セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。  お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

僕と世界の方程式

2017年02月08日 | 映画

BBCのドキュメンタリーをもとに、国際数学オリンピックで金メダルを目指す天才少年を描いたドラマ「僕と世界の方程式」(X+Y / A Brilliant Young Mind)を見ました。

幼い頃に自閉症スペクトラムと診断され、人とのコミュニケーションがうまくとれないネイサン(エイサ・バターフィールド)にとって、数学は唯一の友だちでした。最愛の父を交通事故で亡くし、ますます心を閉ざすネイサンのために、母(サリー・ホーキンス)は数学教師ハンフリーズ(レイフ・スポール)に個人指導を依頼します。

やがて国際数学オリンピックの代表候補に選ばれたネイサンは、英国チームのメンバーとして台湾での合宿に参加。そこで出会った中国チームのチャン・メイと、少しずつ心を通わせていきますが...。

数学オリンピックを題材にした作品ときいて楽しみにしていましたが、私にはちょっぴりもの足りなかった...。数学の天才少年ということで、チェスの天才少年ジョシュ・ウェイツキンを描いた「ボビー・フィッシャーを探して」のような作品を期待していましたが、本作で言いたかったことは、別のところにあったようです。

これまで人との関係がうまく築けなかったネイサンが、国際数学オリンピックに出場したいとの思いから、初めて外の世界に飛び出して参加した台湾での合宿。彼にとっては初めて同世代の子どもたちと接する機会であり、寝食をともにし、とまどいながらも仲間と切磋琢磨していく姿を、応援しながら見ていました。

殻の中からそっと顔をのぞかせて、様子をうかがっていたネイサンを、何のてらいもなく引っ張り上げて、外の世界へと連れ出してくれるチェン・メイが実にチャーミング。2人のほのかなロマンスを微笑ましく見守っていましたが、ラストへの展開は思いがけないものでした。

ネイサンもチェン・メイも、せっかくここまでいっしょにがんばってきたのだから、たとえ結果が出せなかったとしても、最後までチャレンジして欲しかった、と個人的には思いました。2人が選ばれたことで代表になれなかった選手もいるし、途中棄権したことで、チームにも迷惑がかかるのですから。

数学オリンピックがすべてではないけれど、オリンピックが終わったあとに会うことだってできたはず。目の前にあることから逃げているように感じてしまったのがちょっぴり残念でした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・カフェ by アマン | トップ | ネイサンのジオメトリー・ト... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-02-09 09:47:06
こんにちは。TB&コメントをありがとうございました。
この作品、完全にストンと腑に落ちなかった原因が、セレンさんの記事を拝見してわかりました。そうですよね。数学オリンピックと恋は両立できたはず。
ただ、もしかしたら
>目の前にあることから逃げているように
なのではなく、「恋」の方をここでしかつかめないチャンスと判断して一歩踏み出したのかもしれません。そのことが結果どうなるか、なんて考えもせずに。
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-09 16:13:45
こんにちは。さっそくのTB&コメント、ありがとうございます。
>「恋」の方をここでしかつかめないチャンスと判断して一歩踏み出した
なるほど、そうですね!
せっかくの才能がありながらなんてもったいない、などと私は思ってしまいましたが
情熱につき動かされて行動するのもまた若さの特権ですね。
彼らはこれからいくらでもやり直しがきくのですし
幸せになってほしいなーと思います。
私は楽しめました (Schatzi)
2017-02-10 00:29:32
私はこの結末、なんとなく予想できていました、世の中数学だけがすべてでない…みたいな。中国での合宿所(?)みたいなところに入り、女の子と出会ったあたりから違う世界を知り、あぁ、結局男は女次第だな(苦笑)と。いい意味で思いました。
お母さんが息子に良かれとおもって数学の先生に掛け合ったり、薬にアディクト気味の先生が彼の為に薬辞めたり、なんとかくBilly Elliotを思い出しました。脇を固めている俳優がよかったですね。マイナーな映画でしたが、Happy Go Luckyって映画がありまして、その主演の二人が出ていたり、Imitation game でゾクっとする少年を演じていた子が脇役でしっかり存在感を表していたりと、この映画はたまたまTVで観たのですがよかったのを覚えています。こういったGiftedな子供がテーマの映画はよくありますよね。4月に似たような、でも女の子バージョンがアメリカで公開になるようです。
でも、イギリス映画は、喫煙シーンとか普通にあるし、観ていてリアル感満載で面白いです。
☆ Schatziさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-10 10:41:39
Billy Elliotのラストは大きなカタルシスを与えてくれたので
本作にはちょっぴり拍子抜けしてしまいましたが...
私があまりに現実的なのかもしれません。^^;

Happy Go Luckyは、以前Schatziさんがお話されていたのを覚えていますよ。
たしか、エディ・マーサン(スコットの人です^^)がらみで...
サリー・ホーキンスも出ていたんですね。
あのリーダー格の美少年はどこかで見たことあると思ったら
そうか! Imitation Gameでチューリングの少年時代を演じていた子でした。

そういえば、先日ようやくEddie the Eagleを見ました。
ある意味、ネイサンとは真逆の...あの愚直なまでのチャレンジ精神に心を打たれました。
Unknown (zooey)
2017-02-10 11:26:55
結末のせいだけでなく(多分)、
私もこの映画は、思った程に感動しなかったのです。
テーマ、思春期独特のドキドキ感など、
実に私好みの作品の筈なのですが。
期待しすぎちゃったかな…?
「リトル・ダンサー」は好きだったのですけどね。
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-10 15:16:32
私も...
この作品、キャストもいいし、すてきなお話ではあったのですが
今ひとつ共感できなかったのです。
どうしてかしら...?
でも大切なものを見つけた2人には幸せになってほしいなーと思います。
こちらにも〜 (margot2005)
2017-03-02 20:02:34
>「ボビー・フィッシャーを探して」のような作品を期待していましたが...
全く同感ですね!
主人公も彼を取り巻く人々を演じる俳優たちも皆とても良かったのに残念です。
ジュリー、ママの息子に対する愛情の深さに胸を打たれました。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-03-03 10:44:23
こちらにもありがとうございます♪
主人公のネイサン、せっかく才能を持っているのに
チャレンジしないなんてもったいない...と思ってしまいましたが、
そうした彼を理解し、優しく支えてくれる人たちに囲まれて
彼は幸せでしたね。
ひとクセある個性的な俳優さんたちが多く、演技も楽しめました!

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「僕と世界の方程式」 (ここなつ映画レビュー)
大切なのは好きになる気持ちと好きになり続けること。愛とか恋とかのことだけを言っているのではなく。例えば数学のことだって。…幼い頃から自閉症スペクトラムと診断され、数学......
「僕と世界の方程式」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「X+Y」2014 UK他人とのコミュニケーションが苦手なネイサンは自閉症の少年。ある日、彼が大好きな父親が車の事故で亡くなってしまう。それ以来ネイサンの心にはポッカリと穴が空き......
数学ではない、彼の答えは・・・ (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「僕と世界の方程式」を鑑賞しました。 他人との意思疎通は苦手だが 数学に関しては突出した才能を誇る少年ネイサン 母ジュリーはその才能を伸ばそうと個......