セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ヒトラーの忘れもの

2017年01月27日 | 映画

終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去に駆り出されたドイツ軍少年兵たちの苦難を描いた史実に基づくドラマ、「ヒトラーの忘れもの」(Under Sandet / Land of Mine)を見ました。

第2次世界大戦中、デンマーク西海岸につらなる美しい砂浜に、米英軍からの侵攻に備え、ナチス・ドイツによって200万個もの地雷が埋められました。そして戦争が終わり、残された地雷を除去するために駆り出されたのは、終戦時にデンマークに捕虜として囚われたドイツ軍の少年兵たちでした。

彼らは終戦間際に徴兵された少年たちで、爆弾処理の訓練を受けていない、まったくの素人でしたが、デンマーク兵から即席にレクチャーを受け、即戦力として地雷原に送られたのです。

彼らを危険な任務につかせることは、本来ジュネーヴ条約違反のはずですが、戦時中、デンマークがドイツの軍事保護下にあったことから、このようなことがまかり通ったのです。その後冷戦時代に入り、この不幸な事実は、歴史の闇の中に封じ込められることとなりました...。

映画で描かれるのは14名の少年兵と、彼らを指揮するデンマークのラスムスン軍曹。デンマーク人にとって、ドイツ兵は子どもといえども昨日までの憎き敵であり、軍曹は情け容赦なく、少年たちをこき使います。戦争を起こしたのは大人たちなのに、どうして一番弱い彼らが後始末を強いられて、最も危険な任務に就かなければならないのか、その理不尽さに胸がふるえました。

まだ10代半ばのあどけない顔をした少年たちが、空腹と孤独と不衛生の中に閉じ込められ、探知棒を手にそろりそろりと広い砂浜をはいつくばって地雷を探し続ける姿に打ちのめされました。美しい砂浜は、死の地雷原。いつ爆発してもおかしくない状況の中で、見ている方も、極度の緊張感に何度も押しつぶされそうになりました。

あたりまえのことですが、戦争は勝っても負けても不幸なこと...と改めて思いました。戦争に勝った側は、このような負の遺産に何十年も苦しめられることになり、負けた側は、早く帰って祖国の再建のために働きたいと語る、少年たちの未来が失われることになるのです。

終わりのない苦しみの中で、どうなることかと思いましたが、少年たちと接していく中で、軍曹が少しずつ人間らしい気持ちを取り戻し、最後にせめてもの救いがあってほっとしました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天使にショパンの歌声を | トップ | 沈黙 サイレンス »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になる映画 (ノルウェーまだ~む)
2017-01-27 18:14:53
セレンさん☆
この映画も昨年ベストに入れているかた、何人か見かけましたよ。
私も気になっていた作品です~~
犠牲になるのはいつも弱いものですよね。
地雷撤去の緊張感で、奥歯が痛くなりそうな映画ですね…
Unknown (ごみつ)
2017-01-27 22:51:38
こんばんは。

この作品、アカデミー外国語映画賞にノミネートされたんですね。
記事を読ませていただくと、地雷撤去の話だけでも緊張感が凄いのに、それが子供がやらされていたなんて、本当に衝撃です。

私は、ちょっときつくて見られないかも・・。

それにしてもこんな事実が封印されていて、それが映画によって多くの人に知られ、戦争の悲劇を思い起こさせる機会になるのは、とても大事な事だと思います。
Unknown (イザワ)
2017-01-28 00:43:01
大変ご無沙汰してしまいました。

昨年の夏頃から、動画を含めた大きな案件(個人にとってはですが)の
ご依頼を頂き、終わるかなと思った頃には次の大き目の案件が・・・
という感じで年明けはじめまで、続きました。
お陰様でそのような状況もほぼ、終息してきました。
それはそれで、困りものなのですが(笑)

そのような状況のなかで、コメントを頂きありがとうございました。
そのような訳で暫くは、毎日更新は厳しいながら更新回数はかなり
増やしていけそうです。

映画も暫く見ることができない状況でしたが、
2月は映画も観に行けたらと思っています。
旅行も計画したいと^^v

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-28 08:04:20
おはようございます。
そう、この映画は昨年末に公開されたのですよね。
強烈な作品ですが、見てよかったと思いました。

