ヒナとジュウベエの世間話。

猫のヒナとジュウベエが語る、いろいろな猫達の物語。

おくり猫、ヒナちゃん。

2016-09-19 14:20:20 | 日常

 ヒナとジュウベエの世間話。
 おくり猫、ヒナちゃん。

  本日9月19日(月)から秋のお彼岸に入ります。お彼岸は亡くなった仏様の供養をします。
 私は亡くなった猫達の事も想い出します。

 
  その中で忘れられずに想い出すのが、去年の5月に亡くなったヒナちゃんのことです。
 ヒナは他の猫達に優しい、愛きょうのある猫でした。この猫のヒナは他の猫達が亡くなった時に、
 かならず亡くなった猫達の傍に居て最後のお別れを見守っていました。
 本日は過去に亡くなった猫達の供養のため、その写真を紹介します。
 この亡くなった猫達はすべて動物病院での治療または入院をしたりしていたが、残念な事に
 治療の甲斐も無く天国へ旅立って行ったのです。          

 
  仲の良かったジュウベエが亡くなった時に直ぐにジュウベエの傍に来て、ヒナはお別れの為
 しばらく見守ってジュウベエを天国へ送りました。

 
  ニッシン君と呼ばれていた猫が亡くなった時の見守るヒナです。

 
  そしてヒナはお別れするまでニッシン君の事を横で見守っていました。
 亡くなってすぐの為、まだお花などを入れて綺麗に飾る前の写真です。

 
  こちらの写真はミルキーと言う名前の猫も、病院に通院していましたが亡くなりました。
 その傍でもヒナは確実に見守っていました。

 
  こちらは入院していた病院内で亡くなった、キジコと言う名前の猫を見守っているヒナです。

 
  そして亡くなった猫達は最後に、この様に供養をして天国へ旅立ちます。
 この猫はマイケルと言う名前の猫でした。ヒナも付き添っています。

 
  ここでもヒナちゃんは最後のお別れをして、亡くなった猫達の事を思い出して
 冥福を祈り天国へ行くのを見守っていたのでしょうか。おくり猫ヒナちゃんです。

 
  そして以前ブログで紹介しましたが、残念な事にヒナちゃんも天国へ旅立ちました。
 現在もこのヒナちゃんの想い出は忘れられる事はありません。

 
  みなさんに亡くなった猫達の写真をお見せしましたが、猫の中にもヒナちゃんの様に
 最後まで一緒に居た猫達が天国へ行くのを、見守ってた猫が居た事を紹介しました。
 この猫達は劣悪な環境の場所から保護をして、動物病院にて治療をした猫達でした。 
      改めて猫達のご冥福を祈り、天国で安らかに過ごしますように。

 
  そしてこの時季には彼岸花(曼珠沙華)が、外猫達が居る場所に咲きだしました。
        本日はおくり猫、ヒナちゃんを紹介しまた。

 

 

 

 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウサギ饅頭。 | トップ | 人形焼と猫焼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。