セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

2017年09月12日 | 映画

薬物依存症でホームレスだったストリートミュージシャンが、一匹の野良猫との出会いによって再生していく姿を描いた、実話に基づくヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったノンフィクション「ボブという名のストリート・キャット」を映画化。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ (A Street Cat Named Bob)

猫というと、気まぐれで何者にも束縛されない自由なイメージがあったので、あまり人になつかないんじゃないか...なんて思っていましたが、決してそんなことはないのだと知りました。本作では、ボブの愛らしい姿やしぐさにハートをわしづかみにされましたが、それ以上に傷ついた人間に寄り添う愛情の深さに心打たれました。

犬の俳優は多かれど、猫の俳優ってめずらしいのでは?と思ったら、演じているのがボブ自身だということにも驚きました。飼い主のジェームズを演じるルーク・トレッダウェイとの息もぴったり合って、その賢さと堂々たる名演技に感心しました。

イギリスの薬物中毒や貧困の問題も描かれ、それらを支える社会福祉制度にも触れられていて、単なる”心温まる話”になっていなかったのがよかったです。ボブの存在はジェームズの生きる力となり、立ち直る原動力を与えましたが、それ以外にケースワーカーや友人の助け、そして最終的には彼自身の強い意志が実を結んだのだと思いました。

舞台はロンドン。ジェームズは少年時代に両親が離婚して精神が不安定となり、ドラッグにおぼれるようになりました。やがて父と再婚した義母から家を追い出され、行き場を失ったジェームズは、観光客が集まるコヴェント・ガーデンでストリートシンガーとして生計を立てるようになります。

食べるものにも事欠く厳しい毎日でしたが、ソーシャルワーカーの助けで低所得者向けのアパートに住めるようになり、ようやく落ち着いたある日、部屋に一匹のとら猫が迷い込みます。飼い主が見つからず、ボブと名付けて世話をするうちに、ボブはすっかりジェームズになつき、どこに行く時も行動をともにするようになります。

ボブのおかげで人気が出て、取材や本の出版の話も舞い込みます。少しずつ人間らしい暮らしを取り戻し、ジェームズはいよいよ薬物中毒を克服することを決意します。よくわからなかったのですが、ジェームズが服用していたメタドンは、薬物依存の治療の過程で使われる薬で、最終的にメタドンを絶ってようやく克服したことになるのですね。

アパートの前では売人がうろうろしていたり、かつてのジャンキー仲間につきまとわれたり...数々の誘惑にも負けず、禁断症状にのたうち回りながら、ジェームズはようやく乗り越えることができたのでした。

ソーシャルワーカーのヴァル、ガールフレンドのベティ、猫好きの優しいおばさん、最後に和解する父親など、脇を固める俳優さんたちも魅力的でした。それからジェームズの歌う歌が、その時々の彼の状況や心情にぴったりマッチしていてすてきだな~と思ったら、これは映画用にプロによって作られたオリジナル曲のようです。^^;

ジェームズご本人も、最後に本屋さんのイベントの時にちょこっと登場しています。

ジェームズ(本人)とボブ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡単ポーチドエッグと、ヘル... | トップ | NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつも楽しませて頂いています。 (asa)
2017-09-12 15:38:18
セレンさんこんにちは☆ご無沙汰しておりました。
遅ればせながら大阪レポ楽しく拝見させて頂いています。
私も関西方面出身なので、香ばしく焼き上げた鰻やたこ焼き等を見てとても懐かしく感じました(実は東京の鰻は柔らかく脂っこすぎて苦手なのです)。大阪の街を詳しく散策したことがなかったので、セレンさんの旅行記を見て改めて訪れてみたくなりました。

今月から約1年仕事を休み、新しい家族を迎える準備期間となりました。まず今月は自分の為の時間!という事で、明日は久しぶりに一人で映画館へ行って、前から気になっていたパターソン(セレンさんもレポされていましたね♪)を見に行ってきます。

久しぶりのコメントで記事に関係ない内容になってしまいましたが、またコメントさせて頂きますね。
Unknown (なな)
2017-09-12 21:47:46
三枚目の画像は猫を懐に抱いたキリストみたい。
猫でずっと人の肩に乗ってくれる子は珍しいですね。
猫って確かに気まぐれでツンデレですから。
・・・・そこがかわいいんですが、ボブみたいに懐っこい子も可愛いなぁ。
日本はいま空前の猫ブームですが
やっぱり癒されますよね・・・・猫。
猫背 (ノルウェーまだ~む)
2017-09-13 00:18:06
セレンさん☆
お涙ちょうだいやただのほっこり映画ではなくて、今どこにでもある親の離婚、ドラッグ、新しい家族との不和など厳しい現実も描いていたところが良かったですよね☆
ご本人は大柄なので、肩にも乗りやすいでしょうけれど、役者さんは本当に痩せてるので重たかったことでしょうね。猫背じゃないと、ゆったりできなさそう…(笑)
☆ asaさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-13 09:04:45
asaさん、おはようございます♪
大阪旅行記も見てくださっているとのこと、ありがとうございます☆

asaさんは、関西ご出身でいらしたのですね。
関西のウナギは、東京ではまずお目にかかれないのでお懐かしいでしょう。
たこ焼きはお店によって、こんなに違うなんて!とびっくりしました。
大阪ではどこでも親切にしていただいて感激しました。

