セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ラビング 愛という名前のふたり

2017-03-14 15:56:50 | 映画

1950~60年代、異人種間の結婚が違法とされていたアメリカ・ヴァージニア州で、愛と自由をかけて戦ったラビング夫妻を描いたヒューマンドラマ、「ラビング 愛という名前のふたり」(Loving)を見ました。ジョエル・エドガートン&ルース・ネッガ主演。コリン・ファースが製作に参加しています。

1958年、レンガ職人のリチャード(ジョエル・エドガートン)は、恋人のミルドレッド(ルース・ネッガ)から妊娠を告げられ、結婚を申し込みます。当時、ヴァージニアを含むアメリカの一部の州では異人種間の結婚が認められなかったため、リチャードとミルドレッドはワシントンD.C.まで出向き、晴れて夫婦となりました。

誇らしげに結婚証明書を壁に掲げ、故郷での幸せな新婚生活がはじまったのもつかの間、何者かに通報され、ある夜 保安官たちが自宅のドアを押し破り、2人は逮捕されてしまいます。そして離婚するか、あるいは少なくともどちらかが州を出るか、究極の選択を迫られるのでした。

離れて暮らすなどありえない2人は、しかたなくD.C.の黒人街に引っ越しますが、親兄弟と離れ、人の多い都会でのびのび子育てできないことにミルドレッドは疑問を覚えます。時は公民権運動のただ中。テレビで”ワシントン大行進”を見ていたミルドレッドは、友人の助言で、ロバート・ケネディ司法長官に手紙を書くことを決意します。

かつて住んでいたヴァージニアが舞台とあって楽しみにしていた作品ですが、いろいろな思いが去来して、何度も涙ぐんでしまいました。無骨で男くさいイメージのエドガートンが、こんなにも愛情深く一途な夫を演じることへの驚き。そしてあの時代に肌の色の違いを気にせずに愛し合ったラビング夫妻は、真に自由な心の持ち主なのだと心打たれました。

国の法律を変えたのが、こんなにも慎ましやかな一組の夫婦であったことに驚きますが、彼らは正義を振りかざしたわけでも、社会を変えたい野望があったわけでもありません。ただ、好きな場所でいっしょに暮らしたいというささやかな、でもあたりまえの願いを訴えただけ。しかしそれが、アメリカの歴史を塗り替えることとなったのです。

ケネディ司法長官が一市民からの手紙に目を留め、すぐにACLU(アメリカ自由人権協会)が弁護士を派遣してきたというのもすばらしい。弁護士2人は、異人種間の結婚を認めないこと、居住地を制限することは、重大な人権侵害であり、憲法違反にあたるとしてヴァージニア州を訴え、ついに1967年、最高裁でみごと勝利を収めたのでした。

今も人種差別や偏見など、さまざまな問題を抱えるアメリカですが、こういう作品を見ると、トライ&エラーはあっても、人々の良心がこの国を支え、歴史を作ってきたのだという誇りが伝わってきて、大きな希望を与えられるとともにちょっぴりうらやましくなります。

すてきな2人にすっかり魅了されましたが、本名がラビング(Loving)というのもすごい。最高裁の判決の出た6月12日は、”Loving Day”という記念日になっているそうです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オルセーのナビ派展 | トップ | 柿の木坂 キャトルのケーキ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜 (margot2005)
2017-03-14 23:17:29
夫妻のファミリーネームが“Loving”というのがなんとも素敵でした。
”Loving Day”という記念日も又素敵ですね。

夫妻は理不尽な法律に対して不平不満を訴えるのではなく、ただ一緒にいたいと訴えるだけ。その様には心打たれました。
そう一組の夫婦が国の法律を変えるってスゴいことだったと思いますが、弁護士の働きも大きかったのでしょうね。
俳優陣がとても良かったです!
一途な想い (ノルウェーまだ~む)
2017-03-15 00:06:09
セレンさん☆
本当に慎ましやかな夫婦が、こうして国を動かしたのだと思うと胸が熱くなりますね。
実際、望んでいたのが二人の「愛だけ」で無欲だったからこそ人々の共感を得て裁判を勝ち取れたのでしょう。
ラビングという名前もイイですよね!!
Loving (ごみつ)
2017-03-15 01:22:58
こんばんは!

早速行かれたんですね!
良かったですよね~、この映画。

思っていたよりも、ずっと静かなトーンの作品で、それだけにリアリティもありました。

とにかくこの夫婦の間の愛情が心を打ちます。
そして、その深い愛情が、法律をも変えた・・っていう事実に感動を覚えました。

最後のテレビを見てる写真のシーン、映画の中でも良かったですよね。ライフのカメラマンがマイケル・シャノンだったのでキャスティングにも驚きました。

私もなるべく早く記事にしようと思います!
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-03-15 09:33:34
おはようございます。
Lovingという名にふさわしい、すてきな夫婦でしたね。
声高に権利を主張することなく、夫妻の切なる願いがストレートに伝わってきて
胸を打たれました。
彼らのために尽力した弁護士たちもすごいですが
きっかけとなったのが司法長官に送った一通の手紙、というのにも驚きました。
主演の2人はじめ、俳優陣がよかったですね!
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-03-15 09:53:18
おはようございます。
すてきなご夫婦でしたね!
今では考えられない理不尽な法律が、このような慎ましやかな一組の夫婦によって
変えられたということに希望を与えられる作品でした。
彼らの飾らないシンプルなことばの中に、切なる思いが伝わってきてぐっときました。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-03-15 10:08:26
こんにちは。
静かな中にも心を揺さぶられるすてきな作品でした。
多くを語らずとも、2人の眼差しから互いを尊重し思いやる深い愛情が伝わってきて
それだけでほろり...としてしまいました。
結果として歴史を変えた2人ですが、そんな気負いはみじんも感じられなくて、
いつも自然体の飾らない姿にも心を打たれました。

マイケル・シャノン、この監督さんのお気に入り?のようで
過去2作品にも出ているみたいですね。
今度、見てみようと思います!
ごみつさんの記事も楽しみにしていますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ラビング 愛という名前のふたり」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Loving」2016 UK/USA1958年、アメリカ合衆国バージニア州。レンガ職人のリチャードには黒人女性のミルドレッドという幼なじみの恋人がいる。ある日、妊娠を告白されたリチャードは彼......
「ラビング 愛という名前のふたり」☆これぞ男 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
その名の通り、ラビングさんの実話の愛のお話☆ ラビング氏は知恵は無いけど男気のある、まさに彼こそが愛する人をひたすら守り抜いた男の中の男。 彼の男泣きに思わず目が潤ん......
ラビング 愛という名前のふたり (試写会) (風に吹かれて)
なぜ違法 公式サイト http://gaga.ne.jp/loving3月3日公開 実話の映画化 監督: ジェフ・ニコルズ  「テイク・シェルター」 「 MUD マッド」 1958年、レンガ職人のリチ
ラビング 愛という名前のふたり (ごみつ通信)
Loving 2016年/アメリカ (監)ジェフ・ニコルズ (演)ジョエル・エドガートン ルース・ネッガ マートン・ソーカス マイケル・シャノン ☆☆☆★★★
映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) こちらの主演女優 ルース・ネッガ (......
ラビリング (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)出演しているルース・ネッガがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので、映......