セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

2017年04月06日 | 映画

ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、大統領暗殺から国葬が執り行われるまでの4日間にフォーカスしたドラマ。「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督がプロデューサーとして参加しています。

ジャッキー(Jackie)

1963年11月22日、テキサス州ダラスでのパレード中、ジョン・F・ケネディ大統領が何者かに狙撃され、妻ジャッキーことジャクリーン(ナタリー・ポートマン)の目の前で暗殺されます。しかし悲しみに暮れる間もなく、彼女には国葬の準備、新大統領への引継ぎ、ホワイトハウスからの退去、とやるべき仕事が山積みでした。

既に過去の人として夫が葬り去られようとしていることに怒りを覚えたジャッキーは、世界が注目する中、全ての人の記憶に永遠に刻まれるべく葬儀を執り行うことが自らの使命だと確信し、全精力を傾けます。

ジャッキーは、私にとってはアイコンともいうべき憧れの存在で、美しき悲劇のヒロインとしてインプットされていたので、本作を楽しみにしていました。映画は苦悩に満ちたジャッキーがひたすら話し続ける場面が多く、正直言って忍耐を要する作品ではありましたが、彼女の知られざる一面に触れることができ、見てよかったと思いました。

在任期間わずか2年にして、今も歴代大統領の人気投票では上位に名前が挙がってくるケネディ大統領。そして知的で上品で美しく、圧倒的なファッションセンスと波乱の人生で女性たちを虜にしてきたジャッキー。でもそれらはすべて、彼女の野心とプロデュースの賜物だったのかもしれません。

私たちは彼女の術中にただはまっただけではないのか? これまでのジャクリーン像を大きくくつがえすような内容で、「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマン&ダーレン・アロノフスキーのタッグならではの、ある意味ホラーともいうべき恐ろしい?作品でした。(ほめています)

かつてバージニアに住んでいた頃、ケネディ夫妻が埋葬されているアーリントン墓地を何度か訪れたことがあります。お墓には大統領が埋葬されて以来、今もなお「永遠の炎」が燃え続けていることにわずかな違和感を感じたのですが、本作を見て、ジャッキーはこのお墓を誰もが訪れる特別な場所にしたかったのだと納得しました。

エネルギーがもったいないなどと平凡な私は思ってしまいますが、ケネディ夫妻の墓は今やワシントンD.C.周辺を代表する観光地のひとつとなっていて、墓地自体は入場無料ですが、その経済効果たるやおそらく莫大なものになっていると思います。

映画では、ホワイトハウスを彼女好みの上質で気品あふれるインテリアに改修し、1年間の予算を1ヵ月で使い切ってしまったというエピソードがありましたが、彼女が自ら案内役を務めて「The Tour of the White House」というテレビ番組を全国放映し、費用以上の効果をもたらしたといわれています。

ところで、ジャッキーのホワイトハウスツアーの映像を探していたら、ナタリー演じるジャッキーと比較しているおもしろい映像を見つけました。話し方から歩き方、まゆや口の動かし方までそっくりで、ナタリーがジャッキーを演じるためにいかに研究したかがよくわかります。

Jackie (2016) Compared with Jackie Kennedy Whitehouse tour (1962)

ジャッキーに対するイメージは本作でいくぶん違ったものになりましたが、ジャッキーもナタリーもどちらも魅力的であることには変わりがありません。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神楽坂 め乃惣 | トップ | エッグスラットで朝食を »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく見つけましたね (ノルウェーまだ~む)
2017-04-07 00:39:44
セレンさん☆
大変興味深い動画をよく見つけましたね~
確かにこうして比べてみると、ナタポーがやたら変わった喋り方をするな~と思って見てましたが、完コピしていたのですね。
アイコンとして憧れの君が、ややもしたら野心家だったのはちょっとショックだったかもですね…
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-07 08:16:42
おはようございます。
ホワイトハウスツアーの動画を見ようとして見つけました。
ナタリー、みごとに再現していますね!
お顔立ちは決して似ているわけではないですが(どちらも美しいですが)
まるでジャッキーその人に乗り移ったかのように感じられました。

