セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

沈黙 サイレンス

2017-01-31 17:11:17 | 映画

遠藤周作の名作「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が28年の構想を経て映画化した作品、「沈黙 サイレンス」(Silence)を見ました。幕府によるキリシタン弾圧が行われていた江戸時代初期の日本を舞台に、長崎にやってきたポルトガル人司祭の苦悩を通じて神と信仰の意味を問います。

数年前にスコセッシ監督が「沈黙」を映画化していると聞いて以来心待ちにしていた本作、公開初日に見てきました。...とはいえ、遠藤周作さんの原作は10代の多感な頃に出会い、私にとっては特別な思い入れのある作品でもあったので、実は今回の映画化を不安に思ってもいたのです。

マフィアをテーマに容赦ない暴力描写をおそれないスコセッシ監督ですから、拷問の場面をことさらに強調したエンタメ作品になっていたらどうしようとか、17世紀の日本人が残虐な野蛮人として描かれてはいないだろうかとか...。

でもかつて司祭になることまで考えていたというスコセッシ監督に対して、その心配はまったく杞憂なものでした。原作の世界が真摯に映像化されていて、監督が敬意を表していることが伝わってきました。日本の歴史や文化を尊重し、一般的な日本人の宗教観にも配慮した作品になっていたと思います。

前半の重くてつらい場面とは対照的に、後半、ロドリゴが捕まって以降の静かな展開には、美しい日本の風景ともあいまって、苦しい中にも心が浄化されていくのを感じました。原作にはないラストの場面は、神はいつもあなたとともにいて、あなたとともに苦しんでいたのだという、スコセッシ監督からのメッセージだと受け止めました。そこにスコセッシ監督の愛を感じました。

 主演のアンドリュー・ガーフィールドはじめ、日本人俳優たちの演技もすばらしかった。特に心に残ったのはモキチを演じた塚本晋也さん。ロドリゴたちに出会った時の、静かな喜びの表情が忘れられません。キチジロ―を演じる窪塚洋介さんも存在感がありました。ずるくて弱くて卑怯な男ですが、ラスト近くではコメディリリーフ的な役割もはたしていて、ほっとするひとコマもありました。

以前、狐狸庵先生(遠藤周作さん)が何かのインタビューで、「私にとってキリスト教は、出ていけと言っても家に居続ける古女房のようなものだ」とおっしゃっていたのが妙に心に残っています。おそらくご自身を体現したのがキチジロ―という存在なのだと想像しています。

17世紀の日本という特殊な状況を描いた作品ですが、世界各地で宗教弾圧や人種差別がますます激しさをましている現代において、スコセッシ監督がこの作品を映画化したことには大きな意味があると思いました。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトラーの忘れもの | トップ | スノーデン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
異色作 (ごみつ)
2017-01-31 19:19:13
こんばんは!

「沈黙」、スコセッシ映画としてはとても異色だと思いました。
最初にセレンディピティさんが懸念された気持ちもよくわかります。

でもとても良い作品でしたよね。「沈黙」という作品のテーマをとても深くとらえていたと思いました。

原作と同じく、見終わった後に色々と考えさせられる作品でした。
正しい解釈・独自の解釈 (ノルウェーまだ~む)
2017-01-31 22:48:13
セレンさん☆
素晴らしい役者さんたちと、監督の原作と真摯に向き合う姿が目に浮かぶ見事な作品になっていましたね。
私は恥ずかしながら未読なのですが、ラストの違いはやはり日本人としてのキリスト信者と、本家の信者との肌感覚の違いがあるのかもしれないですね。

ちなみに加瀬亮さんはいきなり首をバッサリ斬られた人ですよ~
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-01 10:24:40
おはようございます♪

心配しちゃいますよね。
前作は「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」だったし。(笑)
監督の真摯な思いが伝わってくるいい作品でした。
ある意味、監督にとっての信仰告白であったのではないかな、と思いました。

いろいろ考えさせられる作品でしたね。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-01 10:38:28
スコセッシ監督が、最高の俳優さんたちとスタッフとともに
原作をみごとに映像化してくださって感激しました。
静かでドラマティックなエンディングも
映像作品にはふさわしかったかな、と思います。

加瀬亮さん、そうでしたか~
村人たちも顔をばっちくして好演してましたね。^^
Unknown (イザワ)
2017-02-02 11:06:03
沈黙は、まだ観ていませんが、先日、マーティン・スコセッシ監督2005年作品のアビエイターを観ました。
こちらも10年以上前の作品ですが、ハワード・ヒューズの生涯を描いた大作で、見ているうちにどんどん引き込まれていく感覚になりました。
沈黙も予告編から同じように画面に入り込んでいくようなそんな、迫力を感じ観てみようと思います。
Unknown (asa)
2017-02-02 14:50:44
沈黙は私もセレンさんと同様、10代の頃に読んで遠藤周作さんにハマった最初の作品でもあり、カトリックの女子校だった私にはカトリックという宗教を改めて自分の中で捉え直す機会にもなった作品です。
私もスコセッシ監督の映画化という事で期待と不安の入り混じる気持ちで公開を待っていました。週末か来週に観に行こうと家族と話していたので、セレンさんの感想を聞いて、安心して観に行けそうです。
最後になりましたが、新天地でのブログ再開おめでとうございます。これからもよろしくお願いしますね。
☆ イザワさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-02 16:33:08
こんにちは。
イザワさんは「アビエイター」をご覧になったのですね。
ハワード・ヒューズの波乱に富んだ人生、なかなか興味深かったです。
麗しき若き日のディカプリオが
エキセントリックな部分もあるハワードを好演していましたね。
「沈黙」は信仰を題材にした重苦しい作品なので
お勧めはしづらいですが、いつかお気持ちが動きましたら...。
☆ asaさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-02 16:40:08
こんにちは。
新しいブログにさっそくのメッセージ、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

