セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

ダンケルク

2017年09月16日 | 映画

クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による戦争映画。第2次世界大戦の”ダンケルクの大撤退”(ダイナモ作戦)を、陸・海・空の3つの視点から描きます。

ダンケルク (Dunkirk)

1940年5月26日。連合軍の兵士40万人はドイツ軍に包囲され、フランス北端のダンケルクの海岸に追い詰められます。イギリスへの撤退命令が出て、英国陸軍兵のトミーは、浜辺で出会ったギブソンとともに、救助船になんとか乗り込もうと桟橋に向かいます。

一方英国海軍からは救助のために民間船が徴用され、ダーソン氏が息子とともに小型船でダンケルクに向かいます。そして英国空軍パイロットのファリアとコリンズは、ダンケルクを攻撃するドイツ空軍を阻止すべく、スピットファイア戦闘機に乗って出撃します。

冒頭、映像に先立って低く流れる不穏な音から一気に戦場へと引き込まれました。突然始まる銃撃戦。鈍色に広がるダンケルクの砂浜。そこに集まっているおびただしい数の兵士たち...。彼らは対岸のイギリスに渡るために、救助船を待っているところですが、ドイツ軍からの攻撃は止まず、このままではいつ乗れるかわかりません。

ようやく乗れても、船は空から海から攻撃され、対岸に着くのは命がけ...。本作はセリフや説明を抑え、残酷描写もほとんどありません。戦場を見つめる眼差しは冷徹で、エモーショナルな表現を極力排除しているとさえ思えましたが、リアリズムにこだわった映像は臨場感にあふれ、ひりひりするような緊張感に何度も押しつぶされそうになりました。

ことばで多くを語らなくとも、圧倒的な映像と、さまざまな場面から、極限状態における生死をかけたドラマを感じ取ることができました。

個人的な背景がほとんど描かれない兵士たちと比べると、海のパートの登場人物たちはほんの少しキャラクターが肉付けされていたこともあり、特に心に残りました。マーク・ライランス演じるダーソン氏は、軍からの要請にダンケルクの窮地を知り、矢も楯もたまらず自ら救助に向かったのでした。 

ダーソン氏の胸中を思うとそれだけで泣けてきますが、特に「私たちが始めた戦争に、若者たちを巻き込んでしまった」ということばは、同じ親として、そして砂浜で見た若い兵士たちの姿がオーパーラップして、心にずしりと響きました。ダンケルクの海岸に数えきれないほどの民間船が集まる場面は圧巻。涙があふれました。

命からがらイギリスにたどり着いたものの、戦果が挙げられずにうなだれている兵士たちを「よくやった」と歓迎する市民たちにまた涙しましたが、最後のチャーチルの「我々は最後まで戦い続ける... 我々は決して降伏しない」の演説に、はっと現実にもどされました。

彼らは無事にイギリスにもどったけれど、戦争が終わったわけではないのです。彼らはこれからも戦い続けなければならない。これはそのための”意味のある撤退”だったのだと。

チャーチルの戦略的、合理的決断。それを支える国民の愛国心。精神力にたよらない冷静な判断が、最後の勝利へと結びついたのだと納得しました。

【関連記事】
ダンケルクのジャム食パン (2017-09-17)
ダンケルク @IMAX (2017-09-24)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL | トップ | ダンケルクのジャム食パン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zooey)
2017-09-17 00:04:27
>「私たちが始めた戦争に、若者たちを巻き込んでしまった」

私もここでぐっと来ました。
あのダーソンは長男を亡くしてもいるのに感情を出さず、
寡黙で本当にいいキャラでしたね。
丸腰で逃げ帰って来た兵士たち、無論その後の有力な戦力としての意味もあったのでしょうけど
それでも温かく迎え入れられたのは、羨ましく感じました。
ひりひりする臨場感 (ノルウェーまだ~む)
2017-09-17 00:08:55
セレンさん☆
不穏な音と音楽からの極限状態、ひりひりする臨場感は凄かったですね。
今回はまた何度も溺れて、それだけでも十分私には極限状態を一緒に体験する羽目になりました。
無事に帰ってきた若き兵士たちが、再び戦場に送り出されたのは何とも辛い現実ですが、温かい歓迎には四島にうるうるしましたよね~
詫と寂 (ごみつ)
2017-09-17 02:14:38
こんばんは!

私も今日、見てきました!

