セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

レストラン香味屋

2017年05月18日 | グルメ

台東区・根岸にある洋食屋さん、レストラン香味屋(かみや)さんにお昼を食べに行きました。日比谷線・入谷駅から歩いて10分。洋食好きの家族が前から行きたかったお店だそうです。

創業大正14年。香味屋という屋号は、もとは香水を扱う輸入雑貨店だったことからきています。珈琲豆を扱っていたことから、周辺の花柳界の芸者衆の要望で軽食を出すようになり、のちに洋食屋さんとなりました。2代目が完成させた「ビーフシチュー」、3代目が完成させた「メンチカツ」が看板メニューとなっています。

オムライスやグラタンなど、洋食屋さんらしい魅力的なお料理がいろいろありますが、私たちはちょっと贅沢なコースのお料理をいただきました。白いテーブルクロスの上にとんとんとカトラリーがセットされ、わくわく期待が高まります。

王道のコンソメスープをいただいたのは久しぶりのような気がします。フォンからていねいに作られた、誠実さのこもったお味。左向うに見えるパン(バターロールと三日月パン)は、手作りの温かさを感じました。

お魚料理は、スズキのポワレでした。お魚の下には揚げなす、上にのっているのはキャベツとトマトだったかな...? 下に敷いてあるのはおそらくベアルネーズソース。

メインディッシュは、ビーフシチューとメンチカツというお店の黄金コンビでした。ビーフシチューは黒毛和牛をデミグラスソースで煮込んだ濃厚で深みのあるお味。ほろりと柔らかいお肉が絶品でした。

そしてナイフを入れたとたんに肉汁がじゅわっとあふれるメンチカツも最高。ビーフシチューのデミグラスソースをからめながらいただきますが、からしをちょんとつけるとこれまたおいしい。ポテトグラタン、にんじんのグラッセ、ブロッコリーという王道のつけ合わせも、どことなく懐かしい雰囲気があります。

メインディッシュといっしょに運ばれてきたミモザサラダ。お料理はおいしかったけれど、最後は苦しくなってきたので、メインのお料理は食べるのを少し手伝ってもらいました。

別腹のデザートはオレンジのムースとガトーショコラ。コーヒーといっしょにおいしくいただきました。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルビノーニのアダージョ ... | トップ | 根岸子規庵と、恐れ入谷の鬼... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボリューミー♪ (ノルウェーまだ~む)
2017-05-19 10:59:27
セレンさん☆
これはかなぁ~りボリューミーですね!?
お魚とメインのメンチカツと両方いただくのは…
目で楽しませていただくことにします♪
でもメンチだけ食べに行きたいっ!
あまり洋食屋さんに行かないわたしですが、これは朝からヨダレがでそう~~(笑)
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-19 23:57:25
まだ~むさん☆
洋食好きの夫の希望でコースにしましたが
私はこれはビーフシチューとメンチカツをオーダーして
シェアしていただくのが正解と思いました。
最近私もお魚料理とお肉料理が両方つくコースは
ちょっとお腹がつらくなってきました...。
でも肉汁じゅわ~っのメンチカツはじめ、お料理はどれも絶品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。