セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

アルビノーニのアダージョ @マンチェスター・バイ・ザ・シー

2017年05月17日 | 音楽

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は物語を彩る音楽もすばらしく、心に残りました。

Manchester by the Sea Soundtrack (Warner Music)

メサイアなどのバロック音楽が多かったですが、物語の舞台となる小さな海辺の町の、どことなく寂しげな詩情あふれる風景、そして贖罪や鎮魂といった物語のテーマにもふさわしいと感じました。

特にクライマックスの場面で最初から最後までたっぷりと聴かせてくれる「アルビノーニのアダージョ」は圧巻のひとこと。映画のシーンと相まって、胸がしめつけられるような衝撃と感動を味わいました。

Albinoni: Adagio in G minor

(映画のシーンは含まれていません)

オルガンと弦楽器で演奏されるこの曲。ピアノ用に編曲された楽譜が欲しくなってヤマハのサイトをのぞいたのですが、アレンジが今ひとつ気に入らなくて今回はやめにしました。やはりこれはクラシックでしょう、と全音のピアノピースも当たってみたのですが、なんとこの曲が廃版になっていたのです...残念。

***

映画やテレビでもおなじみで、誰もが一度は耳にしたことがある名曲ですが、以前NHKの「ららら♪クラシック」という番組で、おもしろいエピソードをやっていました。

偽作?傑作?誰の策? ~アルビノーニのアダージョ~ (2016/10/01放送)

アルビノーニは、バッハと同時代に活躍したバロック音楽の作曲家。この曲は、イタリアの音楽学者レーモ・ジャゾットが、第2次世界大戦で破壊されたドイツ・ドレスデンの図書館でアルビノーニの自筆譜の断片を発見し、それをもとに編曲したとされていました。

楽譜が出版されたのは1958年。当時のバロック音楽ブームと相まって話題をよび、大人気曲となりました。しかしその後の研究によって、今ではこの曲が、アルビノーニではなくジャゾット自身が作曲した作品であることが判明しています。

批判も浴びたジャゾットですが、この曲が名曲であることには変わりありません。これまでにも、オーソン・ウェルズ監督の「審判」(1962)、メル・ギブソン主演の「誓い」(1981)など、さまざまな映画音楽として使われています。

 
【関連記事】マンチェスター・バイ・ザ・シー (2017-05-16)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンチェスター・バイ・ザ・シー | トップ | レストラン香味屋 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この曲知ってます! (ごみつ)
2017-05-18 01:16:23
こんばんは!

どんな曲なのかな~?と動画を拝見させていただきましたが、凄くよく知ってます!
でも何で知ってるのかがわからないくらい、多分、色々な作品、色々なシーンで使われてますよね?

ところでこの曲は、アルビノーニではなく、発見したジャゾットの作曲だったんですね?
何でそんな事したんだろう?きっとこの曲で有名になれただろうに。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-18 08:23:55
ごみつさん、おはようございます♪
この曲、ほんとうにいろいろな作品やシーンで使われていますよね。
切なく情緒的なメロディが心を震わせます。

ジャゾットはアルビノーニ研究で知られた学者で
アルビノーニをもっと多くの人に知ってほしい、と願っていたようです。
それと、自分が作曲したというより、アルビノーニの作品だ
とした方が売れると考えていたのかもしれませんね。
実際、版権は彼が持っていたそうですから。^^
楽しみ (ノルウェーまだ~む)
2017-05-19 10:49:47
セレンさん☆
ピアノの楽譜をお探しになったという事は、セレンさんはピアノもお弾きになるのですね!?
凄い多彩ですね~
理系でありながら語学も堪能、音楽もできて美術にも興味ありますものね?尊敬しちゃいます~
映画これから見る予定ですが、音楽の使われ方楽しみにします♪
Unknown (zooey)
2017-05-19 12:43:41
この曲はあまりにも有名ですが
そんな裏話があったとは知りませんでした。
作曲家であれば自分の名前を世に残したいであろうに
ジャゾットの行為は、確かに不思議な気がしますね。
この映画も気になっているのですが
少々長いし、タイミングが合わなくて未見です~
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-19 23:41:40
まだ~むさん、こんばんは。
ピアノは上手くはないのですが、長くやっていたので
趣味で今でも弾いているんですよ。
最近は美女と野獣にはまっていましたが、今はバロック気分になっています。^^
本作、まだ~むさんもきっと気に入られるのではと思います。
音楽もすばらしく、心に残りました。お楽しみに。
☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-20 00:01:37
zooeyさん、こんばんは。
ドイツの廃墟から、アルビノーニの楽譜の断片が見つかった!という当時は
きっと大騒ぎだったでしょうね。
ジャゾットの行動は謎ですが、アルビノーニの作品とした方が
注目されると思ったのかしら...?
あるいはひょっとして、ほんのいたずら心のつもりだったのが
大騒ぎになって今さらほんとうのことが言えなくなってしまった
というのが真相かも?しれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。