爆弾処理...ということで「ハートロッカー」を思い出しましたが
(あれも緊張感が半端ない作品でした)
こちらはまだあどけない少年たちとあって、なおのこと
祈るような気持ちで見ていました。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-28 08:12:05
おはようございます。
このようなことがあったなんて、まったく知らなかったので
大きな衝撃を受けました。
長らく歴史の中に封印されていて、最近明らかになった事実だそうです。
主人公の軍曹の息子さんが書いた手記がもとになっているようですが
自国の汚点をこのようなすばらしい作品に仕上げた
監督の勇気に感銘を受けました。

強烈な作品ですが、見てよかったです。
☆ イザワさま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-28 08:15:14
ご無沙汰しています。
メッセージありがとうございます。

お忙しそうですが、お体に気をつけて
ますますのご活躍をお祈りしています☆
Unknown (zooey)
2017-01-28 21:53:04
これ、とても気になっていたのですが
上映劇場が少なくて…
しかも観るのに勇気をかき集めなくては。
息子の母という立場からだと
一層辛いですよね。
う~ん…
Unknown (margot2005)
2017-01-28 22:50:01
こんばんは。
本作は見ていて実にキツい映画でした。
世界大戦が終わって70年以上たち、知られていなかった史実がまた一つ語られたと言うことですね。
ドラマなんだけど、とてもリアルに映って、時折あどけない表情を見せる少年たちを見ているのが辛かったです。



☆ zooeyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-29 10:30:55
おっしゃること、わかります。
私も見ようかどうしようか、ずっと迷っていたのですが...
そろそろLASTなので、勇気をふりしぼって見てきました。

衝撃的な作品ですが、それでも見てよかったと思います。
息子をもつ母として、心に訴えるものがありました。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-29 10:40:00
こんにちは。
衝撃的な作品でしたね。
未来ある少年たちが、ただただ悲しく、痛ましかったです。
あの美しい砂浜に、こんな恐ろしい歴史が封印されていたとは...
戦争は決して繰り返してはいけない悲劇だと改めて思いました。
今後ともお世話になります! (ここなつ)
2017-01-30 12:52:54
こんにちは。
お引越しされたのですね!また素敵なブログを更新されること、心より願っております。
作品の方ですが、本当に力作でした。
おっしゃる通り、観ているこちら側が、極度の緊張感に何度も押しつぶされそうになりました。
そして、戦争の恐ろしさは、後処理にも容赦なく訪れるのですね…勝った負けたで終わるのではないのだな、と。
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-01-31 09:16:59
おはようございます。
温かいメッセージ、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします☆

さて本作品、美しい砂浜に封印された恐ろしい事実に
衝撃を受けました。
爆弾処理の場面は心がひりひりとして
祈るような気持ちで見入っていました。
すべての地雷を取り除くのにどれほどの犠牲を払い、どれほどの時間がかかったのか
戦争はたとえ勝ったとしても、得るもの以上に失うものが大きいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ヒトラーの忘れもの」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Under sandet」…aka「Land of Mine」2015 デンマーク/ドイツ1945年5月、ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマークの美しい浜辺。ある日、ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の......
「地雷と少年兵」第28回東京国際映画祭 (日本公開タイトル「ヒトラーの忘れもの」) (ここなつ映画レビュー)
コンペティション作品。軍曹役のローラン・モラーと少年兵役ルイス・ホフマンとが最優秀主演男優賞を受賞。最優秀主演男優賞…。そうきたか!という感じだ。私はこの作品はグラン......
ヒトラーの忘れもの UNDER SANDET (まてぃの徒然映画+雑記)
1945年、ナチスドイツが降伏した後のデンマーク。デンマークを占領していたナチスドイツは連合国軍の上陸を阻止するため海岸に無数の地雷を敷設していた。その地雷の除去に駆り出......
ヒトラーの忘れもの / Under sandet (勝手に映画評)
史実に基づく作品。 第2次世界大戦終戦直後のデンマークで、地雷除去に従事させられた敗残ドイツ軍の少年兵たちを描いた作品。実際には2000人ほどのドイツ兵により150万もの地雷が......
ヒトラーの忘れもの ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマ......
ヒトラーの忘れもの  (にきログ)
映画感想です 今回はわりと重めなミニシアター系列ですね ちなみに今回も映画の前知識はほぼゼロで見ました タイトルがヒトラーの忘れものだったのでまさか隠し子!?コメディ系......