セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

パトリオット・デイ

2017年06月14日 | 映画

2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の犯人逮捕劇を、マーク・ウォールバーグ主演、ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。事件当日の朝から、事件後わずか102時間で犯人を逮捕するまでを、捜査官、被害者、関わった様々な人たちの目を通して描きます。

パトリオット・デイ(Patriots Day)

2013年4月に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件は、私にとっても記憶に残る事件でした。というのも、当時はTwitterをはじめてまだ間もない頃で、犯人の捕物劇が現地から分刻みでツイートされてくるのを、興奮しながら見守っていたからです。

続々と届く短いテキストだけでもその緊迫感に手に汗握りましたが、今回、映像を通して、当時現場ではどういうことが起こっていたのか、具体的に知ることができて感慨深かったです。市民を巻き込む爆弾テロも衝撃的でしたが、静かな住宅街であんなに激しい銃撃戦が起こったら、地域住民たちはとても生きた心地がしなかっただろうと想像しました。

犯人がボストン郊外で目撃されてからは、住民からも情報が次々と寄せられたと記憶していますが、本作を見て、FBIとボストン警察、そして地元警察と市民たちが心をひとつに連携したからこそ、短時間で犯人を逮捕できたのだなーと改めて実感しました。

爆破現場の衝撃的な光景、その後まもなく捜査本部ができて、防犯カメラや被害者・目撃者たちの証言をもとに映像を分析して2人の容疑者を特定したこと、犯人たちから車ごと拉致された中国人留学生の勇気ある逃亡と通報など、まるで映画のような展開に圧倒されました。

”愛は悪に勝つ”というメッセージは一見ありきたりですが、難局を乗り越えた被害者のことばだからこそ、万感の思いとして心に響くものがありました。ボストニアンのマーク・ウォールバーグをはじめ、レッドソックス、ボストンなまり、ダンキンドーナツなど、随所にあふれるボストン愛の描写にもほっこり。

パトリオット・デ―は、マサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州で、アメリカ独立戦争開戦を記念して制定されている祝日で、この日は毎年ボストンマラソンが開催されます。パトリオットとは独立戦争当時のアメリカ軍の愛称ですが、本作のタイトルは、テロに対して屈しない、アメリカの愛国者精神も表しているように感じました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガトー・インビジブル | トップ | ソール・ライター展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一致団結 (ノルウェーまだ~む)
2017-06-14 22:59:47
セレンさん☆
以前もビックリしたのですが、セレンさんツイッターなさっていたのですね~
そしてアメリカの情報もタイムリーにゲットできるところがさすが!って思っちゃいました。

パトリオットデイってそういう事だったのですね~
愛国心、ボストン愛、そういったものがいい形で団結することに結びついて、本当に良かったデス♪
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-15 08:12:16
まだ~むさん、おはようございます♪
Twitterはほとんどつぶやいていないのですが^^;
主に情報収集用に使っています。
この時はまさにTwitterの本領発揮のできごとだったので
特に記憶に残っているんです。

不幸な事件でしたが、愛国心とボストン愛がひとつになってスピーディな犯人逮捕につながり
パトリオット魂を実感しました。
こんにちは (ここなつ)
2017-06-21 14:48:43
こんにちは。
そうそう、そういえばマーク・ウォルバーグはボストン出身でしたね。ボストンの警察官が板についていたのはそのせいでもありますよね。
観ている時はそんなこともすっかり忘れるくらい集中していました。そして彼が主役、というよりも、ボストン市民が主役の作品でした!
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-21 15:33:52
ここなつさん、こんにちは。
マーク・ウォールバーグ主演のくまのテッドもボストンが舞台でしたが
本作でも警官役がしっくりきていましたね。
架空の人物のようですが、映画のナビゲート役?を
しっかり務めていました。
でもなんといっても、主役はボストン市民ですね。
FBIに警察、市民と一丸となってテロに立ち向かう姿に心を打たれました。
ボストン・レッド・ソークス (ごみつ)
2017-06-29 01:51:36
こんばんは!

拙ブログにコメントとTB有難うございます。

そーか、この事件の時にtwitterでは刻々と状況のニュースがアップされてたんですね。
やっぱり、犯人の写真公開の決断後に、情報がかなり解禁になったのでしょうね。

ホントに映画の様な展開に、手に汗にぎらされましたが、ボストン愛がらみのあれこれも見てて面白かったですね。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-29 15:24:37
ごみつさん、こんにちは。
ちょうどTwitterをはじめたばかりの頃だったので強く記憶に残っています。
住宅街に逃げ込んでからは、分刻みで短いテキストがツイートされてたので...

事件に関わった市民たちの姿もていねにに描かれていて
ドキュメンタリータッチですが温かみの感じられる作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パトリオット・デイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニ......
「パトリオット・デイ」☆ヒーローは市民 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ここには事件を解決する特別なヒーローは一人も出てこない。 それは主役のマーク・ウォールバーグでさえも。 そのかわり市民の一人一人がヒーローなのだ。
パトリオット・デイ (風に吹かれて)
強さと愛を持って生きる人たち 公式サイト http://www.patriotsday.jp 実話を基にした映画 監督: ピーター・バーグ  「バトルシップ」 「ローン・サバイバー」 「バーニング・オ
「パトリオット・デイ」 (ここなつ映画レビュー)
主演マーク・ウォルバーグ×監督ピーター・バーグ。私にとっては是非モノの作品である。2013年に起こったボストンマラソン爆破事件の真実を描く作品。そう、期待通り大変面白かった......
パトリオット・デイ (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ思ってた以上に見入ってしまった。
パトリオット・デイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『パトリオット・デイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、パトリオット・デイ(4月15日)の前日......
パトリオット・デイ (ごみつ通信)
Patriots Day 2016年/アメリカ (監)ピーター・バーグ (演)マーク・ウォールバーグ ジョン・グッドマン ケヴィン・ベーコン J・K・シモンズ ミシェル・モナハン  ☆......
パトリオット・デイ / Patriots Day (勝手に映画評)
2013年ボストンマラソンで発生した爆弾テロ事件を描いた作品。わずか数日で、犯人特定・確保まで至った経過を描く。 いつも思うんですが、テロが起きてから、あっという間に犯人確......