セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

未来を花束にして

2017年02月24日 | 映画

1910年代のイギリスで参政権を求めて闘った女性たちの姿を描いた歴史ドラマ、「未来を花束にして」(Suffragette)を見ました。キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム・カーター、メリル・ストリープが共演しています。

1912年ロンドン。夫と幼い息子と暮らすモード(キャリー・マリガン)は、洗濯工場で働きづめの毎日でした。当時はサフラジェットとよばれる活動家たちが、女性の参政権を求めてテロまがいの過激な活動を行っていましたが、モードは日々の暮らしに精一杯で、選挙権なんて自分とは無縁のものだと思っていました。

しかし、ひょんなことから友人に代わって公聴会で証言する機会を得ます。洗濯工場で働く母から生まれ、4歳の時に母がやけどで亡くなったこと。それから母に代わって働きはじめ、過酷な労働のために健康を害していること。同じ工場で働く夫より労働時間が長いのに、賃金がずっと安いこと。

身の上を話していくうちに、もしも女性が政治に参加していたら、自分も違う生き方ができたのではないか、という思いを強くしたモードは、未来を変えるために、息子の主治医であるイーディス(ヘレナ・ボナム・カーター)や、同僚のヴァイオレットたちとともに、女性参政権の運動へと身を投じていきます。

アメリカの黒人が参政権を求めて闘う「グローリー/明日への行進」(Selma)では、キング牧師主導のもと市民たちが非暴力で闘う姿に心を打たれましたが、本作に登場する女性たちは、カリスマ的指導者エメリン・パンクハースト(メリル・ストリープ)のもと、投石、爆破、自爆テロと、その過激さに驚きました。

当時、合法的な活動をしていたグループもあったようですが、ほとんど効果がなかったために、エメリンたちのグループはどんどん過激化していったそうです。家族を捨ててまで運動に傾倒していくモードには正直なかなか共感できませんでしたが、公聴会での証言には議員ならずとも心を揺さぶられました。

エメリンやイーディスには、妻の運動を陰で支える理解ある夫がいましたが、モードは投獄されたのを機に、優しかった夫(ベン・ウィショー)から家を追い出されてしまいます。愛する息子とも引き離され、見ている方もつらかったですが、夫自身も工場に雇われる身で、当時はこうするしかしかたがなかったのかもしれません。

題材は重いですが、キャリー・マリガンはじめ俳優たちの演技がすばらしく、歴史のひとコマを知ることができてよかったです。モードがセクハラ工場主に反撃する場面や、彼女を味方に引き入れようとする警部との駆け引きや攻防戦など、スリリングな展開もあって引き込まれました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つるとんたんのモダンうどん | トップ | フェタチーズを使って(1) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜 (margot2005)
2017-02-24 23:18:39
英国の女性たちが選挙権を勝ち取るためにこのような過激なことまでやっていたなんてスゴいです。
競馬場で自ら犠牲となった実在の女性の葬儀の実写はインパクトありましたね。
キャリー、ヘレナ、そしてアンヌ・マリー・ダフ皆さん良かったです。少しの出番ながらメリルの存在感はさすが!です。


女性兵士 (ヌマンタ)
2017-02-25 17:15:25
参政権と戦争は、非常に密接な関係にあります。欧米各国のなかでも、イギリスは女性兵士の登用がもっとも速かった国です。参政権=国を守るの意識がコモンセンスとしてあるようですね。
日本のように、民主主義を与えられた国とは、意識がだいぶ違うのも、参政権獲得のための苦労が違うからでしょうね。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-25 23:43:23
こんばんは。
私もイギリスの女性たちがテロともいうべき過激な運動をしていて驚きました。
今でしたらかえって逆効果なのでは?と思いますが
止むにやまれぬ思いが彼女たちをそうさせたのでしょうね。
まだ自爆テロなどほとんどなかった時代、競馬場での行為は世界に衝撃を与えたでしょう。
女性たちの演技、すばらしかったですね。
Unknown (zooey)
2017-02-25 23:44:54
三大有名女優が出ている割には
この作品、あまり話題にもならなくて残念です。
あの競馬場でのシーンには息を呑みましたが
ちょっと考えてしまいました。
あの騎手も亡くなったのかしら?
いかに世間に訴えるためといえ、あれじゃあ自爆テロだなあ、と。
☆ ヌマンタさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-25 23:57:27
こんばんは。
やはり参政権と戦争は密接な関係があったのですね。
Wikiでサフラジェットについて調べた時に
彼女たちが第一次世界戦争に協力的だったことで
女性参政権への動きが高まり実現したとありました。
日本の女性たちは戦わずしてアメリカから参政権を与えられたので
政治への関心がやや薄いところがあるかもしれません。
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-26 00:16:13
こんばんは。
少々とっつきにくいテーマということもあるでしょうが
歴史を作った女性たちの闘いを知ることができてよかったです。
女性たちの演技もすばらしかったですね。

私もあの騎士のことが気になっていろいろ調べたのですが
結局よくわかりませんでした。彼もとんだ被害者ですよね...。
警察側も運動家たちから殉教者を出さないよう苦労してたようですが
あの自爆テロは思いがけないものだったのでしょうね。
世界に衝撃は与えたでしょうが、英雄視するのはどうかなとも思います。
Unknown (なな)
2017-03-05 01:42:12
こんばんは

こちら,今日観てきました。
大好きな女優さんばかり出ていて。
キャリー・マリガン熱演でしたね。演技派のいい女優さんになったなぁという感じです。
メリル・ストリープはまるで友情出演のような出番の少なさでしたが
さすがの存在感で圧倒されました。声まで普段の彼女じゃないみたい。
参政権獲得にこのような闘いがあったとは。
自由や権利のために闘うときは何かの犠牲はつきものですが
それにしても自爆テロは賛否両論でしょうね・・・・。
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-03-05 15:09:35
こんにちは。
ななさんもご覧になったのですね。
キャリー・マリガンは私も「17歳の肖像」以来好きな女優さんですが
本作は彼女のベストともいうべきすばらしい演技でしたね。
特に公聴会の場面には心を揺さぶられました。
メリル・ストリープはさすがの存在感でしたね。
カリスマ活動家にぴったりの配役でした。

参政権を得るまでにこれほどの苦難の道があったとは驚きました。
暴力的な活動に全面的には賛同できませんでしたが
命がけの闘いの末に、今の民主化した社会があることを知ることができてよかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
未来を花束にして ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、......
「未来を花束にして」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Suffragette」2015 UK1912年、ロンドン。洗濯工場で働くモードは同じ職場の夫サニーと幼い息子の三人で暮らし日々の生活は貧しく、職場は男尊女卑がまかり通る劣悪な環境にある。ある......
未来を花束にして (虎猫の気まぐれシネマ日記)
本日鑑賞。20世紀初頭の英国での,婦人参政権論者サフラジェットの活動を描いた作品。ロマンティックで洒落た邦題とは裏腹に重く暗く,考えさせられる内容だったが,女性なら観て......