セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

フェンス

2017年07月16日 | 映画

2010年にブロードウェイで上演された舞台劇を、デンゼル・ワシントンが映画化。デンゼルとヴィオラ・デイヴィスをはじめ、主要キャストを舞台と同じメンバーが演じています。デイヴィスがアカデミー賞助演女優賞を受賞したほか、数々の映画賞に輝きましたが、日本では劇場公開が見送られ、先月DVDがリリースされました。

フェンス (Fences)

1950年代、ペンシルヴェニア州ピッツバーグ。妻のローズ、息子のコーリーと暮らすトロイは、かつて黒人リーグで活躍した野球選手でしたが、メジャーリーグへの夢を絶たれ、今はごみ収集の仕事をして家族を養っていました。

ある日、コーリーがアメフトのスカウトの目に留まり、大学への推薦入学の話が舞い込みます。しかしトロイはコーリーに、黒人がNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)に入れるはずがない、夢を見ないで地道に働けと言い、スカウトの話を断ってしまいます...。

もとが舞台劇とあって、とにかくセリフ量が半端ない。たとえばトロイの生い立ちにしても、ふつうは映像で表されると思いますが、すべてセリフのみで語られるのです。そんなわけで序盤は集中力が必要でしたが、だんだんトロイの人となりがわかるにつれ、物語の世界に引き込まれました。

お話は、ほとんどトロイの家とその庭で展開されます。トロイはローズのために、家の周りにフェンスを建てようとしていて、コーリーにも手伝わせています。フェンスは自分のテリトリーを示すものですが、本作では家族の束縛、世代の垣根、人種の垣根を象徴する存在として描かれていると感じました。

デンゼル演じるトロイは、いわゆる昔気質の頑固爺で、時代は変わり、今や黒人もスポーツの世界で活躍しはじめているというのに、自分から垣根を作って、息子が活躍できるわけがない、傷つくだけだと決めつけ、将来の芽を摘んでしまいます。

最初は息子への愛情から心配しているのかと思っていましたが、彼の中には、自分がなしえなかった夢を息子がかなえようとしていることへの、複雑な嫉妬心もない交ぜになっているようです。ローズはトロイを説得しますが、彼は父権を振りかざし、聞く耳を持ちません。

さらにトロイは、一生懸命家庭を支えてきたローズに対しても、裏切り行為をしていたことが明らかになるのでした...。

黒人という枠を超え、今やハリウッドを代表する名優のひとりであるデンゼル・ワシントンが、被害者意識にとらわれ、自分のテリトリーを自分で狭めてしまっている、老害の黒人男性を演じている、というのがシニカルです。一方、ヴィオラ・デイヴィスの魂のこもった演技には、思わずもらい泣きをしてしまいました...。

ピューリッツァー賞受賞の原作を重んじるあまり、映画らしさが生かせてなかったのが残念ですが、普遍的なテーマと、俳優たちの重厚な演技が心に残る作品でした。

【関連記事】セールスマンの死 (2017-07-26) 本作に影響を与えたとされるアーサー・ミラーの戯曲

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スキレットを使って(3)ダ... | トップ | DAVID'S DELI »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
DVDのみ!? (ごみつ)
2017-07-19 21:41:21
こんばんは!

今年のアカデミー賞のテレビ放映の録画を友人から借りて見ていたので、この作品、実はちょっと楽しみにしてたんですよね。

まさかの劇場公開なしとは!ビックリしました。私もいずれDVDで見てみます。

感想を読ませていただくと、せっかくの映像作品なのに、舞台作品としての空間に閉じ込められたまま・・っていう事なんですね?
映像作品としての広がりがなかったって事でしょうか?

何にせよ主演は2人とも名優なので見るのが楽しみです。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-07-20 09:03:17
ごみつさん、おはようございます♪
シリアスな黒人映画って日本では集客が見込めないので
劇場公開はなかなか難しいのかもしれませんね...。

本作は、おそらく舞台作品に忠実に作られていて
エンタメ色がないので、なおのこと取っつきにくさがありましたが
私は見てよかった、と思いました。

というより、むしろDVDでじっくり見るのにふさわしい作品かも...
よかったらご覧になってみてください☆

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。