投資情報「経済データおたくの世迷言」

経済・市場動向や要人の運勢など、投資に影響を与えそうな情報を九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。

今年の運勢:翁長沖縄県知事に暗雲、知事選挙で苦戦も

2017年07月13日 | 政治


これまでの勢いに陰り

今年後半から運気が不安定に

自民党惨敗と都民ファースト大躍進という結果となった東京都議会選挙の結果の陰に隠れてしまっていますが、沖縄の翁長雄志知事の勢いが徐々に減衰しています。9日の那覇市議会選挙では、翁長知事の支持勢力が過半数割れとなりました。宮古島、浦添、うるまの市長選挙でも知事の支持派が敗れており、今年は4連敗ということです。

翁長知事は1950102日生まれですので九星気学では五黄土星という星になります。この星は晩成型でリーダーシップにも優れた人が多いのですが、思い込みが強く独善的になりやすいという印象もあります。このブログ取り上げた中でも稲田朋美防衛相日銀の原田泰審議委員、フランスのマクロン大統領、新横綱の稀勢の里がこの星です。

この星にとって今年は「評価運」に当たり、これまでの努力の花が咲くのですが、年後半あたりから運気が不安定となります。稲田氏や原田氏の失言問題、加えて翁長知事の選挙での苦戦ぶりをみると、その通りの動きになっています。

今年の中でも8-10月は注意が必要です。そのうち10月は特に月ベースで「停滞運」に入る時期で要注意です。神宮館暦でも「何事も控えめと低姿勢を心掛けぬと支障を招きがち」「逆流に足を取られ、失策や支障が多発する暗示」と警告しています。

来年は停滞運に

来年節分以後は年ベースでも「停滞運」に入ります。人生の9年サイクルのうちで「どん底」の周期に当たり「不測の事態が多く、ツイていない時」となっています。この衰運の時期に、局面打開を狙っての積極策は感心できません。かえって傷を深める結果になります。

こういう時は、運気が安定してくる翌年以後のことを色々とブレインストーミングするのがベストです。これまで活躍されてきた方にとっては、休息を取り、今後を見据えた勉強や充電をするには非常に良い時期です。ただ五黄土星の方の性格を考えると、消極策には我慢できず、積極策に出てしまう人が多そうですがー。

翁長知事にとって次の試金石は来年初頭の名護市長選挙です。そして、来年秋には沖縄県知事選挙が控えています。誰が対抗馬に出てくるかにもよりますが「停滞運」にありますので、苦戦を余儀なくされそうです。

九星気学について

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の運勢:松居一代と船越... | トップ | 今年の運勢:綱川東芝社長、7... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。