「沈黙」は、asaさんも見に行かれるご予定なのですね。
信仰というテーマは重いですし、つらいシーンもありますが
原作をご存知でしたらだいじょうぶかな...
覚悟してご覧になってくださいね。
Unknown (zooey)
2017-02-03 11:04:33
>おそらくご自身を体現したのがキチジロ―という存在

私もそう思うのですが
それでも卑怯で弱くて浅ましいキチジローという男を
やはり好きになれません。
彼の中に自分をも見ちゃうのでしょうね、きっと。
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-03 17:48:54
銀貨300枚でロドリゴを売り渡した時は
私も許せない!と思いました。

今はわかりませんが、絶望の底に突き落とされた時
私も神を信じられなくなるかもしれません。
そうした時に、自分の中にキチジロ―を見るのでしょうね。
沈黙 (もののはじめのiina)
2017-02-07 15:43:06
沈黙を貫いた神が、ラストに語り掛けるのは原作とおりでした。あるいは、錯覚して聞こえたのでしょうか?

やはり、沈黙したままの方がいいの思うのです。

アブラハムが我が子を生贄に捧げようと刃を振り上げた時、その覚悟を見届けた神が、これからはあなた方に語り掛けることはしないと宣告したのですから。

☆ もののはじめのiinaさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-07 22:06:54
iinaさま、はじめまして。
TB&コメント、ありがとうございます。

原作にも、「私は沈黙していたのではない。
いっしょに苦しんでいたのだ。」とありましたね。

沈黙したままの方がよかったでしょうか。

ロドリゴが苦しんでいたことを神は誰よりも知っていた。
その声を聴いた時に、初めてロドリゴは救われたのだと思いました。
はじめまして (なな)
2017-02-23 22:02:12
「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななと申します。
クリスチャンのはしくれとして興味深くこの作品を観ました。
原作は未読でした。キリスト教界ではなにかと物議をかもした小説でもあったので
喰わず嫌いでした。

スコセッシ監督が念願の映画化,そして大好きなリーアム・ニーソンが出ると知って
映画はぜひ・・・と鑑賞。
とても感動して,というか言いたいことがとてもすとんと腑に落ちて
今は原作を読んでいます。

>私にとってキリスト教は、出ていけと言っても家に居続ける古女房のようなものだ
そうなんですよね・・・・とーってもよくわかります。
そうです。それこそがキチジローの心境や信仰だとも思います。

またお邪魔させてくださいね。
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-02-24 08:20:59
ななさん、はじめまして。
メッセージを残してくださり、ありがとうございます。
ななさんはクリスチャンでいらしゃるのですね。
私もクリスチャン(プロテスタント)の末席におりますが、原作を初めて読んだときはまだ信仰を持っていなかったので、信じる者をここまで苦境に立たせる宗教とはなんと重く、そして残酷か、ずいぶん考えさせられました。

スコセッシ監督が映画化されると知った時から楽しみにしていましたが、いよいよ公開される時には(記事にも書きましたが)不安も感じていたので、こんなすてきな作品に仕上げてくださって、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

ななさんは今、原作を読んでいらっしゃるとのこと、どうぞ本の旅を楽しんで(というのはちょっと変ですが)くださいね。
またお待ちしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
沈黙 ~サイレンス~ (ごみつ通信)
Silence 2017年/アメリカ・イタリア・メキシコ (監)マーチン・スコセッシ (演)アンドリュー・ガーフィールド アダム・ドライバー キアラン・ハインズ リーアム・ニーソ......
沈黙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その......
「沈黙」☆そこに真理あり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で......
沈黙 -サイレンス- (Akira's VOICE)
沈思黙考を促される映画。
沈黙 -サイレンス- ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから......
沈黙-サイレンス-  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増してい......
沈黙-サイレンス- (風に吹かれて)
苦渋の選択 公式サイト http://chinmoku.jp 原作: 沈黙(遠藤周作著/新潮文庫)監督: マーティン・スコセッシ 17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていたポルトガル人宣教師......
沈黙 (もののはじめblog)
1971年(昭和46年)に篠田正浩監督が映画化した『沈黙』を映画館で見ているが、原作を読んだかどうか忘れてしまった。 江戸時代のキリシタン弾圧下の長崎が舞台。神を信じて過酷な......