投資情報「経済データおたくの世迷言」

経済・市場動向や要人の運勢など、投資に影響を与えそうな情報を九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。

*ご愛読、有難うございました

2016年12月31日 | 市場


年末は楽観ムードでも、年初はまた別の顔

6月初旬から開始した当ブログですが、何とか半年を超えて、年末を迎えることができました。皆様のご愛読に感謝申し上げます。

―今年(2016年)は、円安、株高、そして鉱工業生産が示しているように景気改善という、願ってもない好環境で終えることができました。しかし、年初の市場は、年末の雰囲気から一変してしまうことがよくあります。

―1989年12月には株価は過去最高を記録、年明け後は「日経平均は4万円台!」と期待されましたが、実際には2万1000円割れとなりました(図1)。

今年の年明けも、中国株価の下落、北朝鮮の核実験などあり、市場は一気に委縮。リスク回避モードで円高が進み、それもあって株価は大きく下げ、2015年末の楽観ムードは一掃されてしまいました(図2)。


―2017年の年明けも引き続き、中国、北朝鮮は要注意ですが、加えて、米国のトランプ新政権の政策、脱デフレモードに入りつつある各国中央銀行の動きを注視していきたいと思います。

―来年も引き続き宜しくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。


ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« *11月鉱工業生産:景気は持... | トップ | *物価目標達成、日銀に覚悟... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。