ショックというよりも、たった4日間で将来も見据えてこれだけのことをした
その手腕に圧倒されました。やはりただならぬ人だったのだと思います。
ファーストレディ (ヌマンタ)
2017-04-07 18:05:06
私も観ましたが・・・たしかに忍耐が必要な映画でした。それにしてもファーストレディという法制外の存在は、実に不思議な、あるいはあやふやな、そして怖いものだと思います。
私の知る限り、ホワイトハウスにファーストレディ用に執務室をしつらえたのは、ジャクリーヌが最初だと思います。この方以降じゃないかな、大統領夫人が政治的役割以上に、マスコミにアピールするための存在となったのは。
正直、不思議な映画であったと思います。
☆ ヌマンタさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-09 00:23:52
こんばんは。
ヌマンタさんもご覧になったのですね。
ジャッキーの内面に注目した、大胆ともいえる作品でした。
最近では、ヒラリー・クリントンやミシェル・オバマ夫人など
夫の片腕として時に政治的手腕を発揮する大統領夫人もいらっしゃいますが
かつてはあくまで内助の功として大統領を支えていた夫人が多かったように思います。
もの言う大統領夫人の先駆けとなったのがジャクリーン夫人だったのですね。
映画は誇張して描いていた部分もあるかもしれませんが
あまりの名プロデューサーぶりにたじろぎました。
ある意味恐ろしい作品でした。
シャネルスーツ (ごみつ)
2017-04-10 00:22:11
こんばんは!

「ジャッキー」は、面白そうだな・・と思ったのですが、アロノフスキー&ナタリー・ポートマンコンビの「ブラック・スワン」がけっこう重たい作品だったので(面白かったのですが・・)、躊躇してしまいました。

やっぱり、スカっとストレートなドラマじゃない様な感じ?

ジャッキーはその後オナシスと再婚したりして只者じゃない女性っていうイメージでした。
そのあたりがバッチリ描かれていそうですね。

ご紹介の動画面白かったです!劇場は無理そうですが、DVDになったら是非見てみますね。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-10 08:47:47
おはようございます♪

「ブラック・スワン」と同じく、ジャッキーというヒロインの内面に
ひたすらフォーカスした作品でした。
見てよかったですが、おもしろいとはいえないかな...。

主に大統領暗殺から国葬までの4日間を描いているので
その後のオナシス氏との再婚については触れられていませんが...
個人的には、あれだけ美しく聡明が女性を周りが放っておくはずがないので
虫よけのためにも?必要な結婚だったのかな...という気がしています。^^;

DVDになったら是非ご覧になってみてください☆
こんばんは〜 (margot2005)
2017-04-16 20:46:08
ジャクリーン・ケネディってマジで波瀾万丈の人生を送った女性ですね。
JFKの死後、海運王オナシスと結婚した彼女にはびっくりでしたが、スゴく意志が強くて、派手好きで、目立ちたがり屋の女性だったと思います。
演じるナタリーはやはり上手いですね!
強そうな所はジャッキーとナタリーの共通点のような気もしましたが...。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-04-17 10:32:15
こんにちは。
ジャクリーン・ケネディ、波乱に富んだ興味深い人生ですね。
それをあえてこの4日間にフォーカスすることで、個性的な作品になっていたと思います。
確固たる信念があって、自分を曲げない強い女性だったのでしょうね。
たしかにナタリーにもそういう部分を感じます。
2人の魅力に圧倒される作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」☆ミューズか策士か? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「ジャッキー」といったらジャッキー・チェンのことしか思い浮かばない私に、「当時、ダイアナ妃ばりに世界中のミューズだったのよ。」と、ジャッキーのことなら任せて♪なママ友......
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (試写会) (風に吹かれて)
葬儀に込めた思い 公式サイト http://jackie-movie.jp3月31日公開 監督: パブロ・ラライン  「NO」 1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領は、テキサス州ダラスで
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命★★★ (パピとママ映画のblog)
「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンがジャッキーことジョン・F・ケネディ大統領夫人、ジャクリーン・ケネディを演じた伝記ドラマ。大統領暗殺から葬儀までの4日間に焦......
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 / Jackie (勝手に映画評)
志半ばにして、ダラスで凶弾に倒れたケネディ大統領の妻であるジャクリーン・ケネディの視点による、ケネディ大統領暗殺事件のその後を描いた作品。キャロライン・ケネディ第29代......
「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jackie」2016 USA/チリ/フランス1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領は訪問先のダラスで狙撃され命を落とす。しかし妻のジャッキーには悲しみに暮れている暇などなかった。......
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命  監督/パブロ・ラライン (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ピーター・サースガード  グレタ・ガーウィグ  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 1963年11月22日、テキサス州ダラス。パレードをしていたジョ......