投資情報「経済データおたくの世迷言」

経済・市場動向や要人の運勢など、投資に影響を与えそうな情報を九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。

今年の運勢:安倍首相は逃げ切れるのか? 解散時期は?

2017年07月23日 | 政治


今は辛抱の時

12
-来年2月は要注意

安倍内閣へのメディアを上げた倒閣運動がやみません。安倍内閣の支持率もが急落、一部のアンケートでは30%を割り「危険水域」に入ったとのことです。憲法改正論議も一時頓挫するとの見方もあります。一方、加計学園や防衛省の問題では、メディア側の偏った報道ぶりに批判も高まっています。支持率調査の数字もそのまま信じてよいのか―ためらわれるほどです。

こうした強い逆風を安倍首相は乗り切れるのでしょうか。以前のブログ「今年の運勢・安倍首相③:支持率は急落だが―」でも紹介しましたが、安倍首相は九星気学では一白水星という星になります。昨年、一昨年は非常に勢いがあったのですが、今年は「調整運」(物事を冷静に判断し、調整すべき時)に入り、その勢いに陰りがみられます。

今年の中でも、もっとも大変な時期が月ベースで「停滞運」(不測の事態が多く、ツイていない時)に入った5月だったのですが、どうにか乗り切りました。首相個人の運気としては、6月、7月、8月と徐々に持ち直しつつあります。首相が出席する加計学園の集中審議、8月上旬にも予定される内閣改造あたりで、持ち直しが明確になるかもしれません。

今後注意すべきなのは月ベースで「改革運」(無駄と無理に注意する時)に入る12月から「停滞運」に入る来年2月までの期間です。神宮館暦によれば、12月は「多忙なうえ、予期せぬことが多発するおそれ」「状況判断が甘くなり気の休まらない月」と警告しています。しかし、この時期を乗り越えれば、来年は「強勢運」(勇気と信念でチャンスに恵まれる時)に入り運気の強さが徐々に戻ってきます。

石破氏、民進党との会食をキャンセル

安倍首相は足元の逆風を逃げ切ると見ていますが、その大きな要因のひとつが後継者不在です。自民党の石破茂氏、岸田文雄外相の2人が足元では最も強力な後継候補と言われますが、前回のブログでも紹介しましたように、ともに七赤金星という星です。去年は「停滞運」で低迷していましたが、今年から安定に向かっています。


運気上昇中

さらに来年、再来年の運気が上昇してきます。彼らの勢いからすれば、失速した安倍首相を追い落とすには今が好機なのですが、2人とも今一つ、総理候補に打って出る覚悟、気迫に欠けているようです。

岸田外相は既に、安倍内閣を支えていくと言っています。一方、石破氏は、メディアに頻繁に登場、安倍内閣への批判を口にしています。先日も、民進党の前原誠司氏、らとの会食が予定されていましたが、急遽キャンセルとなりました。会食があれば、ポスト安倍が当然話題になっていただろうと思われます。

反安倍のメディア側にすれば、この会談が持たれていれば、倒閣運動をさらに盛り上げて、次期総理の第一候補として石破氏を強烈にプッシュしたかったのでしょうが、梯子を外された格好となりました。なぜ石破氏が会食をキャンセルしたのか、興味あるところです。メディアの強烈な石破押しの裏側にあるものに危うさを見たのかもしれません。

解散・総選挙は来年45月がベスト?

安部首相が12-来年2月の停滞期を乗り切った場合、次の課題は衆議院選挙です。前回は201412月ですので、来年12月までに行う必要があります。一部メディアは、安倍首相が苦し紛れに年内解散に打って出ると予想していますが、首相が自分の運勢サイクルを知っているならば、運気が低調な今年中の解散は有り得ません。

来年は強勢運で運気は再び戻ってくると先に指摘しましたが、来年のうちでも月ベースで運気が改善するのは3月から5月までの3カ月間です。特に「躍動運」に入る4月、「福徳運」に入る5月に首相の運気が上昇してきますので、解散・総選挙にはチャンスです。

それを外した場合には、月ベースで「強勢運」に入る7月、「嬉楽運」に入る8月も比較的良い時期です。首相のまわりには運気の動きを見るアドバイザーがいるようなので、4,5,7,8月あたりに解散・総選挙に打ってでるのではないでしょうか。

尚、政治家が重大な決定に際して、占術者などの意見を参考にすることをいぶかしく思う方もおられると思いますが、韓国のパククネ前大統領に限らず、組織のトップに立つ人には昔からよく見られることではあります(「政治家とスピリチュアル」をご参照ください)。

九星気学について


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の運勢:小泉進次郎、石... | トップ | 今年の運勢:男・清原、どこ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
躍動運 (とくめい)
2017-07-24 01:05:43
こんばんわ。
トランプ大統領のコメントにお答えいただいてありがとうございます。 
ところで今の安倍総理の躍動運の意味を知りたいのですが(ついでに他の運の意味も知りたいのですが)
よろしくお願いします。
躍動運 (Research76)
2017-07-24 10:38:19
ご質問、有難うございます。
躍動運含めて、大まかに回答させて頂きます。
★9年周期の運勢は年ごとに以下の順番で推移していきます。
「調整運」(物事を冷静に判断し、調整すべき時、9年周期で3番目くらいに衰運の年)
→「強勢運」(勇気と信念でチャンスに恵まれる時、福徳運と並び最も強運の時期)
→「嬉楽運」(人脈を強化し、足元を固める時、どちらかと言えば強運の時期)
→「改革運」(無駄と無理に注意する時、2番目くらいに衰運の時期)
→「評価運」(努力の花が咲くが、後半が不安定の時)
→「停滞運」(不測の事態が多く、ツイていないとき、9年周期で「どん底」の年)
→「整備運」(基本を守り、信用第一に動くべき時、停滞運から徐々に安定に向かう時期)
→「躍動運」(積極的に努力して希望が叶う時、福徳運・強勢運に次いで強運の時期)
→「福徳運」(誠意と熱心さで万事が好調の時、強勢運と並び最も強運の時期)

より詳しい個別星の年・月の運気については、神宮館暦をご参照ください。

また各星の今年の運勢は以下の通りです。
一白水星→調整運
二黒土星→強勢運
三碧木星→嬉楽運
四緑木星→改革運
五黄土星→評価運
六白金星→停滞運
七赤金星→整備運
八白土星→躍動運
九紫火星→福徳運

「九星気学について」も加筆しましたので宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。