セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

アトミック・ブロンド

2017年10月31日 | 映画

冷戦末期のベルリンを舞台に、シャーリーズ・セロンがMI6のスパイを演じるアクションスリラー。グラフィックノベルの「The Coldest City」をデヴィッド・リーチ監督が映画化。

アトミック・ブロンド (Atomic Blonde)

ベルリンの壁崩壊直前の1989年のベルリン。MI6の諜報員が殺され、彼が持っていた腕時計が奪われます。その中には各国の諜報部員の全氏名が記されたリストが入っていました。リストがソ連の手に渡ることを恐れたMI6は、諜報員のロレーン(シャーローズ・セロン)を直ちにベルリンに派遣します。

ロレーンはMI6ベルリン支局のデヴィッド(ジェームズ・マカヴォイ)と協力し、リストを取り戻し、ソ連に情報を渡そうとした二重スパイを突き止めるべく奔走しますが...。

女神の見えざる手」(Miss Sloane)に続いて、かっこいい女性の登場です。シャーリーズ・セロンがMI6のスパイを演じているので、公開前に女性版007との声も聞こえていましたが、本作は冷戦時代のベルリンが舞台とあって、全体的にダークで殺伐とした雰囲気。でもクールでスタイリッシュな映像にしびれました。

本作には、MI6、KGB、CIA、さらに東ドイツのシュタージやフランスのスパイまで登場します。演じているのは英米の俳優さんたちですが、国際色豊かで、当時の各国間の熾烈な駆け引きが、この小さな都市の中で繰り広げられていたことを想像しました。そんな生き馬の目を抜く世界で、体を張って戦うシャーリーズが、痛々しく心に突き刺さりました。

「女神~」は主にことばによる応酬でしたが、本作では過酷な銃撃戦、肉弾戦、カーアクションがこれでもかと繰り広げられます。容赦なく痛めつけられ、血まみれ、傷だらけ、あざだらけになっても、ひるまず立ち向かっていくシャーリーズ。過激なシーンもあり、いつものことながらプロ根性に圧倒されました。

ストーリーは、だましだまされ組織のミッションと個人の思惑がめまぐるしく交錯し、Aと思ったらB、と思ったら実はCといった具合。最後は一応ハッピーエンディングですが、やられた方としてはこのまま黙ってはいられないでしょうね。スパイは味方にとっては”知りすぎた存在”、相手にとっては裏切り者。一生平穏ではいられない残酷な職業だと思います。

80年代の退廃的なロックと、シャーリーズのパンクだけれどエレガントなファッションが、荒涼とした世界にクールにマッチしてかっこよかったです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かぼちゃとメイプルシロップ... | トップ | キハチ カフェ 日比谷シャンテ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かっこいい女性 (ノルウェーまだ~む)
2017-11-01 11:38:10
セレンさん☆
シャーリーズセロンは本当にカッコイイですよね!
スパイアクションとセレンさんってあんまり繋がらなかったのですが、カッコイイ女性が主人公の映画っていいですね~
ベルリンが舞台というのも惹かれます☆
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-11-01 12:09:07
まだ~むさん、こんにちは。
シャーリーズ・セロン、かっこいいですよね!
スパイアクションは、007やMI、ボーンなど意外と見ていますよ。(^_-)-☆
でも今回はかっこいいシャーリーズ・セロンが見たかった
というのが一番の理由かな?
冷戦末期のベルリンの荒涼とした雰囲気がロックでした☆
姐サンっっっ (q スパイムービー異様好き)
2017-11-01 22:03:45
えーえーワタクシ 「セロン姐さん」と
呼ばせて頂きますっっ💖
スパイ映画、異様大好きとしては
女史の大活躍にも、盛り上がりました(笑)
心理戦を交えた二重三重の騙し合い
スパイ達の攻防は幻想的なのに
生々しさも出ていて
世界にはネオンカラー
展開も単純明快じゃなく
頭の回転力が求められる心理戦
疑心暗鬼、裏切り者は?盗聴は・・・
カーチェイスも、しっかり!
音楽も時代状況とマッチした選曲
たまんなかったです
続編、希望的観測(笑)
☆ qさま ☆ (セレンディピティ)
2017-11-02 08:20:18
qさん、おはようございます。
セロン姐さん、その呼び方ぴったりですね!
ここのところアクション映画が続いているセロン姐さんですが
本作ではスパイならではの孤独と悲哀も感じられて
かっこいい!と思いながらも、ぎゅっと心がしめつけられました。
生々しい暴力もあるけれど
なぜか血の赤よりも、ブルー、ブラック
そしてネオンカラーが印象的な作品でしたね。
そして80年代のロックが映画の世界にぴったりあってナイスでした☆
Unknown (Schatzi)
2017-11-09 22:56:47
シャリーズ・セロンはアンジーよりアクションに向いていると思いました。この映画、なんてったって冷戦期最後のベルリンと音楽がマッチしていて最高でしたね!FalcoにDepeche mode、最後にQueenときてうれしかったです。
ただ、スタイリッシュ過ぎてアメリカではあまりヒットしなかった気がします。あの暗さ加減が最高なんですけどね、ちょっとダークすぎたかな。