そしてasaさん、新しいご家族を迎えられるのですね!
パターソンは、とても穏やかな気持ちになれる作品なので
胎教にもよさそう?? 楽しみにご覧になってくださいね。
どうぞお体を大切に、おすごしくださいませ☆
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-13 09:15:38
ななさん、おはようございます。
主人公はホームレスなので、主演の俳優さんも髪を伸ばして無精ひげ...
とそういえば、ちょっとイエスに見えるかも?しれません。^^

猫ちゃんは気まぐれでツンデレ...やはり一般にはそうなのでしょうか。
私も勝手にそんなイメージを抱いていたので
こんなに人間の気持ちによりそう猫ちゃんもいるんだ~と驚きました。

家の窓の横の塀が猫ちゃんの通り道みたいで、時々シルエットが見えるのです。
あと、軒の下がどうやら猫ちゃんのトイレになっているようで
時々落とし物も...^^
野良ちゃんなので、姿を見るとぱっと逃げられちゃうのですが
勝手に親しみを感じています☆
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-13 09:36:09
まだ~むさん、おはようございます。
あんな風にアパートの目の前に売人がたむろしているなんて...
ドラッグと貧困、心の不安が密接に結びついているのを感じました。
でもそれを支えるための社会制度や支援活動、周囲の人々の温かさも
感じ取れる作品でしたね。

飼い主のジェームズさんのみならず、役者さんにもあんなになついて
なんて賢いんでしょう!と驚きました。
肩の上って安定が悪そうですが、お気に入りの場所なのでしょうね?
ボブが乗りやすいように、どんどん猫背になっちゃいそうです。^^
Unknown (zooey)
2017-09-13 22:40:39
実家にシャムネコがいましたが
ボブみたいに人懐っこい猫は珍しいと思いますよ。
猫はツンデレ、その通りで
普通は知らん顔しています。
呼んでも中々来ません。
だから映画のあのボブ、よくあんなに役者の肩に乗っていたものだと
ホトホト感心しました。
まあそりゃ、猫にもいろんなのがいるのでしょうね!
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-14 07:15:40
zooeyさん、おはようございます。
私は猫を飼ったことはないのですが
野良ちゃんだったらもっと警戒心が強そうですし
ボブはもともと人に飼われていた猫かもしれませんね。
飼い猫でも人懐っこい猫は珍しいのですね。
飼い主でもない役者さんにもあんなに懐くなんて
ほんとうにびっくりです。
これでは誰だってメロメロになってしまいますよね。^^
High Five! (ごみつ)
2017-09-25 17:16:36
こんにちは。

「ボブ」早速、記事にしたので、TBさせていただきました。

この作品、原作が出た時に記事にした事があるのでちょっと思い入れがあったんですよね。
映画も観たかったものの、グズグズとしていたら帰省してきた妹が見たいとの事でグッドタイミングでした。

ボブ、ホントに可愛かった~。見終わって幸せな気持ちになれる作品でしたね。

ねずみのシーンも、「トムとジェリー」みたいで可愛かったです。(笑)
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-26 10:40:13
早速のTBとコメント、ありがとうございます♪

ごみつさん、原作が出た時に記事にされてたのですね。
映画がよかったので、私も原作を読んでみようかな~
という気分になっています。

何よりボブがかわいかったし、温かい気持ちになれるすてきな作品でしたね。

トムとジェリー! そう、あのシーンも
映画ならではの楽しい演出でした☆

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ (風に吹かれて)
運命の出会い 公式サイト http://bobthecat.jp 実話の映画化 原作: ボブという名のストリート・キャット (ジェームズ・ボーエン著/辰巳出版)監督: ロジャー・スポティスウッド  「
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
どん底のストリート・ミュージシャンと一匹の野良猫の驚きと感動の実話を綴った世界的ベストセラーを映画化したハートウォーミング・ストーリー。主演は「タイタンの戦い」のルー......
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」☆ラッキーボブ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
イギリスでベストセラーとなったノンフィクションが原作。 そういう本が出版されていたなんて、知らなかったな~ ロンドン時代のお友達からのお誘いで観てきたyo
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ  ワタクシ愛ネコのバカ親超越炸裂 (Said q winning)
監督:ロジャー・スポティスウッド出演:ルーク・トラッダウェイ、ジョアンヌ・フロガット、ルタ・ゲドミンタス、アンソニー・ヘッド お話 薬物(ヘロイン)中毒になって、ロン......
「ボブという名の猫」 (Zooey's Diary)
ホームレスのストリートミュージシャン、ジェームス(ルーク・トレッダウェイ)は ドラッグから手を切れず、親にも見捨てられ、その日の食べ物にも事欠く毎日。 ある日一匹の猫......
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ (ごみつ通信)
A Street Cat Named Bob 2016年/イギリス (監)ロジャー・スポティスウッド (演)ルーク・トレッダウェイ ルタ・ゲドミンタス ジョアンヌ・フロガット アンソニー・ヘッド ☆......