セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

GARB CENTRAL @東京ガーデンテラス紀尾井町

2017年06月22日 | グルメ

赤坂プリンスホテルの跡地に昨年オープンした複合施設、東京ガーデンテラス紀尾井町にお昼を食べに行きました。

紀尾井町通りに面した広場では、カラフルで大きなパブリックアートがお出迎え。大巻伸嗣さんの「Echoes Infinity ~Immortal Flowers~」という作品です。キラキラと華やかでインパクトがありました。蝶々や日本の花々がモチーフになっています。

お昼は、この広場に面したGARB CENTRAL(ガーブ セントラル)というカフェでいただきました。ランチセットは3種類あり、こちらはいろいろなお料理を一枚のお皿に盛り合わせたガーブランチ。チキンとグラタンとコロッケ、サラダや野菜料理など。

私はパスタランチをいただきました。この日は、イカとズッキーニ、トマトなどを使ったアーリオオーリオ。水菜がたっぷりですが、パスタの熱でしんなりしてもりもり食べられました。

人がいなくなった時にパチリ。気持ちのよいお天気だったので、テラスの席でいただきました。広場に面していて解放感があり、リゾート気分が味わえました。

食後に、敷地内をぶらりと散策してみました。オフィスビルの下層がレストラン街になっていますが、場所柄ビジネスランチや、商用を意識したお店が多かったように思います。敷地は高低差があり、弁慶濠の見えるゆるやかな散歩道をのぼると、プリンス通りに面して高台の広場があります。

プリンス通り側の広場には、赤坂プリンスホテル旧館(旧李王家邸)が移設されていました。クラシックな洋館は、結婚式場とレストランになっています。周りを取り囲むガーデンでは、バラがきれいに咲いていました。

右に見えるのは、名和晃平さんの「White Deer」という作品。鹿の剥製を3Dスキャンしたデータをもとに作られているそうですが、パールホワイトに輝く鹿には、神々しい佇まいがありました。

クラシックハウスの裏から、隣接する清水台公園へとつながるように、緑の散歩道が続いています。右側はビオトープとなっていて、小さな川が流れていました。左に見えるアートは、ジュリアン・ワイルドさんの「System No. 31」という作品。敷地内のあちこちに設置されたアートが、周囲の景観にアクセントを添えていました。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セールスマン | トップ | ニューヨークづくしの夕食 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zooey)
2017-06-23 11:38:09
このパブリックアートは目立ちますよねえ。
ここにあった赤坂グランドプリンスホテルに
私はちょっと思い入れがあったので
新しいビルにはあんまり行く気がしなくて…
弁慶橋の辺りに昔いたゴイサギも、近年はいなくなっちゃったみたい。
去年の今頃、「ルィ・ヴィトン展」に行った時、
清水谷公園、あちこち工事していました。
今はつながったのですねえ。
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-24 09:38:40
おはようございます。
バブルの象徴でもあった赤坂プリンスですが
ひとつの時代が終わった感がありますね。
弁慶橋の釣り堀だけが、昭和の面影を残していました。^^
絶対行きたい~! (ノルウェーまだ~む)
2017-06-24 10:45:41
セレンさん☆
場所柄お洒落でお高そうなのに、このボリュームでこのお値段は相当コスパが良いですね~!
前に私もヴィトン展に行った時、あれこれ迷って入ったところはイマイチだったので(笑)
次この辺りに行ったら絶対行ってみます♪
お散歩コースもいいですね~
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-25 10:01:40
まだ~むさん、こんにちは。
オフィスビルに入っているレストランということもあってか
比較的お手頃のお店が多かったように思います。
でもやはり場所柄和食のお店が多かったかな?
洋館のレストランもすてきでした。
お散歩がてら是非☆

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。