スパイ映画ではないですが、ジャッキー・チェンのThe Foreighnerはおすすめです。何も期待&予習しないで是非劇場で観てください。私には当たりでした!
☆ Schatziさま ☆ (セレンディピティ)
2017-11-10 09:42:08
Schatziさん、こんにちは。
シャーリーズ・セロンのアクション、かっこいいですよね!
私もアンジーより向いていると思います。
この作品は連戦末期のベルリンのぶるっと体が震えるような
殺伐とした雰囲気がたまらなかったですね。音楽も最高でした。

TheForeigner、Schatziさんが今年一番と書いていらしたので
私も絶対見たいと思っていました。
先日ジャッキーの映画の予告を見たのでこれか?!と思ったら
どうやら違っていたみたいで...(こちらはコメディでした)
楽しみにしています♪
こんにちは! (ここなつ)
2017-11-15 12:30:27
こんにちは。弊ブログにご訪問&コメントを下さりありがとうございます。
ほーんと、シャリーズ・セロンがカッコ良かったですよね!!アクションも凄かったし、なんというか、誰にもおもねる所が無いような感じのクールさが素敵でした。
あと、私も80年代の音楽を使った構成が、すごく好きでした!!
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-11-15 15:08:44
ここなつさん、こんにちは。
シャーリーズ・セロンの迫真のアクション、すごかったですね。
とても手加減しているようには見えなかったので
どうやって撮っているんだろうとハラハラしました。
キックしている時の長い脚に惚れ惚れ。^^
凛々しく、美しく、かっこよかったです♪
80年代の音楽も、映画の世界観にぴったり合ってよかったですね☆

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

アトミック・ブロンド (ネタバレ映画館)
ハイヒールとウォッカ
アトミック・ブロンド★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが美しき最強女スパイを演じるサスペンス・アクション。冷戦体制崩壊直前のベルリンを舞台に、極......
アトミック・ブロンド 姐さんっっ  (Said q winning)
監督:デヴィッド・リーチ出演:シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、ティル・シュヴァイガー、エディ・マーサン、ソフィア・ブテラ、ジェームズ......
アトミック・ブロンド  監督/デヴィッド・リーチ (西京極 紫の館)
【出演】  シャーリーズ・セロン  ジェームズ・マカヴォイ  ジョン・グッドマン  ソフィア・ブテラ 【ストーリー】 イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をと......
「アトミック・ブロンド」 (ここなつ映画レビュー)
シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに......
アトミック・ブロンド (あーうぃ だにぇっと)
アトミック・ブロンド@ユナイテッドシネマ豊洲
「アトミック・ブロンド」 (或る日の出来事)
シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。