投資情報「経済データおたくの世迷言」

経済・市場動向や要人の運勢など、投資に影響を与えそうな情報を九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。

GDPギャップは5四半期連続縮小へ、脱デフレへ漸進

2017年05月03日 | 日銀

第1四半期GDP、潜在成長率を大きく上回る

民間シンクタンクによると、18日に発表が予定されている第1四半期の実質GDP速報値は前期比年率でプラス1.9%程度になると予想されているようです。ちょっと気が早い話ですが、実際にGDPがこの予想通りになった場合、脱デフレへ一歩前進ということになりそうです。

GDP成長率が潜在成長率を上回った場合、GDPギャップのマイナス幅が縮小、あるいはプラス幅が拡大します。このGDPギャップの改善は数四半期のラグを経てコアCPIの押し上げ要因になることが知られています。つまりGDPが潜在成長率を上回れば、一定の時間を経てコアCPIの押上げに寄与するわけです。

第1四半期GDPが予想通り年率プラス1.9%であれば、5四半期連続で潜在成長率(内閣府によると年率プラス0.8%程度)を上回ることになります。1.9%の成長率と潜在成長率の差を見ると、第1四半期はプラス1.1ポイントとなり、昨年の第3、第4四半期のプラス0.4ポイントを上回ります。過去のパターンを踏まえてみると、第1四半期のGDPギャップは、昨年第4四半期のマイナス0.4%から0.2ポイントほど改善してマイナス0.2%程度になりそうです(C1参照)。

GDPギャップのマイナス幅縮小で物価押し上げ

GDPギャップのマイナス幅縮小、あるいはプラス幅拡大は数四半期のラグを伴ってCPIの押し上げ圧力になります(C2参照)。2014年の消費税率引き上げなどでかく乱されはしましたが、既にコアCPIは今年の第1四半期の時点で前年比プラス0.2%と、プラス圏入りしています。今後もGDPギャップの改善が続けば、コアCPIのさらに押し上げられます。

また最近の円安進行や、原油価格持ち直しによるガソリン価格上昇もコアCPIを押し上げる要因です(C3、C4参照)。

 

 GDPギャップ、為替、ガソリン価格が上記のような動きを続ければ、コアCPIは徐々にプラス幅を拡大してくると予想されます。日銀が目標とするプラス2%までにはまだ距離がありますが、民間シンクタンク40社の予想によると、今年第4四半期のコアCPIは前年比プラス0.9%を超える見通しとなっています。加えて、最近のヤマト運輸の宅配便値上げや、人手不足による企業の賃金引上げも脱デフレへのプラス材料です。

一方、波乱材料は、朝鮮半島情勢、トランプ米新大統領の経済政策、欧州の政治情勢などが挙げられます。こうした材料は円高に結びつきやすく、デフレ圧力を助長すると見られます。今後ともプラス、マイナス両方向の材料に要注目です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外資系で働くということ① | トップ | 今年の運勢:北朝鮮の金正恩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日銀」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。