投資情報「経済データおたくの世迷言」

経済・市場動向や要人の運勢など、投資に影響を与えそうな情報を九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。

今年の運勢:鹿取は復活、香取は退場

2017年06月16日 | 芸能スポーツ


今年一杯は「充電」を

9年に1度の衰運の年

解散したアイドルグループ、スマップのメンバーである香取慎吾氏が司会をつとめる「SmaSTATION!!」(スマステ)が9月一杯で終了することが決まりました。私くらいの年代の者にとってカトリと言えばプロ野球ピッチャーの鹿取義隆氏を思い浮かべたものですが、同氏が引退し、スマップの人気が上昇するにしたがってカトリは香取氏をさすようになってきました。

ところが、ここにきて鹿取氏が巨人軍のGMとして復活、それと呼応するかのように、香取氏は表舞台を去ることになり、人生の栄枯盛衰を感じざるをえません。

香取慎吾氏は1977年1月31日生まれですので九星気学では六白金星という星になります。この星は晩成型で、七赤金星と同様にカネに縁があります。このブログで取り上げた中では麻生太郎財務相、柳井正ファースト・リテイリング(ユニクロ)社長、ジャニーズ事務所総帥のジャニー喜多川氏がいます。

この星は今年「停滞運」に入ります。9年周期で最も衰運の年になります。神宮館暦でも「物質的のみならず精神面においても苦労が絶えない傾向」としています。今年のうちでも特に注意すべきは、月ベースでも「停滞運」に入る9月が挙げられます。奇しくも、その月に彼の番組も終了することになりました。その次に注意すべきは「改革運」に入る7月が挙げられます。

ツキの無い時をどう過ごすか

こうしてみると今後の香取慎吾氏の運勢は絶望的のように見えます。実際には、そのようなことは有りません。悪いのは来年の節分あたりまでで、その後は「整備運」となり運勢が安定してきます。人生はあざなえる縄の如し。それに次ぐ2年間は「躍動運」「福徳運」に入り、徐々に強運に転じてきます。加えて六白金星という星は「遅咲き」の星ですので、実際に本領を発揮してくるのは41歳を過ぎたあたりからです。

このように、今年一杯を大過なく過ごせば、運勢は徐々に好転してきますので、今年は焦らず、長期のハードワークで疲れた体を休める一方、自分自身のための勉強をするなど「充電期間」と割り切って過ごすのが良いでしょう。

ただ、こういう逆境の時期にあっても、自分に自信がある人、過去に大きな成功体験のある人に限って「逆境を転じて福となす」とばかりに頑張ってしまう傾向がみられます。しかし、これはあまりお勧めできません。エネルギーが浪費される程度なら良いのですが、かえって傷を深くする可能性さえあります。暦でも「もし迷うことがあれば中止か延期が賢明」とアドバイスしています。

香取さん、「スマステ」を2001年からやってきたそうですね。16年間もの長期間、ご苦労様でした。今年一杯は「充電」と休養に心掛けて、来年からの再起に備えて欲しいと思います。まだまだ将来がありますから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の第2四半期GDPは伸び率... | トップ | 今年の運勢:七赤金星の受難... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。