セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ミッドナイト・スペシャル

2017年05月26日 | 映画

ラビング 愛という名前のふたり」(Loving・2016) がとてもすてきな作品だったので、ジェフ・ニコルズ監督を追いかけて、「テイク・シェルター」(Take Shelter・2011)、「MUD -マッド-」(Mud・2012) と過去作品を見てみました。

決して派手ではないですが、キャンベルのスープの匂いがしてきそうなリアルなアメリカが描かれていて、ニコルズ監督の作品、どれも好きです。登場するのが、ジェシカ・チャステイン、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーンなど、私の好みにどんぴしゃりの渋い実力派の俳優たち、というのもくすぐられます。

そしてすべての作品に出演しているのがマイケル・シャノン。どうやらニコルズ監督の世界を体現する、お気に入りの俳優さんのようです。今回取り上げたいのはアメリカでは2016年に公開された「ミッドナイト・スペシャル」。日本では劇場未公開作品ですが、先月DVDレンタルが始まったので早速借りてきました。

ミッドナイト・スペシャル (Midnight Special)

ほとんど予備知識なく見始めましたが、なんとも不思議な作品でした。サスペンス?スピリチュアル?と思いながら、流れに身を任せていくと、どうやらSFらしいということがわかってきます。一方、未知なる何かに導かれるようにして、我が子に与えられた使命を全うさせようと奮闘する、父親の物語でもあるのです。

舞台はテキサス。ロイ(マイケル・シャノン)と友人(ジョエル・エドガートン)が少年を誘拐し、車で逃亡するところから物語は始まります。実はロイは、この少年アルトンの父親。アルトンには不思議な力が宿っていて、その特殊能力に目をつけたカルト集団もアルトンを追っています。

そして、アルトンは特殊能力を使って国家の機密事項にもアクセスし、そのためにNSA(アメリカ国家安全管理局)からも追われる身となるのです。

お話はいってみれば、現代版かぐや姫といったところ。しかし、アルトンが何者か?どこから何のために来たのか?どうしてロイの妻(キルステン・ダンスト)から生まれたのか?そうした説明は一切ありません。でも私は、シミュレーション仮説を思い出して、なんとなく納得がいきました。

地球は「宇宙人がつくる動物園」であり、世界はシミュレーションなのかもしれない (WIRED 2016-07-02)

将来、地球外知的生命体からのコンタクトがあるとして、私たちになす術はあるのか。願わくは、”いい宇宙人”であることを祈るばかりです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美女と野獣(アニメ版・フラ... | トップ | szechwan restaurant 陳 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レンタルしました! (ごみつ)
2017-05-27 01:50:26
こんばんは!

この映画、面白そうですね!エドガートンも出てるし、先日記事にされちた「ギフト」とあわせて今日、ツタヤレンタルしました。
見るのが楽しみです!

マイケル・シャノンは、私にとっては「スーパーマン」のゾッド将軍が出会いだったのですが(笑)、このところ味わいのある役柄も多いし、アカデミー賞にもノミネートされて頭角をあらわしてきた感じがします。

映画、見るのが楽しみです!ご紹介、有難うございます。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-27 18:25:55
ごみつさん、こんにちは♪
わ~、ギフトと本作、借りられたのですね。
私はどちらもおもしろかったですが
ごみつさんが気に入っていただけるといいな~

マイケル・シャノンはフィルモグラフィを見ると
恋はデジャヴ、バニラスカイ、レボリューショナリー・ロード...
とかなり見ているのですが、私もたぶんはじめて認識したのが
ゾッド将軍だと思います。^^;
どんな役も不思議とさまになる実力派の俳優さんですね。

感想、楽しみにしています☆
Unknown (なな)
2017-05-28 00:43:13
こんばんは。

この監督さんの作品、決して派手ではないけど独特の魅力がありますね。
演技力の確かないい俳優さんを使ってますしね。キルスティン・ダンストの母親役も、なんだかとてもよかったです。
子役がまた可愛かった!
そういえば、「MUD」も少年たちが魅力的でしたね。
マイケル・シャノンさんはあまり注目したことのない俳優さんで、作品もあんまり観てないのですが、渡辺いっけいさんにちょっと似てるなぁと・・・・。
「テイク・シェルター」も観てみたくなりました。
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-28 09:38:57
ななさん、おはようございます。
ななさんがご紹介してくださってからわりとすぐに見たのですが
記事にするのがすっかり遅くなりました。忘れないうちに書けてよかった。^^
あまり情報がない中で見たので、かえって不思議な世界に
引き込まれることができてよかったです。
キルスティン・ダンストも存在感がありましたし、男の子がかわいかったですね!
透明感があって美しくて、役柄にぴったりの神秘性がありました。

MUDは、スタンドバイミーみたいな少年の成長物語というか...
男の生き方を示すマシュー・マコノヒーも印象的でした。

マイケル・シャノン、なるほど渡辺いっけいさんですか!
私は実は、遠藤憲一さんに雰囲気が似てるな~と思って見ていました。^^

テイク・シェルターもよかったです
ジェシカ・チャステインがまたかっこいいんですよね~
よかったらご覧になってみてください☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミッドナイト・スペシャル (虎猫の気まぐれシネマ日記)
「ラビング 愛という名前のふたり」「MUD マッド」のジェフ・ニコルズ監督・脚本のSFスリラー。DVDで鑑賞。これ、日本では非公開だったのだろうか。新作コーナーからチョイ......
6月に見た映画  (ごみつ通信)
どれもひとつづつ記事にしたかったのですが、6月にDVDで見た作品をまとめて紹介させていただきます。