たので懐かしくて楽しかったな♪
上から目線だけど。


私がやりたいものは何だろうなーって考えるよね。


来週も観劇!!こちらもお久しぶりなジャンル。しっかりした劇団なので楽しみだ☆
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀さん | トップ | オキナワ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。