芹澤あい(A)iland

演劇に関することや関しないこと、日々の何だかんだをのんびり書いていきます。

そして島へ

2017年05月18日 22時35分00秒 | Weblog
おっちゃんがフェリー乗り場まで迎えに来てくれて、あんまり時間もないし山の上の洞窟まで連れてってくれた。

歩いても楽しいんだけれど何せ今回は時間がね…(苦笑)

これは洞窟入り口。



他に観光客もいたので(とは言え2名)洞窟案内をしてもらえたよ♪

高松の方で、昔は島のひとがやっていたのだけれど、高齢化により。。


因みに売店は閉まってた★

売店のばあちゃんはお亡くなりになり、娘さんが週末と観光客が多いときに開けているらしい。




確か以前はなかった鬼瓦。

瀬戸内の島々で行われるようになった美術展?の一環?で、こどもたちが手作りしたそうで、他にも至るところに飾られていたよ。裏には名前が書いてあるのだ。これを作ったこどもたちももう高校生くらいになるのでは、とのこと。

右にいるのが案内のおじさん。
転勤族で、なんと沼津にも二年いたそうだ。
子供さんは九年いたそうで、暁秀、東高!めっちゃ優秀じゃん!!

そんな偶然からちょっと親近感☆



これは出口のところ。

この切り出ている石は自然の産物。
溶岩が固まったものらしい。



一緒にまわった方の後ろ姿(笑)

彼らは我々よりもっと急ぎで、駆け足で説明を聞いてすぐの下りバスで降りてすぐのフェリーで帰って行きましたよ。



山の上なので見晴らしがよいのだ。




めちゃくちゃ天気が良かったので最高の眺め。
一番上の展望台まで行ったよ。



山の風景もいいけれど、海の風景はやはり最高。




もっとのんびりしたかったなーあ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんなこんなで | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。