セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ムーンライト

2017年04月04日 | 映画

マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンス。2017年アカデミー賞作品賞、ゴールデン・グローブ賞映画部門・作品賞(ドラマ部門)を受賞。

ムーンライト(Moonlight)

マイアミの貧しい黒人街、リバティシティ。内気な少年シャロンは、学校ではいじめられ、家では麻薬中毒の母親から放置され、行き場のない苦しみを抱えていましたが、幼なじみのケヴィンが彼を何かと気にかけてくれるのが唯一の救いでした。

ある時シャロンは、いじめっ子から逃れて隠れているところをフアンという男性に助けられます。フアンとその恋人テレサは、シャロンに父母のような愛情をもって接してくれますが、のちにフアンが母親に薬物を売るディーラーだと知り、シャロンは絶望に打ちのめされます。

舞台はマイアミやアトランタの貧困地区で、登場するのは麻薬や暴力と背中合わせの過酷な世界で生きている黒人たち。貧困、いじめ、ドラッグ、育児放棄、同性愛など、この映画で描かれるテーマは、正直どれもとっつきにくく、見る人を選ぶ作品だとは思いますが、私は静かに心揺さぶられ、感動を覚えました。

生きるのにせいいっぱいの厳しい世界で、何かよくないことが起こりそうな予感にどきどきしながらスクリーンを見守っていましたが、過激なシーンは意外にも少なく、ふりかえると静謐で詩情あふれるシーンばかりが思い出されます。バロック音楽を思わせるヴァイオリンの美しいメロディも印象深く、心に残りました。

この作品の魅力をひとことで説明するのは難しいですが、私はいつしか主人公の孤独な心に寄り添い、気がつくと涙がこぼれていました。そういえば隣にすわっていたドレッドヘアの黒人女性も、ずっと鼻をすすっていましたが、単に花粉症だったのかもしれません。^^;

これは小さい頃から愛を求めては裏切られてきたシャロンが、心のよりどころを見つけるまでの物語。

母親は彼を愛してはいたけれど、薬物におぼれ、まともな育児ができる状態ではなかった。父親のようにかわいがってくれたフアンは、薬物がらみのトラブルで、彼の前から姿を消してしまった。そして唯一の友人ケヴィンとは、ある事件がきっかけで、決定的に仲を引き裂かれてしまった。

傷ついた心を頑強な鎧で覆い、せいいっぱいに強がって生きてきたシャロンのこれまでの人生を想像すると、それだけで泣けてきますが、最後に自分の心に素直に向き合うことができてよかった、と心から思いました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那須の赤い太陽 | トップ | 神楽坂 め乃惣 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静かに揺さぶられる (ノルウェーまだ~む)
2017-04-04 12:18:40
セレンさん☆
きっとセレンさんも感動なさると思ってました!
実際、静かに心揺さぶられましたよね☆
私は終始胸が締め付けられる思いで、スクリーンに釘付けになりました。
弱き者に寄り添える、繊細で行間の読める人にはきっと心に深く届く映画ですよね!
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-04 13:34:31
こんにちは。
私も、まだ~むさんのところにお邪魔してきたところです。^^
静かに心揺さぶられる作品でしたね。
冒頭から、心を閉ざして何も語らないシャロンに
気持ちが一気に引き寄せられたように思います。
その思いを途切れさせないほどなめらかな、3人のリレーがみごとでした。
多くを語らずとも雄弁に物語る作品でしたね。
公開が早まった! (ごみつ)
2017-04-06 00:58:38
こんばんは。

「ムーンライト」もともとは4月末から公開予定だったのが、作品賞とった事もあってか公開が早まったんですよね。

実は友人達とゴールデンウィーク明けに見に行く予定をたててたので(もう日程決まってる)何とか5月まで上映してて欲しいんですよね~。

セレンディピティさんの記事からも、かなり良さそうな作品なのが伝わってきます。
何とか見れますように~~。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-06 08:29:18
おはようございます。
そう、アカデミー賞の結果を受けて約1ヵ月公開が早まりましたね。上映館もぐっと増えて。
配給元がずいぶんがんばってくださったみたいですね。

エンターテイメント性は少ないですが、心に染み入るいい作品なので
長く上映して多くの方に見ていただけたらなーと思います。
ごみつさんが見れますよう、私も応援しています~
こんばんは〜 (margot2005)
2017-04-10 00:24:57
静かに心揺さぶられるドラマでした。
アカデミー協会が「ラ・ラ・ランド」ではなく、こちらを最優秀作品賞に選んだのもわかるような気がします。

母親を訪ねて、彼女の謝罪を受け入れるあのシーンはちょっとうるうるきました。
そして愛する人に再会したラストにはほっとしました。

☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-10 09:23:02
おはようございます♪
ラ・ラ・ランドもすてきな作品でしたが...
見るとアカデミー賞作品賞受賞も納得、の作品でしたね。
心揺さぶられるドラマでしたし
映像や音楽が洗練されていて印象的でした。

母親との再会、そしてケヴィンとの再会...
シャロンが受け入れた”赦し”の重さに心がふるえました。
こんにちは (ここなつ)
2017-04-17 18:32:58
こんにちは。
この作品には沢山心を動かされる(胸を苦しめる?)シーンが多かったと思います。
私は、この作品のラスト、海辺のうらぶれたアパートでケヴィンと向き合う場面、シャロンの純情が表わされていた所が何とも…
ああ、想いが溢れる作品でした!
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-18 08:11:46
ここなつさん、おはようございます♪
シャロンが生きる世界があまりに過酷なので、心配したり、打ちのめされたり...
心がぎゅっと締めつけられるような思いでスクリーンを見守っていました。
体を鍛えて、屈強な男に成長したシャロンの中に潜む
少年のようなピュアな心に胸がふるえました。
心に響く作品でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この......
ムーンライト (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライト@ユーロライブ
ムーンライト★★★★ (パピとママ映画のblog)
貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青......
「ムーンライト」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Moonlight」2016 USA内気な少年シャロンはシングルマザーのポーラとマイアミの貧困地域に暮している。麻薬中毒の母親はほぼ育児放棄で、学校では“リトル”と呼ばれて虐められている......
ムーンライト (風に吹かれて)
月明りでブルーに 公式サイト http://moonlight-movie.jp 原案は戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue」 マイアミの貧困地域に住む内気な少年シ
「ムーンライト」 (ここなつ映画レビュー)
地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品......
「ムーンライト」 (Zooey's Diary)
マイアミの貧困地域で暮らす少年シャロン。 母親は麻薬常習者で、時に体を売って暮らしている。 母親からも育児放棄され、誰からも愛されない子どもが、自分に自信を持てるわけ......
映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はド......
「ムーンライト」 (或る日の出来事)
いろんな人生があるものだと。