セリフも最小限、余計な背景説明、人物描写等がほとんどなくて、本当にソリッドな雰囲気の作品でした。

ハンス・ジマーの緊張感を嫌が上にも高める音楽も凄かったですね。
いやはや、これ凄い映画でしたね。CG使ってないとかウソでしょ!?って感じです。

ところでトム・ハーディーのパイロット(ファリア)は、かっこ良かったですね。撤退劇の中で、一人孤独に戦うパイロットの彼だけが、この映画の中でかなり特殊な存在でした。

空中戦から燃料切れての着陸のシーンまで、整然とした映像に、私はわびさびを感じました。
素晴らしい~~!!
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-17 13:13:01
zooeyさん、こんにちは。
ダーソン氏、寡黙な中にもあふれる愛国心と息子を思う気持ちが伝わってきて
ぐっとくるキャラクターでした。
父親を支えるピーター少年もよかったですよね。

命からがら祖国にもどった兵士たちを温かく迎える市民たちにも心打たれました。
これが日本だったら... つい考えてしまいますね。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-17 13:19:53
まだ~むさん、こんにちは。
ようやく救助船に乗れたかと思うと、砲撃されて海に投げ出され...
いやはやたいへんなサバイバル劇でした。
コリンズの戦闘機が海に落ちて、なかなかコックピットが開かない時も
見ていて、うぐぐぐ...となりました。
ラストの市民たちの歓迎には、胸が熱くなりましたね。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-17 13:37:13
ごみつさん、こんにちは。
ごみつさんも見に行かれたのですね!
いろいろな意味でぶっ飛んでいる...
これまでに見たことのない戦争映画でしたね。
私はふつうの映像で見てしまったので
もう一度IMAXで見てみたい、と思っているところです。^^

トム・ハーディ演じる孤高なパイロット、かっこよかったですね。
途中、何度もプロペラを止めていたのは、燃料をもたせるためだったのかな...
自己を犠牲にして戦い、その後、砂浜にすうっと不時着する
その男気に泣けました。たしかに騎士道精神というよりは
武士道精神に通じたかも... なるほどわびさびでしたね。
カレーの英国兵 (ヌマンタ)
2017-09-19 14:04:31
この映画というより、当時のイギリス首脳は卑怯です。ダンケルクの敗走から30万人の兵士を救出したことは、その後の戦いにも大きく貢献しました。兵士を育てるのは大変ですから、捨ててきた兵器、食料などには変えられない。
でも映画で軽く触れていた、カレー港に逃げ、終結していたイギリス兵たち4万人は囮となり、殺され、捕虜にされてしまいます。
4万よりも30万を選んだ冷徹な判断ですが、その史実まで無視するのはひでえなぁと思っていました。映画そのものは良作なんですけどね。
☆ ヌマンタさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-19 14:47:23
ヌマンタさん、こんにちは。
映画の中でも、カレーはどうする?あそこはもう無理だ
みたいな会話がありましたね。
以前、エニグマの暗号を解く「イミテーションゲーム」を見た時にも思いましたが
大きな目的のために小を捨てる、というのは戦争にはつきものなのかもしれませんが
ひとりひとりの兵士にも家族や大切な人がいることを思うと
なんともやるせない思いになります。
栄光の陰に、そうした事実も知っておかなくてはいけませんね。
Unknown (なな)
2017-09-19 23:04:59
こんばんは

今年、「沈黙」と並んで公開を楽しみにしていた作品です。
今までのノーラン監督の作品の雰囲気と少し違っていましたが
おっしゃる通り、史実に忠実に緊迫感溢れる映像に惹きつけられました。
サバイバル映画でもあると思います。
助け出す民間船や英国空軍のキャラクターに比べると
救出される兵士たちの背景や個性の描き方はあっさりしていましたし
起用した俳優さんたちも海岸の兵士は無名の若手が多かったそうです。
監督は、30万の兵士の中には若くて未熟な兵士もたくさんいたことを知って
あえてそういうキャスティングにしたそうですね。

民間船が集結したあの場面は感動しました。
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-09-20 10:51:23
ななさん、こんにちは。
期待通りにすばらしい作品でした。
個人的にはノーラン監督作品の中ではベストかもしれません。

臨場感あふれる映像に比べて、ドラマの部分は一見あっさりしていましたが
ふりかえるとさりげなく、しっかりドラマが描かれていたようにも思います。
陸軍の兵士たちは、1Dのハリー・スタイルズも特別扱いされてませんでしたものね。
フランス兵士のギブソンには泣かされました...。

民間船が集結した場面は、感動的でしたね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の......
ダンケルクIMAX★★★・5 (パピとママ映画のblog)
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨッ......
「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多......
ダンケルク (風に吹かれて)
生き残るために 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk 実話を基にした映画 監督: クリストファー・ノーラン 1940年、英仏連合軍40万人の兵士がドイツ
映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシ......
映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させら......
ダンケルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
クリストファー・ノーラン監督が,第二次大戦中のダンケルクの大撤退作戦(ダイナモ作戦)を、空、陸、海の3つの視点で描いた戦争映画。劇場で鑑賞。 映画つぐないにも描かれてい......
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......
ダンケルク (ごみつ通信)
Dinkirk 2017年/イギリス・アメリカ・フランス (監)クリストファー・ノーラン (演)フィオン・ホワイトヘッド トム・グリン=カーニー ジャック・ロウデン ハリー・スタ......
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?
80『ダンケルク』圧倒される没入感 (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
印象派映像作家ノーラン監督の会心作! 『ダンケルク』 ~あらすじ~ 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルク......
「ダンケルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Dunkirk」2017 UK/オランダ/フランス/USA“1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。若き英国兵ト......