セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

スノーデン

2017年02月06日 | 映画

2013年に発覚したアメリカ政府による個人情報監視プログラムの正体を、内部告発したエドワード・スノーデンの目を通して描いたドラマ、「スノーデン」(Snowden)を見ました。「プラトーン」「ウォール街」などの社会派作品で知られるオリバー・ストーン監督が映画化。

先に昨年公開されたドキュメンタリー「シチズンフォー スノーデンの暴露」を見て、衝撃を受けました。本作はドキュメンタリーを肉づけするように、スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)のこれまでの足取りを軍人時代までさかのぼり、CIAに入った経緯や、NSA(国家安全保障局)での仕事などを、恋人(シャイリーン・ウッドリー)との関係を織り交ぜながら描いています。

NSAによる情報収集の方法と、情報監視プログラムを使うとどんなことができるか、具体的なドラマを通して見せているので、いつか自分にも降りかかるかもしれないという恐怖に震撼しました。愛国者だったスノーデンがなぜ国家に反旗を翻し、自らの命を危険にさらしてまで内部告発したのか、その決断を重く受け止めました。

最近は犯罪捜査で監視カメラやSNSの解析が普通に行われるようになりましたが、こうした監視社会は不気味ではあるけれど、治安を維持するためにはある程度しかたがない、と思っていました。アメリカの個人情報監視プログラムが明らかになった時も、当初政府はテロ対策だと反論していたのです。

しかし実際には、Microsoft、Google、Yahoo!などの協力を得て、テロとは関係のない個人情報を、国内外を問わず収集していたのです。これでは相手のカードがすべて見える状態でトランプをやっているようなもので、他国との外交において、アメリカは圧倒的に優位な立場で交渉ができることとなります。

以前スノーデンが、NSAが他国首脳の通話も盗聴していることを告発し、ドイツやフランスが正式に抗議したことがありましたが、映画では、スノーデンは横田基地にいたことがあり、日本のコンピュータシステムにマルウェアを仕込み、日本が同盟国でなくなった時にはシステムダウンするよう工作されている...と明かしていて絶句しました。

また、PCや電話の操作履歴やクレジットカードの使用履歴など、いくつかの情報を組み合わせることで、ターゲットの行動や家族、交友関係、発言まですべて把握でき、その中にわずかでも弱点があれば、それをもとにその人を簡単に失脚させることができるのです。それを目の当たりにしたスノーデンは、自分も監視されていることを確信し、恐怖に襲われます。

このままでは個人の自由と権利が失われ、民主主義をも崩壊すると予期したスノーデンは、慎重に準備を進めて、英ガーディアン紙とコンタクトをとり、内部告発することを決意。その後の展開については報道されている通りですが、現在は恋人リンゼイとともにロシアに潜伏しているというスノーデンのこれからが気になるところです。

シチズンフォー スノーデンの暴露 (Citizenfour)

2013年、ドキュメンタリー映像作家のローラ・ポイトラスのもとに、シチズンフォーなる人物が接触してきます。最重要機密情報を持っているというその人物こそ、エドワード・スノーデン。本作は、香港のホテルで行われたスノーデンへのインタビュー(=最初の告発)をもとに構成した、ドキュメンタリー映画です。スパイ小説顔負けの内容ですが、これが事実であることに驚愕します。

取材している最中にも、スノーデンが潜伏する香港のホテルに怪電話がかかり、恋人が待つ家の前には不審な車が停まり...スノーデンの証言を裏付けするような展開に背筋が凍ります。ドキュメンタリーならではのリアリティと緊張感があり、「スノーデン」とあわせて是非見ていただきたい作品です。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沈黙 サイレンス | トップ | ザ・カフェ by アマン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になってました (ノルウェーまだ~む)
2017-02-06 22:52:07
セレンさん☆
気になっている映画の一つですが、セレンさんのレビューでますます気になりました。
つまりアメリカの政府が(NASAが?)世界の個人情報を盗み出して、スパイ活動をしているということなのですよね?
以前、中国に対してITによるスパイ活動を抗議していたような??いずれにしても恐ろしい話です。
早く見たい! (ごみつ)
2017-02-07 00:11:53
こんばんは!

「スノーデン」早速、観に行かれたんですね~。良いな~。私も絶対に見たいのですが、映画に行けるのが中旬以降になりそうなので、それまで終わらないでくれ~~と祈っております。

スノーデンの暴露スキャンダルに関しては、詳しい事を何も知らないので興味深々です。ドキュメンタリーも是非見てみたいな。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-07 10:31:31
こんにちは。
NSA(アメリカ国家安全保障局)が行っている諜報活動の話です。
どこの国も諜報活動は行っているのでしょうが
アメリカの大手IT企業が協力していたとなると
世界中から大量の個人情報を把握できますものね...
恐ろしいことです。
私はとりあえずPCのカメラにシールを貼りましたよ。^^
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-07 10:36:09
こんにちは。
スノーデン、おもしろかったですよ!
まるでル・カレの小説か、ボーン・シリーズをリアルにしたような話なので
きっと楽しめると思います。(恐ろしいけど...)

個人的にはドキュメンタリーの方が気に入りました。
DVDになっているので、よかったらご覧になって見てください☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「スノーデン」こんなん、シャレにならんて…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スノーデン] ブログ村キーワード  史上最大の内部告発を行なったエドワード・スノーデンの人物像に迫る本作「スノーデン」(ショウゲート)。果たして彼は“英雄”なのか?それと......
スノーデン ★★★ (パピとママ映画のblog)
名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(ア......
スノーデン (風に吹かれて)
愛国者? 裏切者? 公式サイト http://www.snowden-movie.jp 監督: オリヴァー・ストーン  「プラトーン」 「ワールド・トレード・センター」 「ウォール・ストリート」 20
スノーデン (ごみつ通信)
Snowden 2016年/アメリカ (監)オリヴァー・ストーン (演)ジョセフ・ゴードン=レヴィット シェイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザッカリー・クイント トム・ウィ......
映画:スノーデン SNOWDEN 彼が告発に至った「行き過ぎた国民監視」とは実際どういうこと...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先に「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観てから、鑑賞。 元CIA職員 エドワード・スノーデン氏(写真) が告発した行き過ぎた国民監視。 さて、どんな行き過ぎた国民......